2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

旧広島市民球場

2011年8月 6日 (土)

旧広島市民球場(2011/08/06)

今年の8月6日は会社が休みなので久しぶりに平和公園に行ってきました。
例年雲一つない炎天下での式典ですが、今年は曇り空でちょっと過ごしやすかったです。


ここから見る市民球場は昔と変わりません。
(中心の小さな原爆ドームの右に照明塔が写っています。)

Img_0124_
芝生に建てられたテントからは線香の煙ならぬ、霧状の水、ミストが出ていて少し涼しくなっています。

原爆ドーム前の信号から
Img_0138_


でも、正面に行くと
Img_0145_
建物部分はすっかり取り払われて、ちょっと背を伸ばせばスコアボードが丸見えです。

定点ポイントから見ると
Img_0148_
綺麗だった外野の芝からは雑草が生い茂っています。
その中でライトスタンド前の一角だけ綺麗に芝が残っています。
どうやらここはスタンドとともにモニュメントとして残す一角のようです。

一塁側の建物が取り壊されているため、帰りのバスからも球場の中がよく見えます。
Img_0155_
この風景、昔草野球をした空地そのものです。 昔はこんな空地があちこちにあって学校から帰るとすぐに遊びに行ったものです。


カープ今日も負けてしまいました。 5連勝して借金も1まで減ったのですが....
それにしても10連敗して5割近くにいるとは、こちらも驚きでした。

2011年1月19日 (水)

旧市民球場歴史化(3)

縮景園からの帰り、最後に旧広島市民球場に寄ってみました。
今はホーム側を解体しているのだと思いますが、外からの様子は以前と同じで中を窺うことはできませんでした。
そこで、いつもの通り球場内の様子です。
Img_0844_110116

外野は指定席の椅子だけが取り外されているように見えます。
内野は3塁側のスタンドが取り外されているのが分かります。
取り外した座席はバックスクリーン前に並べられています。

これらの座席は第2回インターネット公有財産売却(旧広島市民球場物品売却)
でオークションにかけられるのでしょう。
我が家はマンション暮らしのため欲しくても置き場所がありませんが、興味のある方は参加されてみてはいかがでしょう。
申込期間が2月2日まで。入札期間は2月16日~2月23日。1月22日には下見会があるそうです。 詳細は下記ホームページを見てください。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1287651193731/index.html

2011年1月 3日 (月)

Carpの貯まる貯金箱が一杯になりました(11/01/03)

2004年4月30日 Mazda Zoom-Zoomスタジアムのグッツ売り場で買った、「絶対貯まる貯金箱」が一杯になりました。 丁度20ヶ月で達成です。
Img_2243 お金の投入口から中を覗いたところ
年末からほとんど一杯になりました。
それでも正月に開封すべく、入れにくいのを無理やり入れていました。
そのため両端がちょっと変形してしまいました。
Img_2245 重さを量ると3.9Kg
貯めたのは100円硬貨だけ。
1枚の重さが4.8gなので
約800枚、8万円あることになります。
Img_2250 この貯金箱、絶対貯まるというのは、「取り出し口が無い」と言う事。
開ける為には缶切りで開けるしかない。
でも、普段使わないのでどこにあるか分からない。あちこちの引き出しを探し、やっと1本発見。
マエケンに笑われてしまいました。
Img_2257 底を開けたところ
Img_2261 積み上げたところ
Img_2273 もう一度缶に入れてみると
あふれて、なかなか収まらない。
年末、無理をして入れて投入口が変形したのも納得。
Img_2277 1山10枚で並べてみると
10列×8段+5枚で
計8万500円







ネットで調べてもこのタイプの貯金箱はもう売っていないようです。
2009年、2010年、カープの貯金が全く貯まらないのはその為?
2011年カープの勝利の方程式、それは、まず貯金箱の販売を再開し、選手監督達が毎試合ごとに貯金していく事だと思います???

2010年12月13日 (月)

旧市民球場_歴史化への道(2)

先週の新聞記事に旧広島市民球場の周りに一部防音パネルが張られている写真が掲載されていました。 いよいよ始まったなと思い、今日雨の中行ってきました。
Img_0396 確かにホーム側、正面玄関の部分はすっかりパネルに覆われていました。
これから今年度中に正面部分の解体を終えるそうです。

正面から1塁側に行く通路(1塁側から写しています)
Img_0376トントンはこの写真を見て
「こんなに明るくない。薄暗くて昼でも通る気がしなかったのに。」と言っていますが、
Pモードで撮った写真は綺麗に露出補正されていました。
見ていると、体育館から来る人はあるのですが、ほとんどが駐輪場の管理事務所からクレドの方に行っていました。 この部分の両端に駐輪場の人が常駐しているので大丈夫だともいますが、夜など防犯上注意して欲しい所です。

1塁側投球練習場前
Img_0378_2 パネルはここまでです。
月曜日という事もあり、中では作業の音がしていましたが、コンクリートを壊すような派手な音はありませんでした。
















写真のパネルの端の部分にある立ち入り禁止の赤いコーンのところにはこんな紙がぶら下がっていました。
Img_0383先の新聞記事によると、まず空調設備や配線の取り外しを行うとの事で、この事なのでしょう。

2010年12月 5日 (日)

旧市民球場_歴史化への道(1)

先週、テレビで「旧広島市民球場の解体工事が始まる。」とのニュースが流れていました。
いよいよだな。と言う感じです。
そこで、マツダドーム建設の様子をブログで紹介した事もあり、旧市民球場の様子を時々ブログに取り上げていこうと思います。
まずは、今日の様子
Img_1775__2









Mg_9661_2
右の小さな写真は2008年9月28日旧広島市民球場最終戦の時の写真です。
正面上段の「広島市民球場」の看板も取り外され、入場口はフェンスで囲まれてしまいました。
観戦のため大勢の人が渡った横断歩道も今は人影もなく、これからはひっそりと歴史の一こまとして存在していくのでしょう。
球場内の様子です。
Img_1797_2  外観はまだあまり変わっていませんが、グランドの芝生が無くなっています。
これは、秋から一般に販売され、すぐに売り切れたそうです。我が家も庭があったらおそらく買っていただろうに。 それとは別に市内の学校にそれぞれ配られ第二の人生を送るようです。

ところで、解体工事ですが中国新聞のネットニュースによると「来年度中に解体を終える予定。」との事。
建設は5ヶ月の突貫工事で作ったと言われていますが、解体には来年度中?2012年3月? 1年以上かかるのでしょうか。