2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

野鳥

2017年7月 2日 (日)

カイツブリの巣立ち

1年半ぶり更新です。

先週土曜日東京に行った時のある池での様子です。

カイツブリはよく見かけるのですが、また雛をつれたカルガモはよく見かけるのですが
雛を連れたカイツブリは初めてでした。
Img_2976__


カイツブリは水草で水面に”浮巣”をつくるというのは知っていましたが、実物を見るのは初めてでした。
もう巣立っていますが、まだせっせと巣の補修をしていました。

https://youtu.be/vzVBlm1gw0o

雛はまだ親から餌をもらっています。
大きな餌を採ってきて雛に与えようとするのですが、口に入りません。
水球のようにあちこち投げまわっていましたが、最後は...

https://youtu.be/ypT82GGExIs

これから少しずつアップしていきたいと思っています。


2015年2月 5日 (木)

カワガラス、早春賦の小川にて

二十四節気では立春を迎えましたが、川の中も春真っ盛り。
子育てに一生懸命のカワガラス。
Img_0733_


2015年1月24日 (土)

葦原のメジロ

何ということはない、ただのメジロですが、
Img_0261_
地元の詳しい人によると
「ここにはメジロは沢山いるが、葦原に来るということはあまりない。餌が少なくなっているのだろ。」
との事でした。

2015年1月18日 (日)

ヒシクイ

昨年末のことですが、山の中を移動中、田の中に1羽だけいました。
_

まさかこんなところで出会うとは!

2015年1月12日 (月)

バーダー見物のジョビ嬢

今日はお目当ての鳥にはあらわれませんでした。
しかし、大砲が円弧を描いているその眼の前に、草に隠れながらたびたび姿を現すジョビ嬢
「いったい何ごと?」
Img_0169_

2015年1月 4日 (日)

フクロウ 2015/01/04

今年最初のバードウオッチングに行ってきました。
新年早々フクロウに出会いました。今年は良いことがありそうです。
Img_0055_

2015年1月 1日 (木)

H27年 あけましておめでとうございます。 ベニマシ子

あけましておめでとうございます。 ベニマシ子です。

Img_0902

ブッシュの中で撮られる事が多いのですが、今日は新年の挨拶ということでお立ち台で記念撮影。
(デジスコでノートリです。)


おっとと、僕もと登場したのはベニマシ雄
Img_0181_2


気が付けば昨年2月以来のアップとなります。今年はボチボチ再開しようと思っています。
今年もよろしくお願いします。

2014年2月24日 (月)

春到来

 昨日陽気に誘われて久しぶりに鳥見に行ってきました。3月が来ようかというのにブログにアップするのも今年最初となります。
フィールドはしっかり春となっていました。あちこちで色々なさえずりが聞こえ、そして新しい出会いが始まります。
このヤマセミ達もも出会いを求めてやって来たようです。
Img_4142_
しかしこの2羽はうまくいかなかったようです。しばらくは一緒に行動していましたが、やがて♂は下流に、♀は上流に行ってしまいました。

下流に行った♂です。
Img_2961_
400mmノートリの写真です。民家の近くにいるとはいえこれまで出会ったヤマセミと比べるとまるで警戒心がありません。(さすがにこれ以上近づくと逃げられましたが。)

この子の住んでいる環境です。バックはコンクリートの護岸。
Img_2862_

止まっている木には流れてきたゴミもからみついています。
Img_2928_

一方上流に行った♀はこんなところにいました。
Img_4187_
やはりヤマセミにはこんな環境がよく合います。
どうもこの2羽はイソップ物語の都会の♂と田舎の♀と言う関係でしょうか。
♀にしてみればコンクリートジャングルで生活ゴミ一杯の街では子育てできないと思ったのではないでしょうか。
それぞれ新しい相手を見つけて無事子育てをしてほしいと思います。

近くではなごりを惜しむジョウビタキ君
Img_2886_

ネコヤナギでじゃれるエナガ
Img_2756_

日向ぼっこをするホシゴイ
Img_4136_

春ですね。


2013年12月16日 (月)

里山の常連たち

 溺れかけたデジスコをしばらく陰干しし、ちょっと近くの山に行ってきました。
今回相手をしてくれたのはいつもここで出会う常連のこの子達
Img_3792_

Img_3812_

モデルが良かったのかそれなりに写りそうです。 納得のいくカメラが出るまでもうしばらくこれで我慢。

というか、デジスコをもう少し大事に保管、手入れしないといけないですね。


2013年12月15日 (日)

3.5Kmの雪道を歩いて撮りに行ったイスカ

 2週間前イスカ情報をもらい、「凍結してるかもしれない。」とのアドバイスも聞かずノーマルタイヤで出かけていきました。案の定途中でアイスバーン。目的地まであと3.5Km。初見ということもあり車を降りてデジスコを抱えて歩いていくことにしました。

 やっとの思いで現着。お目当てのイスカも登場。「ヤッター。」とデジスコで撮ろうとすると
なにこれ!!
これがその時の写真。
Img_3550__2
デジスコを担いで雪道を歩く時、太陽と光軸が合いカメラのセンサーを焼いてしまったか。
以前車にセットしたまま移動中地平線近くの太陽でセンサーを焼いたことが脳裏に浮かびました。
それでも400mmだけで証拠写真だけは確保

 帰宅後、この際デジスコも一緒に買い替えよう。ということになりTSN884+RX100Ⅱということで検討していました。

その時「スコープは完全防水になっているはずだけど、アイピースを付けた状態ではどうなんだろう?」
アイピースを外してみたところ、レンズ上に丸く水滴の粒。

実は前の週の探鳥会が雨。防水だからと雨の中で使用した為湿気が入り、水滴になっていたようです。

結局カメラは無実で、アイピースを外し、よく乾燥させたらとりあえず元に戻ったようです。

なお、884ですが、RX100ⅡはRX100より数段画質が落ちる。RX100Ⅱはレリーズが使える。ということで今回は見送り。RX100Ⅱの後継機が出たら再度検討することにしました。


より以前の記事一覧