2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ヒバリ(10/05/02) | トップページ | オオヨシキリ »

2010年5月 4日 (火)

チュウシャクシギ

先日の探鳥会で、
「今日はチュウシャクシギとセイタカシギだけは見て帰って下さい。」
と言われました。 チュウシャクシギは遠くだったのですが、確認は出来ました。
帰って近くの川に行ってみると、なんと9羽のチュウシャクシギが水浴びをしていました。
先日はカモメ類の群れが同じように水浴びをしていました。
秋にも、昨日までいなかったオナガガモの群れが水浴びをしていました。
どうも、渡ってきた時は長旅の汚れを落としているのでしょうか。
その時の様子です。
Img_1682 羽根を拡げて




Img_1675 叩きつけるようにバシャバシャ



Img_1676 頭を水につけてバシャバシャ
Img_1690 途中、孔雀のように尾羽を広げ

途中犬のように体や頭を震わしながら、何度もこの動作を繰り返し水浴びをしていました。
Img_1701
終わった後は数十センチ飛び上がって、羽根を震わせ、羽根をふわふわにして毛繕い。Img_1727

時には頭もかきます。
Img_1711
最後は背中を枕にしてお昼寝。
ではないでしょうが、体が柔らかいです。







この時近くでカラスも水浴びしていましたが(写真は撮れませんでした)チュウシャクシギとは全く違っていました。鳥によっていろいろあるようです。

こんな様子を見るに付け、これからの私たちの鳥見の目標は
ベートーベンが耳が不自由でも作曲出来たように、野鳥の名前や囀りを聞いただけでイメージ出来るようにすること。
そうすれば、視力や聴力が落ちても、100歳越えてもバードウオッチングが楽しめそうです。

TSN664 + IXY2000

« ヒバリ(10/05/02) | トップページ | オオヨシキリ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チュウシャクシギさんの水浴びは迫力ありそうですね。

ともべいさん、こんばんは。
9羽のチュウシャクシギが羽根を水面に打ち付けながらの水浴びは壮観です。
さすがのカラスも近寄れなかったようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒバリ(10/05/02) | トップページ | オオヨシキリ »