2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 野鳥(可哀想な、今週のカワセミ 09/11/14) | トップページ | 野鳥(オオタカ) »

2009年11月17日 (火)

野鳥(ナベヅル)

 今では日本では越冬地が2ヶ所しかないというナベヅルです。
(遠くて証拠写真です)
Img_2149
TSN664 + IXY2000IS















 

 何事があったのか、皆おなじ所を見ています。 左の2羽が親、右の首が茶色いのが子で4羽で一家族です。
2年くらい前までは”黒太郎”と名前の付けられたお父さんの居た家族も来ていたそうですが、最近はこの家族だけだそうです。 ナベヅルは家族単位で縄張りを持ち、今写っている場所はかって黒太郎の縄張りだったそうです。 こちらの方が餌が豊富らしく、黒太郎が来なくなるとすかさずこの場所を独占してしまいました。

 バーダーにとっては、実は複数の家族が居た方が都合が良いようです。 と言うのも、縄張り争いでいざこざが絶えず、比較的動きがあるからだそうです。 今年はライバルが居ないので、まったりくつろいで居ました。

 ところが、そうはいかないようなのです。 近々、もう一ヶ所の越冬地からリハビリに来ているナベヅルを放鳥するのだそうです。 そうすると、しばらくは縄張り争いで騒々しくなりそうです。(バーダーにはチャンス)
現に、近くの飼育小屋から鳴き声がすると敏感に反応していました。

Img_2208
TSN664 + IXY2000IS















 水を飲んでいるところです。 たいてい一羽があたりの様子をうかがっていました。
これまで、子供の頃から植え付けられているイメージが全くの間違いである事を教えてもらいました。それは、イソップ物語の”つるときつね”の物語です。

 あらすじはキツネの家に遊びに行ったツル意地悪して平たい皿で食事を出したキツネに対し、ツルの家に遊びに来たキツネに対し、壺の中に入れた食事を出してキツネに仕返しをするというものです。
ここで、ツルはクチバシを壺の中に入れて中のスープを飲むと言う設定ですが、実際のツルはそんな事は出来ないそうです。 水をすくって飲むのだそうです。
もしかしたらキツネさんはツルさんの為を思って皿で出したのかもしれません。

 この日は、地元のバーダー?さんとこんな話をしながら、ねぐらに帰る時を待ちました。
ねぐらに帰る前には、前傾姿勢をとり、お父さんが合図をするように小さな声で”クー”と鳴いて一斉に飛び立ち、一直線でねぐらに帰るそうです。 夕日をバックに!と思い飛び立ちを待ちました。
でも、この日はまもなく放鳥されるナベヅルの鳴き声が気になってか、なかなか飛び立ちません。 やっと、飛び立ったかと思うと、意に反して旋回して元の場所に帰ってしまいました。これはその時の旋回した場面です。
Img_7081
EOS デジタルX + EF-S 55-250mm by トントン












 目の前を通り過ぎたため、地元のバーダーの大砲では撮れなかったようです。
右のツル、片足が下がっています。 今の家族の父親の特徴で、以前から足を痛めているそうです。

この後、辺りが暗くなってもねぐらに帰る気配がないため、バーダーは三々五々解散しました。 と、その時、薄暗い中から”クー”という鳴き声。
え!と思ったら四羽のツルが頭上を通り過ぎていきました。

夕日をバックにした写真を撮るために粘ったのですが、残念でした。

« 野鳥(可哀想な、今週のカワセミ 09/11/14) | トップページ | 野鳥(オオタカ) »

Bird」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
もう行かれたんですね。まったりくつろいだ家族の4羽が仲良く水を飲む写真、本当にファミリーは良いな、平和は良いなと思いながら、ほのぼのとした感じで見せてもらいました。
私は、もう少し様子を見て会いに行くつもりです。
追伸:昨日大野・・・の森におしどり目当てに行きましたが全然会えませんでした。

kozahiroさん、こんばんは。
ほんと、アットホームな雰囲気でした。 この子達がお嫁さん、あるいはお婿さんを連れて来て少しでも数が増えてくれればと思います。

これ、実はヤツガシラの帰りなのです。 K浜を早めに切り上げて見に行きました。

オシドリ、近くの川でも”見た”と言う情報はあるのですがなかなか出会えません。
この冬また会いたい野鳥の一種です。

おはようございます。
ヤツガシラの日は沢山の鳥たちに会われたようで、超ハッピーな鳥撮り日となったようですね。
それから、オシドリさんの情報が有りましたら教えてください。

今日は、これから近所の川でカワセミ狙い、それから三篠川でヤマセミ狙いに行きます。ではでは。

おはようございます。
 あの日は大漁でした。キジ、ヤツガシラ、カンムリカイツブリ、タゲリ、ナベヅル、オオタカの6種がライファーに加わりました。 こんな日は年に何回もないですね。

 オシドリは明日きらら浜で観察会があるようですよ。宇部の小野湖へ行くそうです。
http://www6.ocn.ne.jp/~kirara-h/

 近くの川(瀬野川)では毎日ウオーキングをしている人がよく見かけると言われるのですが、昨年来探していますが今年の正月に一度撮っただけです。(一羽だけ) 今年も見たという事ですが、まだお目にかかっていません。

 私は今日は仕事です。 この時期はなかなか時間がとれません。
(それでも、何とかして鳥見に行こうともがいています。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野鳥(可哀想な、今週のカワセミ 09/11/14) | トップページ | 野鳥(オオタカ) »