2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 野鳥(アオバズク) | トップページ | 野鳥(夏のクロジ) »

2009年7月20日 (月)

野鳥(濁流のカルガモ)

 今日は昼過ぎまで車軸を流すような雨でした。 やっと夕方雨が上がったので、雨上がりの野鳥を撮ってみようと、近くの川へ行ってみました。

 ところが、写真どころではありませんでした。

Img_5697















 いつもは野鳥が飛び交う中州も、濁流の中。

Img_5703 そんな中、岸に近い,流れが緩やかなところにカルガモの親子がいました。
(普段はウオーキングコースです)









Img_5708  見ていると、お母さんを先頭に子ガモが一列になって上流に移動。








Img_5713  と、突然お母さんは濁流の中に方向転換。










Img_5720
 お母さん!ちょっと待って。
お母さんは子ガモを置いて濁流の中を一羽で進んでいます。







Img_5737  子ガモは一列縦隊を何とか保ちつつ 、お母さんを追いながら、流されていきました。

 どうなったんだろう? 何処まで流されたんだろう? と下流に行ってみると。



Img_5754  数百メートル下流の流れが緩やかなところで、さっきのカモたちはビバークしていました。








Img_5784  暫しの休憩の後、お母さんはまた濁流の中に子ガモを連れて行きました。

でも、この時は綺麗な一列縦隊ではなく、乱れていると思うのは気のせいでしょうか。







 この一連の動作、もしかしたらお母さんガモによる教育の一環なのでしょうか。

ちなみに、下の写真が普段の河川敷です。今回の場面は上に見える橋の少し上流の出来事です。

Img_3685














なお、よい子の皆さんは、

決して増水した川の近くには近寄らないで下さい。

« 野鳥(アオバズク) | トップページ | 野鳥(夏のクロジ) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野鳥(アオバズク) | トップページ | 野鳥(夏のクロジ) »