2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

顕微鏡

2012年8月27日 (月)

ショウジョウソウの花粉と運び屋

ばあばの家の軒先に咲いていたショウジョウソウです。
覗いてみると、アリが体中花粉だらけにして花の上を歩き回っていました。
Img_7907_

よく見ると壺のようなものの中に頭を入れています。これは蜜腺といい甘い甘い蜜がたっぷり入っているようです。
Img_7907__2

一匹のヤマトシジミが停まりました。
Img_7997_

同じように蜜腺に口吻を入れて蜜を吸っています。
Img_7997__2


ところで蝶の顔を正面から見たことがありますか。
Img_7984_

アップにすると
Img_7984__2

トントンは妙に可愛いと言って喜んでいます。


そして、ショウジョウソウの花粉です。
Img_5743

2012年8月15日 (水)

ハイビスカスの花粉

久しぶりのブログの更新です。と言っても野鳥ではありません。
鳥見はコノハズク以来ご無沙汰です。このところ仕事が忙しく、おそらく年内は満足に鳥見できそうにありません。

そんな訳で、今日はマンションに咲いていた一輪のハイビスカスをネタに
息子がサンタさんから貰った顕微鏡を引っ張り出して花粉を見てみました。

要領はデジスコと同じ、接眼レンズにカメラを付けて撮ってみました。
対物レンズ:5倍
接眼レンズ:15倍
カメラ:S90 18.2mm

まずは透過光で
Img_8779_

照明が暗いのか、花粉が大きいのかシルエットだけでよくわかりません。
次に反射光で撮ってみました。

Img_8784_
おお!、黄金に輝く花粉が姿を現しました。
全体にオナモミのような突起物、これで蝶や野鳥それに昆虫などにくっついて遠くに運んでもらうんですね。


普段なにげなく見ているハイビスカスですが、このような構造をしているのですね。
5枚の花弁、5本の雌蕊、その根元に黄色い花粉を蓄えた雄蕊
Img_7831_

Img_7811_

Img_7825__

これからしばらくは鳥見にい行けない分、身近なところに目を向けて遊んでみようと思います。