2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アップリケキルトの額絵 | トップページ | JEUX D’HALLOWEEN(4) »

2009年11月20日 (金)

野鳥(ムナグロ・ダイゼン)

 先週の探鳥会で撮ったムナグロとダイゼンです。
Img_2706



















 参加されたベテランバーダーが「ムナグロとダイゼン」と言われていました。
でも、こうして2羽並んで写っている写真を見、図鑑と照らし合わせてもよく分かりません。
これを1羽だけ写っている写真。ましてや、フィールドで判断する事は我々には不可能です。

 それを、ベテランバーダーは100m以上離れてスコープで判断されるのは凄いと思います。尚かつ、超ベテランの人は両手にカウンターを2つずつ、プラス頭の中に2つのカウンターを持って数種類の野鳥を同時にカウントされています。まさに神業。

 でも、ベテランに近づくためにはまず、地道に数多くの野鳥を見、写真にとって慣れていくしかないですね。

もう一枚、こちらの角度だと少しは違いがあります。
Img_2690



















片方が飛び立ちました。
Img_2719

















 さて、今までどちらがダイゼンか、ムナグロか書いていませんが、どちらか分かりますか。

TSN664 + IXY2000IS

« アップリケキルトの額絵 | トップページ | JEUX D’HALLOWEEN(4) »

Bird」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
初めに飛び立った方がダイゼン、残った方がムナグロではないでしょうか。

こんにちはー
2枚目の写真、奥がダイゼン、手前がムナグロかなと思いますが?
私の覚え方は簡単です。羽の金色っぽいのがムナグロ、銀色っぽいのがダイゼン、これでどうでしょう・・・

KOZAHIROさん、KIKOさん、こんばんは。
ご明察です。さすが、ご両人。
と言っても、ベテランバーダーさんがそう言われてました。我が家では、記事で書いたとおり図鑑と首ったけでやっと確認できました。
KIKOさんの覚え方、分かりやすいですね。これから参考にさせて貰います。
毎週日曜のNHK季節の野鳥によると、場合によっては4000Kmを一気に飛び、北極でシロクマさんに出会った後、日本によって、次に南極でペンギンさんに会う。 というところが印象に残っていて是非合ってみたい野鳥でした。
欲を言えば、名前のとおり夏バージョンの胸が黒い姿を見てみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アップリケキルトの額絵 | トップページ | JEUX D’HALLOWEEN(4) »