2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

趣味

2014年2月24日 (月)

春到来

 昨日陽気に誘われて久しぶりに鳥見に行ってきました。3月が来ようかというのにブログにアップするのも今年最初となります。
フィールドはしっかり春となっていました。あちこちで色々なさえずりが聞こえ、そして新しい出会いが始まります。
このヤマセミ達もも出会いを求めてやって来たようです。
Img_4142_
しかしこの2羽はうまくいかなかったようです。しばらくは一緒に行動していましたが、やがて♂は下流に、♀は上流に行ってしまいました。

下流に行った♂です。
Img_2961_
400mmノートリの写真です。民家の近くにいるとはいえこれまで出会ったヤマセミと比べるとまるで警戒心がありません。(さすがにこれ以上近づくと逃げられましたが。)

この子の住んでいる環境です。バックはコンクリートの護岸。
Img_2862_

止まっている木には流れてきたゴミもからみついています。
Img_2928_

一方上流に行った♀はこんなところにいました。
Img_4187_
やはりヤマセミにはこんな環境がよく合います。
どうもこの2羽はイソップ物語の都会の♂と田舎の♀と言う関係でしょうか。
♀にしてみればコンクリートジャングルで生活ゴミ一杯の街では子育てできないと思ったのではないでしょうか。
それぞれ新しい相手を見つけて無事子育てをしてほしいと思います。

近くではなごりを惜しむジョウビタキ君
Img_2886_

ネコヤナギでじゃれるエナガ
Img_2756_

日向ぼっこをするホシゴイ
Img_4136_

春ですね。


2012年8月15日 (水)

ハイビスカスの花粉

久しぶりのブログの更新です。と言っても野鳥ではありません。
鳥見はコノハズク以来ご無沙汰です。このところ仕事が忙しく、おそらく年内は満足に鳥見できそうにありません。

そんな訳で、今日はマンションに咲いていた一輪のハイビスカスをネタに
息子がサンタさんから貰った顕微鏡を引っ張り出して花粉を見てみました。

要領はデジスコと同じ、接眼レンズにカメラを付けて撮ってみました。
対物レンズ:5倍
接眼レンズ:15倍
カメラ:S90 18.2mm

まずは透過光で
Img_8779_

照明が暗いのか、花粉が大きいのかシルエットだけでよくわかりません。
次に反射光で撮ってみました。

Img_8784_
おお!、黄金に輝く花粉が姿を現しました。
全体にオナモミのような突起物、これで蝶や野鳥それに昆虫などにくっついて遠くに運んでもらうんですね。


普段なにげなく見ているハイビスカスですが、このような構造をしているのですね。
5枚の花弁、5本の雌蕊、その根元に黄色い花粉を蓄えた雄蕊
Img_7831_

Img_7811_

Img_7825__

これからしばらくは鳥見にい行けない分、身近なところに目を向けて遊んでみようと思います。