2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 紅葉 | トップページ | アップリケのドイリー »

2009年12月 1日 (火)

野鳥(スズメ)

何処にでもいる、と思われているスズメです。
Img_2970 
TSN664 + IXY2000IS











 空抜けですが、いつもは近づくと逃げるスズメが、なぜかこの時は下を人が通っても逃げませんでした。 こんな群です。
Img_7143
EOS デジタルX + EF-S55-250mm IS










 何処にでもいると思われてきたスズメですが、最近、数が減ったのでは?と言う声を聞きます。 以前には、庭に残ったご飯などを捲いておくとスズメが食べていたといたのに、今は捲いてもなかなか無くならないと言う話を聞いた事があります。

 ところで、18世紀も世界で一番数が多いと言われていた野鳥をご存じですか。 ある鳥類画家の日記によると、頭上を3日間途切れることなく飛び続けたと書かれているそうです。 その鳥はリョコウバト。 でも、今はもう絶滅してしまっているそうです。
最後のリョコウバトはマーサと言う名で、今はスミソニアン博物館にいるそうです。
(Wikpegdia参照)

 古来から日本では、家紋、ことわざ、童話、歌、絵画などによく登場します。 常に身近にいるスズメ。 しかし、あまりにも身近なせいか軽く扱われている野鳥。 

探鳥会では

スズメも野鳥ですからね!」の一言が必ず出る鳥。 そんな野鳥だからこそ大事にしたいと思っています。

 こんな事を思いながら撮っていると、スズメが
「なにか?」と言いたげでした。
Img_3015 TSN664 + IXY2000IS

« 紅葉 | トップページ | アップリケのドイリー »

Bird」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
我が家の庭には、毎朝10羽前後(今までで最大19羽)のスズメが来ますよ。家で飼っているボタンインコのエサを取り換える時にエサを撒いてやるためです。毎朝庭の垣根の中で待っているのでやらずにはおれません。
最近は2m位までは寄って来ます。スズメも可愛いものです。写真も沢山撮ってます。
キジバトも来てエサをねだるので、ハトにもエサもあげています。こちらは少々では逃げないので、1m位まで寄れます。もう少ししたら手から食べるかも?です。

kozahiroさん、コメント有り難うございました。
なんという羨ましい環境。
 子供の頃、庭に色々な野鳥を呼びたくて、残飯とか小鳥の餌を捲いたり、巣箱を作ったりした事があります。でも、来たのはスズメだけ。結局止めてしまいました。
今はマンション暮らしで、その当時を懐かしく思っています。
(これまで”たんたん&トントン”にしていましたが、長いのでこれからはT&Tとすることにします。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉 | トップページ | アップリケのドイリー »