2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

ウソの食害 13/03/31

 30日、31日は広島市街地はお花見日和でした。 
2月にウソが来た公園の近く、幹線道路に近い施設では桜が満開となっていました。
Img_5982_

しかし
この子たち
Img_1839_
を写した桜の木では
Img_5967_
手が届く低い所は花が咲いているものの、花芽を啄んでいた上の方はほとんど咲いていません。

同じ公園の別の場所でも
Img_5946_
全くと言っていいほど咲いていません。そのためか花見客は全く来ていませんでした。

ところが、同じ公園でも咲いている木もあるんです。
(後ろに写っている木には花はありません。)
Img_5957_

よく見ると、同じような高さの枝でも全く花芽のない木、花芽がたくさんある木がありました。
Img_5955_

Img_5960_

木によって甘い果実がなる木、すっぱい果実がなる木というのがありますが、桜の花芽にも「美味しい花芽」、「美味しくない花芽」があるのでしょうか。
来年もやってくるようであれば、今年花のつかなかった木でウソを待つことにします。

それにしても、ウソが犯人と判り、こんな状態が毎年続くようであれば、「駆除」という言葉も出てきそうです。


2013年3月30日 (土)

珍客 イソヒヨドリ 13/03/30

 自宅の庭に色々な野鳥が来る様子を羨ましく思っていましたが、今日珍客が来てくれました。
買い物から帰って玄関に入ろうとしたところ
トントン 「あれ、何? ヒヨドリじゃないないよね。」
タンタン 「イソヒヨドリじゃない。」
急遽家からカメラを持ち出したところ 「あそこ!あそこ!」
見ると階下に。
Img_5444_

あちこち飛び回ってベストショットがこれ
Img_5446_

トントンによると、「そういえば最近綺麗イソヒヨのな囀りが聞こえていた。」との事
イソヒヨドリは内陸のコンクリートの建物でも繁殖するそうですが、是非我がマンションの住人になって欲しいものです。


2013年3月12日 (火)

バードウォッチング気分のクロスステッチフレームの会より「メジロ」

Photo


  バードウォッチング気分のクロスステッチフレームの会より「メジロ」
  キット: フェリシモ
 
 前回に続いて、このシリーズをチクチクしています。  

 メジロです。 キットと同じように紅梅のメジロを狙って観梅に出かけましたが、今年は開花が例年より2~3週間の遅れで梅は2分咲きでした。 白梅はそれなりに咲いていましたが、紅梅はほとんどが蕾という状態で、残念ながらキットのように紅梅メジロは撮れませんでした。

 ところで、私たちが出かけた1週間前にそこでは梅見茶会が催されたようです。 梅が開花していない梅見茶会もおもしろい趣向と思うべきなのでしょうか? せめて数輪でも咲いていて欲しい気がする私は風流を解さない野暮なおばちゃん?

Img_3486_


Img_3856_

 

2013年3月10日 (日)

名残の冬鳥と春告げ鳥 13/03/10

この冬は例年になく冬鳥が多かったのですが、あまり鳥見に行けなかった事もありこの時期になって初めてベニマシコに出会いました。
Img_4813_
撮っていると地元のバーダーがみえて「何かいますか。」と聞かれ「ベニマシコがいます。」と言うと
「ほー、まだいましたか。今年は多かったですね。」との事。 早く来ればよかった。
帰り際にも、今度は逆光の中で♂がいました。
Img_4840_
逆光の中であずりながら撮っていると、近くで「ホーホケキョ」。今季初めて聞きました。
振り向くと
Img_4880_
まさにウグイスでした。

行く冬、来る春を実感した一日でした。

2013年3月 3日 (日)

ラブラブカンムリカイツブリ?2013/03/03

立春も終わりもうすぐ啓蟄。そろそろ野鳥の世界もラブラブの季節。
会社のスズメも2羽が並んで電線に止まり一羽がチョコチョコと横に移動するともう一羽もチョコチョコと付かず離れずで良い雰囲気です。
一方、海の上でもラブラブ遭遇しました。沖にいたカンムリカイツブリの群れの中の2羽が離れて岸の方に来ると、潜ってはアオサを銜えてきて求愛行動を始めました。
Img_4153_

もう一枚。こちらを向いている方はカンムリを逆立て、もう一羽がアオサを銜えています。
Img_4209_


動画も撮ってみました。すぐ潜ってしまうので20秒程の動画です。

しかし、ここで繁殖? 青森県や琵琶湖では繁殖するとありますが、ここでは聞いたことがありません。
カイツブリですから浮巣でしょうけども、海の上でプカプカ? これからは海に浮かぶゴミも注意して見てみないといけないようです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »