2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

家紋(49)利休橘

Photo 利休橘

 SIZE: 93w X 92h

 FABRIC: DMC 25ct エタミン

 THREAD: DMC 121

        1 over 1

 KG チャートを使用して作成

 Free Chart フリーチャート

 「rikyu-tachibana.pdf」をダウンロード

 今回の家紋は「利休橘」です。 先日、ラジオから流れてきた「みかんの花咲く丘」を聞いていると、刺したくなりました。 瀬戸内に面した所に住む人間にとっては、段々畑に白い蜜柑の花、青い空、青い海というのはすぐに思い浮かべることが出来る風景の1つですが、それも最近は減少しつつあり、何だか寂しい限りです。

 「五月待つ花橘の香をかげば 昔の人の袖の香ぞする」(古今和歌集、詠み人知らず)が有名なように、橘は古くから愛されてきた花で、家紋の種類も豊富です。 どれにしようかといろいろと迷いましたが、今回は「利休橘」を選びました。 

2009年5月30日 (土)

野鳥(キビタキ)

今日はキビタキに遊んでもらいました。

Img_2675_sharp_filtered
















 しばらく付き合ってくれましたが、なんせ、恥ずかしがり屋でほとんどが林の中。

ちょっと姿を現しても、枝被り、空抜け。そんな中でやっと表に出てくれたのがこの写真です。 ちょっとおすましのキビタキ君です。

でも結構おしゃべりで、囀りだけは堪能させてもらいました。

今度は、横顔や紋付きを見せて欲しいと思います。

TSN664 + IXY2000IS

2009年5月27日 (水)

野鳥(アカショウビン)

 バーダーの憧れの野鳥と言われるアカショウビン、初見、初撮りできました。heart04

でも、残念ながら空抜け、枝被りで証拠写真程度です。coldsweats01

Img_2482_sharp20_filtered













Img_2485_sharp_filtered











 アカショウビンと言えば、声は聞くものの、写真どころか見る事も出来ないバーダーさんもいらっしゃると聞いたことがあります。 空抜けとはいえ、初アカショウビン狙いで初撮りする事が出来たのはラッキーとしか言いようがありません。
 でも、噂に違わずでした。 さすがにアカショウビンはアカショウビンで、この日は鳴き声は聞こえるものの、この時以外には姿を見る事は出来ませんでした。weep 

: ブッポウソウ目 Coraciiformes
: カワセミ科 Alcedinidae[2]
亜科 : ショウビン亜科 Halcyoninae
: ヤマショウビン属 Halcyon
: アカショウビン H. coromanda
                英名:Ruddy Kingfisher 

 アカショウビンは英名では「Ruddy Kingfisher」=赤いカワセミと呼ばれていますが、実際に見た印象も正にその通りで、カワセミを赤く、大きくした姿でした。

TSN664 + IXY2000IS

2009年5月26日 (火)

孔雀(4)

4 「 FILET CROCHET」より

 Edinborough Linen 36ct Flax

 1 over 2

 孔雀、出来上がりました。 5月初旬に刺し上がったものの、仕立てをどうするか思案していたら、UPするタイミングを失ってしまいました。 このままだとお蔵入り決定!coldsweats01

 それだと何だか孔雀が可哀想だなと思い、UPすることにしました。 孔雀も素敵なのですが、それ以上に蔦を気に入っています。

 

2009年5月25日 (月)

野鳥(カケスとヒヨドリ)

 カケスとヒヨドリ? どんな関係かと思われるでしょう。

 日曜日、甘党のヒヨドリが野生のサクランボを啄んでいました。 桜の花の蜜を吸うのはよく見ますが、サクランボも食べていたのです。

Img_2435_sharp20_filtered
















 その時、近くで”ギャアギャア”という鳴き声。 しばらくすると、何とカケスまで近くの桜の木に止まりました。

Img_2441_sharp10_filtered


















 いつもは用心深く、なかなか人前には姿を現さない。 それどころか、数十メートル先で人間の気配がしただけで逃げてしまうと聞いていたのに、すぐ目の前の桜の木に止まりました。
Wikipediaによると主食は昆虫だけど果実も食べる。との事。
このサクランボ、警戒心を無くすくらい美味しいのでしょうか。

 ちなみに、よく熟れたサクランボを食べてみました。 小さくて、独特の苦みのようなものがありますが、まんざらではありませんでした。

: スズメ目 Passeriformes
: カラス科 Corvidae
: カケス属 Garrulus
: カケス G. glandarius
                 英名:Eurasian jay
                 学名:Garrulus glandarius japonicus



TSN664 + IXY2000IS

2009年5月23日 (土)

健康管理_09年05月23日BMI=22.8

2009523_bmi228













 2009年5月23日現在 BMI=22.8

 自転車を再開して2週間、まだ目立った変化はありません。

新旧の体重計の誤差が500gあったため、BMIのメモリを0.5ずらしました。

2009年5月22日 (金)

野鳥(ヒクイナ)

 月曜日に出会った最後の野鳥はヒクイナです。

Img_1860_sharp_filtered
















 ミソサザイは、”ここかと思えば、またあちら”と牛若丸のように飛び回って撮りにくかったですが、このヒクイナも負けず劣らず、じっとしてくれません。

 もっとも、こちらは飛び回るのではなく、餌を求めて水の中、草むらを歩き回り、うまく撮れませんでした。 置きピンをすれば反対に行き、すぐに草むらに入り、そうこうするうちに夕暮れ。

 でも贅沢は言えないようです。 このヒクイナ、普段はヨシやガマなどの茂みにいてなかなか姿をみせないそうです。

もう一枚

Img_2154_sharp_filtered
















目: ツル目 Gruiformes
科: クイナ科 Rallidae
属: Porzana
:

fusca

                   英名:Ruddy-breasted Crake

TSN664 + IXY2000IS

2009年5月21日 (木)

野鳥(ミソサザイ)

 月曜日、初撮りは他にもいました。 ミソサザイです。 探鳥会でちらっと見た事はあったのですが、撮影は今回が初めてです。 ミソサザイと言えば、尾を跳ね上げて囀っている姿をすぐに思い浮かべますが、今回は、逆光の中をちょろちょろと動き回っていて、いつものポーズは撮れませんでした。

その代わり、こんなシーンが撮れました。

Img_1661_sharp30_filtered

玄関からこんにちは!














Img_1657_sharp30_filtered
お出かけのようです。
















 次回はミソサザイの尾を跳ね上げた、定番ポーズを撮りたいと思います。

TSN664 + IXY2000IS

2009年5月19日 (火)

野鳥(アオゲラのご夫婦)

 昨日、待っていたのはアオゲラでした。 イカルを撮ってしばらくすると、♂が谷沿いを下から上がってきました。 いつもお目にかかるコゲラは約15cmですが、アオゲラはその倍、約29cmもあるため、その飛んでいる姿は何だか大きく感じました。 赤い頭が回り込んだ瞬間、トントンは

「来た!」と大きな声。 そんな大きな声をあげたら鳥が逃げてしまうと思うような声を発していました。 そのアオゲラのだんなさん、あたりを警戒し終わると、僕はキツツキだと証明するかのように気をつつき始めました。 しばらくすると奥さんが登場しました。 ツーショットという訳にはいきませんでしたが、その時の写真です。

Img_1399_sharp20_filtered
















Img_1480_sharp20_filtered


















 残念ながら今回は角度が悪く、♂♀とも頭頂の赤い部分がうまく写りませんでしたが、

最初♂がやって来た時には頭頂の鮮やかな赤が印象的でした。

 キツツキと言えば、いつもコゲラばかり。 一度はアオゲラ、アカゲラなどに出会いたいと思っていただけに感激でした。

TSN664 + IXY2000IS

2009年5月18日 (月)

野鳥(イカル)

 今日、鳥待ちをしていると、遠くの梢にイカルが一羽やってきました。

ウオーミングアップのつもりで撮ったのがこの写真。

Img_1341_sharp20_filtered
















 帰って、調べてみると何と同じような体格のシメはたくさん撮っているのに、イカルは初撮でした。 そういえば、遠くから群をみる事は良くあっても、写真になるくらい近くで撮った事は無かったようです。

 イカルは冬のイメージがあるのですが、今日は群でなく単独行動していたのは一羽だけ居残っているのでしょうか。

もう一枚

Img_1342_sharp20_filtered

















TSN664 + IXY2000IS トリミングあり

2009年5月17日 (日)

家紋(48)百の字

Photo 百の字

SIZE: 94w X 86h

FABCI: DMC 25ct エタミン

THREAD: DMC 121

        1 over 1

KG チャートを使用して作成

フリーチャート FREE CHART

「hyaku-no-ji.pdf」をダウンロード

 今回は「字紋」をチクチクしてみました。 これは「百」の字を親子の鶴で現したものです。chick

  ただ、この「百の字」、説明がないと「百の字」だとは思わないようで、

「ええっ! これが百の字を見立てたものだって? そう言われると、そう見えないこともないけれど。」と、たんたんは不満そうにしていました。

 また、この親子鶴、たんたんに言わせるとコウノトリだそうです。

「これはどっちかと言うと、コウノトリに見える。 コウノトリがゆりかごを運んでいるように見える。」と言い張っています。

 鶴であろうとコウノトリであろうと、どちらにしても「幸福」を現す鳥という意味では同じです。 自分がイメージする鳥でいいことにしましょう。 それで家内円満ならば。wink

2009年5月16日 (土)

健康管理_09年05月16日BMI=22.7

2009516_bmi227_2 














 2009年5月16日現在 BMI=22.7

 今回から今年だけのデータとし、カテゴリーも”健康管理”に変更しました。

 今年の健康診断では体重は、ほぼ昨年と同じだったにもかかわらず、体脂肪は大きく増えてしまいました。 どうしようかと悩んでいる時、会社からもらったギフトブックのなかに体組成計がある事が分かり、早々に注文しました。

これを機に、もう一度自転車を5分から10分、1回から2回に増やし、体脂肪削減を始める事にしました。

なお、新旧体重計を比較すると、新しい体組成計の方が約500g多く表示されます。どちらが正しいか分かりませんが、今後は新しい体組成計の計量値にて計算する事とします。

2009年5月15日 (金)

Les 100 Enfants(6)

10024 シーン 24

Fabric: DMC 25ct エタミン

     Ecru

     1 over 1






 サッカー観戦中の男の子2人、登場です。 バックステッチの嵐だったサッカーゴールを抜けたせいか、チクチクのペースが心持ち速くなったような気がします。happy01 

  やっぱりクロスステッチはいいな、子供達は可愛いしと、ニタニタしながらチクチクしています。 

 でも、やはりと言うべきでしょうか?  犬の顔周り、刺し間違えました。 8割方、出来上がった時点で気付いたのですが、ほどくのが嫌でそのまま突っ走りました。 おかげで、犬の可愛さが半減してしまいました。crying  

 手間を惜しまず、刺し直しをすればよかったかなと、少し後悔しています。coldsweats01                                 

 

2009年5月12日 (火)

野鳥(チュウシャクシギ)

 地元の新聞にハマシギの大群の記事が出ていたので早速、行ってみました。

 何人かの人がカメラをセットされていましたが、バーダーだけでなく、野鳥を入れた風景として撮影されている方もおられました。

 でも、この日は大潮で、潮干狩りの人、沖に出て釣りをする人などで賑わい、残念ながらハマシギの大群には出会えませんでした。(十数羽は見たのですが。)

 代わりに相手をしてくれたのがチュウシャクシギさんです。

Img_1326_sharp15_filtered_2
















 波打ち際にはたくさんいたのですが、なんせ、遠くて!

 比較的近くまで来てくれたのがこの子ですが、それでも遠くて、トリミングしてこの大きさしか撮れませんでした。
 この位置ではよくわかりませんが、下の写真では胸に、くっきりと縦のラインが入っています。

Img_1312_sharp15_filtered















 チュウシャクシギではなくて、別のシギ?

 写真を見ていて思ったのですが、実はこれ、クチバシの影なのです。 ちょうど太陽の方を向いていたのですね。 眩しくないのかな?


TSN664 + IXY2000IS

2009年5月11日 (月)

野鳥(トビ)

 最近、仕事の関係でなかなか野鳥を撮り行く事が出来ません。 3月までは土日と言えば必ずと言っていいくらい山や川に行っていたのが嘘のようです。 この、ゴールデンゥイーですら1日しか行けませんでした。 でも、どんなに忙しくても、週一回は野鳥に会いに行こうと思っています。

 今日は、赤い鳥、青い鳥、黄色い鳥を撮りに山に行きたかったのですが、平日の休みにしか出来ないような用事があり、やむなく近場に行ってきました。

 そうして撮ったのがトビ

Img_1083_sharp05_filtered
















 いつもは上空を大きく旋回しながら飛んでいるのですが、今回は牡蠣ひびの上に留まって、なんとフジツボを食べていました。 生き餌は食べないと聞いていたのですが、これはフジツボの殻を食べていたのでしょうか。

 Img_1079_sharp15_filtered_2 

















 この写真は、ピーヒョロロと鳴いていた1コマです。 そのもの悲しそうな鳴き声からか、どうも恐いというイメージがありません。 留まっている姿も、頬がくぼんで、哀れっぽく見えます。

 トントンは、

「トビと言うと、人気のない海浜や寂れた漁村で鳴いているというイメージなのよね。 山でも見るけれど、あまり山の鳥という感じがしないのよね。 あの鳴き声のせいなのかな? 一応、猛禽類だけど、どうも猛禽類とは思えないし・・・。」と言っています。

 トントンでさえ、こうなのですから、他のバーダーさんがトビになかなか関心を示さないのも無理ないのかもしれません。

TSN664 + IXY2000IS

2009年5月 9日 (土)

健康管理_09年05月09日BMI=22.5

200959_bmi225












 2009年5月9日現在 BMI=22.5

会社が休みのため自転車が出来ず、尚かつ鳥見にも行けませんでした。

おかげで、今日は増えてしまいました。

もしかしたら、週の後半、中華料理を食べ過ぎたかな?

2009年5月 5日 (火)

Les 100 Enfants(5)

100c11_2 シーン 11

布: DMC 25ct エタミン

   Ecru

   1 over 1

 

シーン11が数日前にやっと完成しました。 前回UPした日はと調べると、何と3月でした。coldsweats02  あまりの停滞ぶりに我ながら驚いています。 遅れついでに、同じUPするならば、子供の日がよいだろうと思い、今日のUPになりました。

 サッカーゴール、予想通り、関所でした。 3分の1ぐらい進めた所で1目ずれているのを発見! 適当に誤魔化してと思ったものの、それも難しい状況だったため、泣き泣きほどきました。 その作業のつらい事、つらい事、すっかりご無沙汰になりました。

 でも、どうにか難関を突破しました。good 

 これからしばらくは楽しく刺せると思います。 少しペースアップしていこうと思っています。smile

2009年5月 4日 (月)

家紋(47)五三桐

47_  五三桐

 SIZE: 93w X 86h

 FABRIC: 25ct エタミン

        1 over 1

 THREAD: DMC 103

 KG チャートを使用して作成

 FREE CHART フリーチャート

 「gosan-no-kiri.pdf」をダウンロード

 

 今回の家紋は「五山桐」です。 「五三」の由来は、花の数から来ています。 すなわち中央が五つ、左右が三つの花で「五山桐」です。

 家紋の定番中の定番というイメージが強いため、何となく避けていたのですが、ばあばとのコラボでタペストリーを作る為には、やはり定番ものがあったほうが良いかなと思い、チクチクしてみました。

「わあ、やっぱり家紋だ!」と思わず声を上げると、

「何を馬鹿な事を! 家紋を作っているのだから当たり前だろう。」と、たんたんに突っ込まれましたが、何故かそんな気持ちになってしまう「家紋」です。bleah 

2009年5月 2日 (土)

野鳥(ノゴマ)

 今日はノゴマです。 先週の終わりから数日間?いたようです。

Img_0438_sharp2_filtered
TSN664 + IXY2000IS













 このノゴマ、先日のシロハラにいじめられていたようで、シロハラがいない時だけ姿を現していました。 

 この周辺にはコルリやキビタキなどもいましたが、バーダーの中には「コルリやキビタキは夏中いるのでいつでも撮れる。しかし、ノゴマは今しか撮れない。」と、遠くから撮りに来た人もおられました。

 このノゴマだけなのか、全てのノゴマなのか、非常に警戒心の薄い野鳥でした。 植え込みの側を人が通っても全く逃げる事はありませんでした。 (恐いのはシロハラだけ?)

 そのため、トントンも近くで撮る事が出来ました。 赤い胸と緑の葉を対比させて撮ったようです。

Img_4039_sharp_filtered

EOS デジタルX + EF-S 55-250 IS

緑と横の対比です。









Img_4099_sharp_filtered

EOS デジタルX + EF-S 55-250 IS

緑と縦の対比です。












 こうしてみると、足が長いですね! 顔はタイガーマスクのホオジロとよく似ています。

 この撮影の時、トントンはおばちゃん根性丸出し、超至近距離でシャッターを押していました。camera 

 他の若い女性バーダーが遠慮気味にデジ一で後ろから撮っていると、「まだ前に行っても大丈夫。 あのおばちゃん、見てご覧。 あんな近くで撮っているんだから。」と先輩のバーダーが声をかけていました。 恐るべし、おばちゃんパワー!

 「だって、撮影の基本は一歩でも多く、被写体に近づくことじゃない。」と、トントン。 それはそうですが、くれぐれも被写体を逃がさないようにね!

健康管理_09年05月02日BMI=22.2

200952_bmi222













 2009年5月2日現在 BMI=22.2

 今週は微減。

 ここ数日、テレビや新聞では豚インフルエンザによる報道が増えています。 取り上げられている対策としては、マスクを着ける、うがい、手荒い、人混みの中に出ていかないといった対処療法的な対策ばかりが目立ちます。

 確かにそれも大切です。でも、最も大事な事が抜けているように思います。 それは、規則正しい生活をする、体力をつけると言った基礎的な予防処置ではないでしょうか。

 その意味で言うと、私の場合、仕事が変わった関係で生活パターンが大きく変わってしまいました。 と言っても、新入社員となった関係で帰宅時間が遅い、休日も出勤しなければならないといった程度ですが。 まずは、仕事に慣れるための一時的な事とはいえ、タイミングが悪い時に重なりました。

 その分、体力だけは落とさないように以前より食事の量は増やしています。

でも、今週は微減。 仕事が変わった事によるストレスかな?

2009年5月 1日 (金)

Filet lace(1)

 最近、チクチクのペースがすっかり落ちています。 週末、「鳥見」に忙しいのもありますが、それは大きな要因ではありません。 フィレレースの再図案化にはまってしまったためです。 これ、やり始めると結構楽しく、すぐに時間が経ってしまいます。 おかげで、チクチクの方がなかなか進まないという困った状況に陥っています。coldsweats01

 その中の1つが下の図案です。Amgel_6          

    181w X 155h

    Le Filet Ancien」 より

 

                 

この図案、フリーチャートでUPしようかと思いましたが、結局、止めることにしました。 著作権がどうなるのか、よく解らないからです。 いくらアンティークだからと言っても、パターン集が出版されているし・・・。

 「個人で楽しむ分には差し支えないのでは?」と、たんたんも言うのですが・・・。

 でも、せっかく作ったのだから、このままお蔵入りさせるのは忍びない。 という訳で、完成イメージ図だけでもUPすることにします。 wink

 家紋も子供達もぼちぼちながら進めています。 近々、UPする予定です。happy01

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »