2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 野鳥(コチドリ 10/04/01) | トップページ | 野鳥(ムナグロ 10/04/04) »

2010年4月 3日 (土)

家紋(68)竹生島浪

Photo_2 「竹生島浪」

Stitch Count: 95w X 88h

Fabric: DMC 25ct エタミン

Thread: DMC 121,4010,4200

 KG チャートを使用して作成

Free Chart フリーチャート

「tikubujima.pdf」をダウンロード

 

 今回の家紋は「竹生島浪」です。 

 前回、「花兎」をUPしましたが、その記事を読んだ息子から

「昔の人が兎、浪と聞いてイメージするのは、因幡の白兎ではないよ。 能の竹生島だよ。」とクレームが。

「その中の一節に緑樹影沈んで 魚木に登る気色あり

月海上に浮かんでは 兎も浪を奔るか 面白の島の気色や とあって、そこからきてうるんだよ。 浪と兎の文様は皆が好んだせいか、焼き物にもよく用いられているらしいよ。 以前、美術館で焼き物を観た時、そう解説してあった。 常識だよ。」 

「あのね、一体いつの時代を言っているの! 江戸、明治? 戦前でも、浪、兎と聞いてすぐに竹生島を連想する人は少ないと思うよ。 空から謡が降ってくる金沢ではあるまいし。 家紋で竹生島と言ったら、そのままズバリがあるの! 浪の家紋の1つで!」

 そういう訳で、急遽、50音順が崩れ、「浪」の家紋の登場をなりました。

 ところで、竹生島は琵琶湖の北部にある島で、西国三十三霊場巡りの三十番として有名です。 ただし、バーダーが竹生島と聞いてイメージするのはカワウの糞公害に悩まされる島ですが・・・。

« 野鳥(コチドリ 10/04/01) | トップページ | 野鳥(ムナグロ 10/04/04) »

クロスステッチ(Cross Stitch)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
とても博学な息子さんですね。
うちの息子どもは、こんな賢い事絶対いわないでしょう

今回順番が崩れたみたいですけど、
この鳥居の赤。効いていますね
ほんとに毎回色んな家紋に驚きます
次回はどんな家紋が現れるか?
楽しみですねぇ~

”楽しむおかん”さん、今日は!
 いいえ、博学なのではなく、単なる伝統芸能バカ、オタクなだけです。 その分、一般常識には疑問符が・・・。

 どうも順番通りに仕上げていくのは駄目みたいです。 順番にはこだわらないで好きなものを刺そうかなと思っています。

 カルトナージュ、素敵ですね! たっぷりと目の保養をさせてもらっています。 次の作品、楽しみにしています。

 

 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野鳥(コチドリ 10/04/01) | トップページ | 野鳥(ムナグロ 10/04/04) »