2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 旧市民球場_歴史化への道(2) | トップページ | ホシゴイ(10/12/26) »

2010年12月18日 (土)

ヤマヒバリ(10/12/18)

「これから一生見ることができないかもしれない。」と言われたヤマヒバリです。

Img_3883_ 土日などは1000円高速を利用して隣県はもとより九州などからもバーダーが押しかけ、少し離れた車道には車がズラ~と並び、大砲、スコープ、双眼鏡が一点を狙っていました。
珍しい野鳥だけあって日本のウイキペディアは見つかりませんでした。でも、こんなのがありました。
 http://en.wikipedia.org/wiki/Siberian_Accentor

これによると「越冬のため東南アジアに来る。」とだけあります。

もう一枚
Img_4080_ 左のヤマヒバリ、もう少し右だったら、構図的にもう少しましになるのですが、ちょっと安定感がなくなってしまいました。

でも、目の周りの黒い線、まるで怪傑ゾロのようで可愛い野鳥でした。(古い!)

                  Kingdom: Animalia
Phylum: Chordata
Class: Aves
Order: Passeriformes
Family: Prunellidae
Genus: Prunella
Species: P. montanella

一生のうち二度と見ることができないと言われた野鳥、これで2種目です。

TSN664 + IXY2000

« 旧市民球場_歴史化への道(2) | トップページ | ホシゴイ(10/12/26) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
おおっ!ヤマヒバリですね。
私も、今年はじめて思いがけず出会えることができましたが、見たときはヤマヒバリだと気づかないまま帰って調べて初めて知って、そうならもっと写真撮っておけばよかったと悔やんだところでした。( ̄○ ̄;)!
今年はヤマヒバリの当たり年なんでしょうか・・?
ツーショットもいいですね!

こんばんは
せおとさんのヤマヒバリ拝見しました。 すごく綺麗に撮られていますね。 こんな野鳥が何気なくいるフィールドは羨ましいです。
撮る時、分からない鳥、よくあります。 その場はとりあえず撮って、帰ってネットで調べています。
 珍鳥情報をもらって撮った時の感激もひとしおですが、この鳥は何だろう?と思って調べるときの”わくわく感”もまた楽しいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧市民球場_歴史化への道(2) | トップページ | ホシゴイ(10/12/26) »