2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 救急車にまつわる話(4) どうして近くの大学病院や県病院に搬送してくれないの | トップページ | オシドリ(10/10/02) »

2010年9月28日 (火)

キツツキの巣

こんなものを見つけてしまいました。
Img_0229__2 何かのゲラ類の巣です。
穴の中、ちょっとおかしいと思いませんか。

実は反対側の景色が見えているのです。
















Img_0223_
こちらは、裏側から撮った写真です。
せっかく掘った巣穴、朽ちて割れてしまっているのです。

でも、丁度ゲラの巣の標本の様です。

こうしてみると、結構深く掘っています。

出入り口の穴の直径は約8cmくらい。竪穴の深さは約30cm以上あったでしょうか。(残念ながら正確には測っていません。)
出入り口は、頻繁に出入りしたためか、結構つるつるしていました。

いくら朽木だと言ってもこれだけ掘るのは大変です。

ゲラさんの努力に脱帽!















« 救急車にまつわる話(4) どうして近くの大学病院や県病院に搬送してくれないの | トップページ | オシドリ(10/10/02) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

縦穴が結構深いんですね。堀った木屑を外に運び出すのが時間がかかりそう。
そして毎年新築するのかな?中古物件で済ますこともあるのかな?
人間社会も家を1軒持つのは大変ですが、鳥さんも大変そうですね。

kozahiroさん、こんばんは。
私たちも巣の中が結構深いのにびっくりしました。
中古市場があるのかネットで調べましたがはっきりした事は分かりませんでした。 でも、今まで聴いた話では子育ての巣穴は毎年掘るが、ねぐらだけに使う穴は中古物件もありのようです。
今日は南東の方角の家に行こう。なんてこともあるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 救急車にまつわる話(4) どうして近くの大学病院や県病院に搬送してくれないの | トップページ | オシドリ(10/10/02) »