2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« スズメ(10/10/08) | トップページ | マヒワ(10/10/11) »

2010年10月10日 (日)

カケス(10/10/10)

今年は、ハチクマをはじめ鷹の渡りはかなり少なくなっているようですが、反対にカケスの渡りをよく目にします。 さすがにデジスコでは飛び物は難しいので、枯れ木で休憩している2羽のカケスを撮りました。
Img_2210 カケスは年中目にしていているので「渡り」などまったく頭にありませんでした。
9月中ごろ、鷹の渡りを観察する時、「今年はやけにカケスが目立つ。」という話をしたところ、「それはカケスの渡りだ。」と教えてもらいはじめて知りました。

 その後、ネット等で調べると、Wikipediaに
「年により移動する個体数には変動があり、これは餌とする木の実の量に依存するものと考えられる(量が少ないときには、餌を求めて移動する)。」 とありました。

 確かに今年は木の実の量が著しく少なく、例年、野鳥が良く食べている木の実もほとんど実をつけていません。 正に、飢饉状態?です。

 カケスだけでなく、ヒタキ類などの渡り鳥も一刻も早く南の国に行こうと必死なのかもしれません。

 渡りの鳥はまだ餌の豊富な地域に行けば良いかもしれませんが、木の実を主食としている留め鳥達はこの冬無事に越してくれるか心配です。

TSN664 + IXY2000

« スズメ(10/10/08) | トップページ | マヒワ(10/10/11) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スズメ(10/10/08) | トップページ | マヒワ(10/10/11) »