2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« HAVE A MICE DAY(3) | トップページ | 野鳥(オシドリ 10/02/15) »

2010年2月14日 (日)

野鳥(ヒレンジャク)

今シーズンは赤い鳥に縁があるようです。 ヒレンジャクです。
Img_1776_
 と言っても、約200mで逆光。テレ端で撮って、尚かつトリミングしています。
どうにか”雰囲気だけは分かる”、という証拠写真ですがライファーと言う事でアップしました。
連雀という名前のとおりスズメが群で並んでいるように群で行動するそうですが、今日は3羽の群?でした。 フィールドガイドによると、年によって渡来数に差があり、全く来ない年もあるようです。 今日姿を現したという事は、今年は当たり年?
 この事から連雀の飛来は占いに使われていたそうですが、面白いのは地域によって
”吉兆、豊作の年”としている地域と”凶兆、不作の年”と受け取り方が違うようようです。
わざわざ海外からも見に来る野鳥ということで、バーダーとしては吉兆説を採りたいですね。

 先日のNHK季節の野鳥によると、アムール川付近で繁殖し、日本近辺で越冬し、欧米では見る事が出来ないため、わざわざ海外から見に来るバーダーもいるそうです。

「季節の野鳥で放送した野鳥って聞いてすぐ見る事が多いね。」
「そりゃそうよ、季節の野鳥だから。」

NHKさんの、季節の野鳥、その時々によく合っています。

もう一枚、ちょっと逆光補正しすぎました。
Img_1797_

 ところで、今回は同行の人に教えてもらいました。 200m離れてよく分かるな。双眼鏡でも全く区別がつかないのに。と思っていましたが、しばらく見ていると独特な飛び方をしているのが分かりました。
ノビタキのように、飛び立ってはまた元の位置に戻る。というパターンの連続でした。
これなら、こんどは私たちでも遠くからでも見つける事が出来るかもしれません。
次回はもう少し近くで撮りたいと思います。

: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passerine
: レンジャク科 Bombycillidae
: レンジャク属 Bombycilla
: ヒレンジャク B. japonica
                 英名:Japanese Waxwing

今年の観察種:65種
ライファー   :   1種(ヒレンジャク)

« HAVE A MICE DAY(3) | トップページ | 野鳥(オシドリ 10/02/15) »

Bird」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
連絡ありがとうございました。
ちゃんと尾羽の赤いのが見えてヒレンジャクとわかりますよ。
餌で移動するようですから長居はしてくれないかもしれませんね。

こんばんは。
トントンはスコープで飛び立つところを見て、「尾羽の赤が綺麗だった。」と感激していました。
来る年は来るようなので、今年は他の場所でも出会えるかもしれない。と期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« HAVE A MICE DAY(3) | トップページ | 野鳥(オシドリ 10/02/15) »