2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2015年1月 4日 (日)

フクロウ 2015/01/04

今年最初のバードウオッチングに行ってきました。
新年早々フクロウに出会いました。今年は良いことがありそうです。
Img_0055_

2013年12月 2日 (月)

リフォーム(3)メリークリスマス!

 12月ですね。 巷はクリスマスムード一色。 流行りものの大好きな我が家もクリスマスの飾りつけをしました。
クリスマスツリーなどを飾っても喜ぶ者もいない今、仰々しいデコレーションはしたくないけれど、少しはその雰囲気は味わいたい。 そこで、壁を使って小さなクリスマスを演出しました。xmas

Img_0090__2

 新しいクロスに画鋲? いえいえ、そんなことはしません。 下の写真を見て下さい。 ピンがないでしょう?

Img_0086__2

 実は磁石でくっついています。 「マグの相方」と言う強い見方を今回のリフォームで知りました。flair

 この「マグの相方」、磁石がくっつくシートなのですが、これを壁とクロスの間に入れてもらいました。 壁という壁に。 磁石でくっ付くものは何でもOKなので、いろいろ遊べそうです。 今は野鳥の写真ですが。
 本当はクロスステッチで作ったオーナメントを飾りたかったのですが、今年は無理なようです。 来年こそは?

Img_0093_
 
 玄関です。 季節の飾りつけを楽しもうと思っています。 shine

 

2013年11月25日 (月)

リフォーム(2)カルチャーショック

しばらくぶりにリフォームネタです。
今回のリフォームで色々な場面でカルチャーショックを受けました。
そのいくつかを紹介します。

1.洗面器
 あるショールームに行ってバスルームの説明を受ける時に説明の女性が
「洗面器を使われますか。」との質問
「はあ。」
彼女曰く「最近はシャワーがメインで洗面器を使われない方が多いですよ。
使われるのであれば、洗面器を置く棚が必要ですね。」とのこと。
風呂に入って洗面器を使わないなど考えてもいませんでした。
ちなみに他のショールームではさすがにそんな質問はありませんでしたが、反対に説明員に聞いてみると、
「そうですね、タオルを濯ぐ時ぐらいですかね。」という方が大半でした。

2.ソファー
 我が家は以前からソファーは使っていませんでした。今回、あちこちの家具屋を回って気になったことがあります。日本のリビングというのは、ソファー + テーブル + テレビという組み合わせがほとんど100%のようです。
これって、家族が皆同じ方向を向いてテレビからの情報を一方的に見ているだけです。
いままであまり気になりませんでしたが、どこの家具屋に行っても同じパターンで気持ち悪くなりました。
これでは家族の会話など求める方が無理ですね。 最近はさらに1人に1台のテレビ。絶望的です。

3.食卓テーブル
 最近、「子供の勉強は親と一緒に台所でした方が良い。」という事が流行っているようです。
そのためか、リビングの隣のダイニングに小さな机を置き、「子供の勉強はここで。」みたいに家具を展示している店が多々ありました。
本、参考書も置けないような机に子供を縛り付け、大人は何をしているのでしょう。
まさか、隣のソファーに寝そべってテレビを観て馬鹿笑いしている、という事はないですよね。

4.冷蔵庫
 冷蔵庫も長い間使っているし音が大きくなったようなので電気店に行ってみました。
最近の冷蔵庫は特定のメーカーを覗いて野菜庫が一番下、冷凍庫が真ん中で一番使い易い位置にあります。
店員にその点を聞いたところ
「いまどき野菜室を使うのは自分で野菜を作る人だけですよ。みんな冷凍食品が安い時にたくさん買って食べてますよ。だから一番よく使う冷凍庫が一番取り易い所にあるんですよ。」
「じぇじぇ!」
トントン曰く、「最近の人は料理しないの。」
今回は買い替えを見送りましたが、特定のメーカーの気が変わらないように願うばかりです。

5.水平
 Img_0074_
いよいよ契約の時、事前説明の時。
「マンションの床をフローリングにした場合、水平にはなりません。」ときっぱり。
またもや「はあ?」
説明では、「コンクリートの床に木を張るだけなので水平かどうかはコンクリート次第です。
そのコンクリートを完全に水平に塗るのは不可能です。」とのことでした。
早々と責任逃れの先手?とも思いましたが、仕方ありませんね、契約書に捺印しました。
結果は上の写真の通りパチンコ玉は転がりませんでした。
業者の杞憂だったようです?

6.畳
 これは友人の話ですが、リフォームして新しい畳を入れたそうです。
天然素材にこだわりすべて昔風の藁+イ草の畳表を使ったそうですが、娘さんから大クレームがついたそうです。
「臭い」
友人も「じぇじぇじぇ」だったそうです。
娘さんは和室を閉め切って臭いが出ないようにし、友人はそれを開ける。というのを繰り返したそうです。
最近時間と共に臭いが減ってきて、「娘さんは喜び友人はがっかり。」だそうです。
これでは「女房と畳は新しい方が良い。」ということわざも分からないでしょうね。
その娘さん、秋刀魚を焼く臭いは平気なのでしょうか。

以上思いつくまま書いてみました。
リフォームの話はもう少しつづきますが今回はここまで。


2013年11月 5日 (火)

リフォーム(1)

 最終検査の捺印はまだ終わっていませんが、リフォームを振り返ってみました。
テレビのビフォア・アフターで解体してみると「これはひどい!」ということが良くありますが我が家でも同じような事がありました。

 我が家の場合は解体の直前から始まりました。
工事日が決まり近所に挨拶に行き、最後に管理人さんに挨拶に行った時
「おたくのエアコンの室外機は何処に置かれていますか?」という質問から始まりました。
詳しく聞いてみると、下の階に水漏れがあり、量的に多くなく、かつ長期間の水漏れの為上の階(我が家)に
原因があるのかマンションそのものに原因があるのか決め手がなく、管理組合としても確定できず困っている
との事でした。 管理人さんとしては思わず先の言葉が出たようです。

 エアコンの周りを見てみると、、、、
室内機からのドレンのホースが配管の穴を塞ぐパテのところで切れていて、端が少し上を向いていた!
完全に上を向いていたら室内機から水漏れするが、ちぎれて少し上を向いていたため、パテの隙間からコンクリート壁の中に入って、下の階まで少しずつ漏れていたようです。
畳をはぐった時の写真です。
Img_7307_
以前からこの部屋はジメジメしているな。とは思っていました。また、冬になるとトントンはこの部屋に来ると咳き込むこともありました。
エアコンを着けたのは約20年前。いつからこのような状態になったのやら。
下の階の人、管理組合にずいぶんご迷惑をかけていたようです。 ごめんなさい!

 実は、管理人さんの一言、ベストタイミングでした。
解体前だったため、現状を保険屋さんに確認してもらうことができて、結果、保障の対象になり、我が家および階下の修理代金を保険で賄うことができました。

 この状況は管理組合にも確認してもらい、大規模修繕工事のコンサルタントから
「ドレンの問題もあるが、そもそも配管の取り出し穴が下にあるのがおかしい。上から出すべきだ。」との提案が管理組合にありました。
今はエアコンをつける時期ではないので来年取り付ける予定ですが、その時までには管理組合の結論が出ているでしょう。(下の穴は今はあけていません。)

2013年7月29日 (月)

ただ今、断捨離中!

 昨日、久しぶりにブログを見ると、トップにCMが!
 そう言えば、水廻りのリフォームの検討を機に断捨離を始め、鳥見もチクチクも思うように出来ません。sad

 断捨離って時間がかかりますね。 自分の物はこの際だからとバンバン処分していますが、思うように捗らないのが子供の物。 
「おぉっ! こんな物があった。」
「あっ、これ、懐かしい!」と感慨に浸っているとあっと言う間に時間が経ってしまいます。 
 そして、気が付くと、片づけているはずが散らかっている始末。 時間だけが過ぎて行きます。sandclock

 結局、子供の物は写真で保存することにしました。 以下がその一部です。 
Photo_12
始めて履いた靴 (親指に穴が開いています)

Photo_13
 未だに片目のダルマ
 このダルマの両目が開かない訳は七夕の短冊に書いてありました。 無理、無理、絶対無理! 見果てぬ夢です。

Photo_16
 生活科の授業で作った新聞
 家族の恥をしっかりとさらしています。
 ボウフラってペット?wobbly

 最初は全部処分する予定でしたが、たんたんと相談して何点か残そうかということになりました。
 でも、これが又難問、なかなか選べません。 
 工事開始に間に合うか自信がありません。 こうしている間にも時間が刻々と・・・。 sweat01

2013年5月13日 (月)

ひろしま菓子博2013へ行きました。

 昨日、ひろしま菓子博2013が閉会しました。 期間中の来場者は約80万人に達したそうです。
 お祭りと言えば何でもこいの夫婦、GW期間中では比較的空いていた5月2日に行ってきました。

 目的は工芸菓子、シンボル展示の実物の15分の1のスケールの厳島神社をはじめとして全国各地で制作された見事な品々。 どれも思わずため息が出るほど華麗、豪華絢爛でした。 ただ、工芸菓子は意匠とみなされるせいか写真撮影は禁止でした。 残念!

 ところで、最初は工芸菓子の鑑賞をしていたはずでしたが、途中で何故か鳥見に変更していました。
和菓子は主に花鳥風月をテーマにするせいか、鷲や鷹、鳳凰などの鳥が題材に多く取り上げられているためですが。

 以下の写真は「全国お菓子めぐり館」など、写真撮影が出来る場所での鳥見写真です。
0001
 雀と稲穂

0002
 折鶴

0003


0005
 コウノトリ

0006
 メジロ

0007
 メジロ

0009
 チョコレートで出来た鳳凰

 0010
 ひよこ 念のため、このひよこは福岡のひよこです。 ひよこ饅頭と言えば福岡でしょう。 私達にとっては博多土産 決して東京土産ではありません。 小さい頃からの認識です。 雑煮の餅は丸餅であるが如く、ひよこ饅頭は福岡に限ります。 

0011
 マジパン細工のイースターエッグ、ひよこ
 
0013
 アヒル

 思わぬ所で鳥見が出来、大満足の1日でした。


2012年8月27日 (月)

ショウジョウソウの花粉と運び屋

ばあばの家の軒先に咲いていたショウジョウソウです。
覗いてみると、アリが体中花粉だらけにして花の上を歩き回っていました。
Img_7907_

よく見ると壺のようなものの中に頭を入れています。これは蜜腺といい甘い甘い蜜がたっぷり入っているようです。
Img_7907__2

一匹のヤマトシジミが停まりました。
Img_7997_

同じように蜜腺に口吻を入れて蜜を吸っています。
Img_7997__2


ところで蝶の顔を正面から見たことがありますか。
Img_7984_

アップにすると
Img_7984__2

トントンは妙に可愛いと言って喜んでいます。


そして、ショウジョウソウの花粉です。
Img_5743

2012年8月26日 (日)

姪の水彩画

Photo_2


 アマガエルの仲間?の水彩画です。 
 現在、高1の姪が中学生時代に描いた作品で、美術部員として文化祭に出展したものだそうです。 今回、先生から返却され、やっと自分の所へ戻ってきたそうです。notes

 今日、ばあばの家で見せてもらいました。 何でも
「おじちゃんに見せてあげて。」と持ってきたそうです。 Mちゃん、おばちゃんには?catface 

 実はこのカエル、姪のお気に入りのようです。 
 文化祭でこのカエルを見た見知らぬおじいさんが、
「この絵が欲しい。 売って下さい。」と言ったとか。 
「どうして売らなきゃいけないの? すぐ断った。」と姪は話していたそうですが、満更でもなかったそうです。happy01

 今までさくひんを見せたことがない姪がわざわざ持ってきたということからも、この絵がお気に入りなんでしょう。

 東京へいる息子にも見せたいと思い、UPしました。
 息子よ、 見たら是非とも一言感想を!

 ところで、掲載許可を取っていないのですが、怒られませんよね?punch
 
 

2012年6月18日 (月)

孵化しても池に落ちたくないモリアオガエルのオタマジャクシ

とにかく、うじゃうじゃ沢山いるんです。
これまでモリアオガエルのオタマジャクシが池に落ちるシーンというのは真っ白な泡の塊の一滴の中にオタマジャクシが一匹いてスローモーション的にゆっくり、”ポチャン”と静寂をやぶって落ちるというイメージだったのですが、現実は泡の中にうじゃうじゃオタマジャクシがいるんです。
Img_6693_

もっと近づくと
Img_6690_

こんなにいるんです。 ひとつの泡の塊の中にたくさんの卵を産み、それが一度に孵化するわけですから考えてみたら当たり前ですよね。 

それでも落ちる瞬間を待ってました。
Img_6722_

ところが、これがなかなか落ちない。
すべてのオタマジャクシが上を向いているのが分かりますか。 オタマジャクシ、実は落ちたくないようなのです。
落ちそうになると泳いで上に上がるんです。 本能でしょうか、未知の世界に行くのは抵抗があるようです。
まるで巣立ち雛がなかなか巣から飛び出さないのと同じようです。


今回、三脚が無く、うまくビデオが取れなかったのですが、泳いでいる雰囲気だけ少しご覧ください。


2012年4月16日 (月)

水平環 2012/04/16

今日の中国新聞朝刊に竹原市に現れた水平環の記事があったので急遽予定を変更しクロスステッチとダブル掲載です。
Kc3y0057
野鳥を探しながらふと山を見上げると山際から虹のようなものが伸びていました。
彩雲かなと思って携帯で1枚撮っておきました。

ところが新聞によるとこれは彩雲ではなく水平に出る虹、水平環との事
時間はデータによると11時43分。 竹原の時間が11時半ごろとなっているので移動してきたのでしょうか。

ところでネットによると虹の種類は9種類あるとのですが、トントンはこれまで二重の虹(副虹)、おわん型の逆さの虹(環天頂)、滝にできる虹、月にかかる虹(ムーンボウ)、今回の水平環それと普通の虹の計6種類見たことになります。残りは円形虹(これは飛行機からまれに見ることができるとか)、赤虹(赤い虹、これはカープファンならぜひ見たいですね)、幻日(これは極寒の地でよく見られるそうでトントンを連れて行こうとすると羅臼の流氷と野鳥観察のクルーズとセットでないとの無理そう)、霧虹の4種類となります。
あれ?10種類。9種類には環天頂は含まれていないようです。

水平環については新聞を参照してください。
416


より以前の記事一覧