2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 野鳥(オジロトウネン) | トップページ | 家紋(64)足無し中陰梅鶴 »

2010年1月14日 (木)

野鳥(ゴイサギ 10/01/14)

ゴイサギです。
Img_6934_














 これまで、幼鳥のホシゴイは何度となく見て、撮っていましたが、どうしてもゴイサギが撮れませんでした。 見た事はあったのですが、夜のウオーキングの時に信号待ちをしていて、ふと川岸を見ると街路灯に照らされたゴイサギが居ました。さすがにこれでは写真は撮れませんでした。 ゴイサギは夜行性のサギと聞いていたので、半ば諦めていました。

 今回、偶然にねぐら(昼だから昼ぐら?)に集まっていました。
アンテナがいかにもゴイサギです。

ここには、ゴイサギだけでなくホシゴイもたくさんいました。
Img_6975_














上の写真でホシゴイが何処にいるか分かりますか? 中央です。 左右ゴイサギに守られています。 ホシゴイは幼鳥の時期、カモフラージュで目立たなくするための自然界の知恵だったのですね。

: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
亜科 : サギ亜科 Ardeinae
: ゴイサギ属 Nycticorax
: ゴイサギ N. nycticorax

                 英名:Black-crowned night heron

 名前の通り、天皇から五位の位を貰ったという故事があり、能にもなっています。
その「鷺」という番組を昨年暮れ、NHKでやっていましたが、凡人にはゴイサギと能の鷺、全く結びつきませんでした。

TSN664 + IXY2000 IS

« 野鳥(オジロトウネン) | トップページ | 家紋(64)足無し中陰梅鶴 »

Bird」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ゴイサギは広島野鳥図鑑では留鳥となっているので、何処かに居るのではと思っていましたが、やはり年中居るのですね。
MFでは毎年7~8月しか見れません。そのころは毎朝食事風景を見ることが出来ます。別種の鳥にしか見えないホシゴイも同時期に見れますが、黄緑色の足がちょっと気持ち悪いです。
でも、鳥見の初めごろ、自分が鳥だったらどこらに隠れているかなと考えて、「あそこの木の下だ」と思い双眼鏡で見たら、このホシゴイ君が居たのを思い出しました。

Kozahiroさん、おはようございます。
 昨年春まで、MFには2羽のホシゴイがお気に入りの木の繁みに隠れていました。
ゴイサギはいないものの、このホシゴイがゴイサギに成長する様子を撮ろうと思っていました。

 ところが、昨年の大水で環境が一変しホシゴイ達も来なくなってしまいました。
初見のゴイサギと久しぶりのホシゴイでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野鳥(オジロトウネン) | トップページ | 家紋(64)足無し中陰梅鶴 »