2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« カルガモのお母さん! そんな無茶なこと! | トップページ | Willowware Classic (2) »

2012年6月18日 (月)

孵化しても池に落ちたくないモリアオガエルのオタマジャクシ

とにかく、うじゃうじゃ沢山いるんです。
これまでモリアオガエルのオタマジャクシが池に落ちるシーンというのは真っ白な泡の塊の一滴の中にオタマジャクシが一匹いてスローモーション的にゆっくり、”ポチャン”と静寂をやぶって落ちるというイメージだったのですが、現実は泡の中にうじゃうじゃオタマジャクシがいるんです。
Img_6693_

もっと近づくと
Img_6690_

こんなにいるんです。 ひとつの泡の塊の中にたくさんの卵を産み、それが一度に孵化するわけですから考えてみたら当たり前ですよね。 

それでも落ちる瞬間を待ってました。
Img_6722_

ところが、これがなかなか落ちない。
すべてのオタマジャクシが上を向いているのが分かりますか。 オタマジャクシ、実は落ちたくないようなのです。
落ちそうになると泳いで上に上がるんです。 本能でしょうか、未知の世界に行くのは抵抗があるようです。
まるで巣立ち雛がなかなか巣から飛び出さないのと同じようです。


今回、三脚が無く、うまくビデオが取れなかったのですが、泳いでいる雰囲気だけ少しご覧ください。


« カルガモのお母さん! そんな無茶なこと! | トップページ | Willowware Classic (2) »

動物」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カルガモのお母さん! そんな無茶なこと! | トップページ | Willowware Classic (2) »