2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 救急車にまつわる話(6) 救急車と消防車、どこか火事? | トップページ | ヤマヒバリ(10/12/18) »

2010年12月13日 (月)

旧市民球場_歴史化への道(2)

先週の新聞記事に旧広島市民球場の周りに一部防音パネルが張られている写真が掲載されていました。 いよいよ始まったなと思い、今日雨の中行ってきました。
Img_0396 確かにホーム側、正面玄関の部分はすっかりパネルに覆われていました。
これから今年度中に正面部分の解体を終えるそうです。

正面から1塁側に行く通路(1塁側から写しています)
Img_0376トントンはこの写真を見て
「こんなに明るくない。薄暗くて昼でも通る気がしなかったのに。」と言っていますが、
Pモードで撮った写真は綺麗に露出補正されていました。
見ていると、体育館から来る人はあるのですが、ほとんどが駐輪場の管理事務所からクレドの方に行っていました。 この部分の両端に駐輪場の人が常駐しているので大丈夫だともいますが、夜など防犯上注意して欲しい所です。

1塁側投球練習場前
Img_0378_2 パネルはここまでです。
月曜日という事もあり、中では作業の音がしていましたが、コンクリートを壊すような派手な音はありませんでした。
















写真のパネルの端の部分にある立ち入り禁止の赤いコーンのところにはこんな紙がぶら下がっていました。
Img_0383先の新聞記事によると、まず空調設備や配線の取り外しを行うとの事で、この事なのでしょう。

« 救急車にまつわる話(6) 救急車と消防車、どこか火事? | トップページ | ヤマヒバリ(10/12/18) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

新広島市民球場」カテゴリの記事

旧広島市民球場」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 救急車にまつわる話(6) 救急車と消防車、どこか火事? | トップページ | ヤマヒバリ(10/12/18) »