2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

リフォーム(2)カルチャーショック

しばらくぶりにリフォームネタです。
今回のリフォームで色々な場面でカルチャーショックを受けました。
そのいくつかを紹介します。

1.洗面器
 あるショールームに行ってバスルームの説明を受ける時に説明の女性が
「洗面器を使われますか。」との質問
「はあ。」
彼女曰く「最近はシャワーがメインで洗面器を使われない方が多いですよ。
使われるのであれば、洗面器を置く棚が必要ですね。」とのこと。
風呂に入って洗面器を使わないなど考えてもいませんでした。
ちなみに他のショールームではさすがにそんな質問はありませんでしたが、反対に説明員に聞いてみると、
「そうですね、タオルを濯ぐ時ぐらいですかね。」という方が大半でした。

2.ソファー
 我が家は以前からソファーは使っていませんでした。今回、あちこちの家具屋を回って気になったことがあります。日本のリビングというのは、ソファー + テーブル + テレビという組み合わせがほとんど100%のようです。
これって、家族が皆同じ方向を向いてテレビからの情報を一方的に見ているだけです。
いままであまり気になりませんでしたが、どこの家具屋に行っても同じパターンで気持ち悪くなりました。
これでは家族の会話など求める方が無理ですね。 最近はさらに1人に1台のテレビ。絶望的です。

3.食卓テーブル
 最近、「子供の勉強は親と一緒に台所でした方が良い。」という事が流行っているようです。
そのためか、リビングの隣のダイニングに小さな机を置き、「子供の勉強はここで。」みたいに家具を展示している店が多々ありました。
本、参考書も置けないような机に子供を縛り付け、大人は何をしているのでしょう。
まさか、隣のソファーに寝そべってテレビを観て馬鹿笑いしている、という事はないですよね。

4.冷蔵庫
 冷蔵庫も長い間使っているし音が大きくなったようなので電気店に行ってみました。
最近の冷蔵庫は特定のメーカーを覗いて野菜庫が一番下、冷凍庫が真ん中で一番使い易い位置にあります。
店員にその点を聞いたところ
「いまどき野菜室を使うのは自分で野菜を作る人だけですよ。みんな冷凍食品が安い時にたくさん買って食べてますよ。だから一番よく使う冷凍庫が一番取り易い所にあるんですよ。」
「じぇじぇ!」
トントン曰く、「最近の人は料理しないの。」
今回は買い替えを見送りましたが、特定のメーカーの気が変わらないように願うばかりです。

5.水平
 Img_0074_
いよいよ契約の時、事前説明の時。
「マンションの床をフローリングにした場合、水平にはなりません。」ときっぱり。
またもや「はあ?」
説明では、「コンクリートの床に木を張るだけなので水平かどうかはコンクリート次第です。
そのコンクリートを完全に水平に塗るのは不可能です。」とのことでした。
早々と責任逃れの先手?とも思いましたが、仕方ありませんね、契約書に捺印しました。
結果は上の写真の通りパチンコ玉は転がりませんでした。
業者の杞憂だったようです?

6.畳
 これは友人の話ですが、リフォームして新しい畳を入れたそうです。
天然素材にこだわりすべて昔風の藁+イ草の畳表を使ったそうですが、娘さんから大クレームがついたそうです。
「臭い」
友人も「じぇじぇじぇ」だったそうです。
娘さんは和室を閉め切って臭いが出ないようにし、友人はそれを開ける。というのを繰り返したそうです。
最近時間と共に臭いが減ってきて、「娘さんは喜び友人はがっかり。」だそうです。
これでは「女房と畳は新しい方が良い。」ということわざも分からないでしょうね。
その娘さん、秋刀魚を焼く臭いは平気なのでしょうか。

以上思いつくまま書いてみました。
リフォームの話はもう少しつづきますが今回はここまで。


2013年11月18日 (月)

ミサゴ(2013.11.18)

カンムリカイツブリが水面で獲物を追っている時、空の上からも獲物の魚を狙っているものがありました。
3羽のミサゴが上空を舞っていました。その内の1羽がダイブを繰り返すのですがうまくいきません。
ダイブのうち半分くらいは水面の直前で急上昇。ダイブしても空振り。結局鳥見をしていた2時間くらいの間に魚が捕れたのが確認できたのは1回だけでした。
その間、残りの2羽は上空で舞っているだけ。よく見るとダイブしているミサゴより一回り大きいようでした。
もしかしたら親鳥から特訓を受けていたのではとトントンと話しながら見ていました。
そんな訳であまりに必死になりすぎたのか私たちの目の前でもダイブを繰り返していました。
あまりに近すぎて連射で撮り続けることはできませんでしたがそのうちの何枚かをアップします。
いづれも400mmでノートリです。
Img_1182_
これもフェイントです。水面すれすれで飛び上がりました。

Img_1130_
Img_1185_

結局直前ではタッチアンドゴーを繰り返すばかりでダイビングはありませんでした。


2013年11月16日 (土)

カンムリカイツブリ(2013.11.16)

買い物の途中、もうカモたちは来ているかな。と川を覗いてみるとカワウが潜ったり浮いたりしていました。
うむ、首が白い! 双眼鏡で見るとカンムリカイツブリでした。 ここでは初めてだし、かなり近いところまで来ている。ということで急遽カメラを取りに帰りました。
再度来てみると、前より近い所に来ていました。
Img_0168_

正面顔
Img_0182_

これらの写真は400mmでノートリの距離です。車中からとはいえこんなに近くから見るのは初めてでした。
多くのカモたちはもう完全に冬羽になっているものが多いのですが、首のあたりを見るとまだ夏羽の名残が残っています。
2羽いましたが1羽はよく魚を捕っていましたが、もう一羽はなかなか捕れないようでした。もしかしたら親子?
Img_0260_

いつもよく通る道で変わり映えしないところですが、常にチェックが必要ですね。
でも、おかげで買い物がすっかり遅れて、スケジュールが大狂い。


2013年11月 5日 (火)

リフォーム(1)

 最終検査の捺印はまだ終わっていませんが、リフォームを振り返ってみました。
テレビのビフォア・アフターで解体してみると「これはひどい!」ということが良くありますが我が家でも同じような事がありました。

 我が家の場合は解体の直前から始まりました。
工事日が決まり近所に挨拶に行き、最後に管理人さんに挨拶に行った時
「おたくのエアコンの室外機は何処に置かれていますか?」という質問から始まりました。
詳しく聞いてみると、下の階に水漏れがあり、量的に多くなく、かつ長期間の水漏れの為上の階(我が家)に
原因があるのかマンションそのものに原因があるのか決め手がなく、管理組合としても確定できず困っている
との事でした。 管理人さんとしては思わず先の言葉が出たようです。

 エアコンの周りを見てみると、、、、
室内機からのドレンのホースが配管の穴を塞ぐパテのところで切れていて、端が少し上を向いていた!
完全に上を向いていたら室内機から水漏れするが、ちぎれて少し上を向いていたため、パテの隙間からコンクリート壁の中に入って、下の階まで少しずつ漏れていたようです。
畳をはぐった時の写真です。
Img_7307_
以前からこの部屋はジメジメしているな。とは思っていました。また、冬になるとトントンはこの部屋に来ると咳き込むこともありました。
エアコンを着けたのは約20年前。いつからこのような状態になったのやら。
下の階の人、管理組合にずいぶんご迷惑をかけていたようです。 ごめんなさい!

 実は、管理人さんの一言、ベストタイミングでした。
解体前だったため、現状を保険屋さんに確認してもらうことができて、結果、保障の対象になり、我が家および階下の修理代金を保険で賄うことができました。

 この状況は管理組合にも確認してもらい、大規模修繕工事のコンサルタントから
「ドレンの問題もあるが、そもそも配管の取り出し穴が下にあるのがおかしい。上から出すべきだ。」との提案が管理組合にありました。
今はエアコンをつける時期ではないので来年取り付ける予定ですが、その時までには管理組合の結論が出ているでしょう。(下の穴は今はあけていません。)

2013年11月 4日 (月)

バードウオッチング再開 2013/11/4

 リフォームの後片付けもやっと終盤となり久々の鳥見に行ってきました。
相手をしてくれたのは、もういないと思っていたノビタキたち。 あちらでもこちらでも飛び回っていました。

Img_3407_
真っ赤なステージ上のノビタキ

Img_0040_
ミソッチ風のノビタキ

Img_0126_
路上の虫を見つけ喜んで飛び立つノビタキ

その他早くもアトリ、ミヤマホオジロなどの冬鳥も早くも姿を見せていました。
証拠写真ですが
Img_3369__2

Img_3377__2

« 2013年7月 | トップページ | 2013年12月 »