2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 健康管理_09年03月7日BMI=22.2 | トップページ | 野鳥(クロジ) »

2009年3月 8日 (日)

新広島市民球場の工事現場(28)_JR広島駅からのアクセス、1年前との劇的ビフォー・アフター JR線路沿い

 今日はJR広島駅から球場までのルートの内、JR線路側について、1年前と比べてみました。 大きな写真が2009年3月7日、小さな写真が2008年4月5日撮影のものです。 いずれも、クリックすると大きくなります。

まずは、JR広島駅前の東よりの信号から

Img_3113

 先週も上げましたが、分かりにくかったのでもう一度。









 信号を渡って、左側、愛友市場入り口方向

Img_3108 Img_5446




 信号を渡ったところから約20m歩道の拡張工事が行われています。

もしかしたら、車道幅縮小工事かもしれません。 と言うのは、行き交う車が、非常に難儀をしていました。 愛友市場方面への入口、もしくは出口がこんな状態だと、すぐに渋滞になりそうです。

Img_3166_2  Img_5447_2












 その渋滞に拍車をかけるのが、愛宕の踏切

Img_3161 Img_5455











 昔から、”開かずの踏切”として有名ですが、1年前と全く同じ。 見ていると、さすがに歩行者だけは”待てない”のか、皆さん陸橋を利用していました。


 踏切を通り過ぎた後は

Img_3135 Img_5457











 道路のアスファルト舗装だけは新しくなりました。 写真では分かりませんが、マンホールは”カープ坊や”に変わりました。 ただし、色はついていません。 これは車道用のマンホールだそうです。 先週まで、道路のJR線路側が工事中だったため、ここに歩道が付くものと思っていました。 ところが...

Img_3149 JRが

”大勢のファンがここを通る時、万一線路側に出たら..”

と危機感を募らせたのか、車道(歩道)と線路を分離する高いフェンスを設置中でした。

たしかに、風船が飛んでくるより、人が入り込む方が重大です。


荒神陸橋を抜けると、相変わらず大きなトラックが行き来していました。

線路の傍には昔通り運送会社のターミナルがあるので、当たり前と言えば当たり前ですが。
Img_3137 Img_5466






 この倉庫群を抜けると、忽然と新広島市民球場が、その容姿を現します。

工事用の黄色いフェンスの内側からスロープを通って球場に入る事が出来ます。

Img_3146 Photo










・結論

JR線路側のルートで大きく変わったところは

1.JR駅前を抜けたところ、約20mで歩道拡張工事中。(車道幅削減工事中)

2.愛宕踏切から新広島球場まで車道と線路を分離するフェンス設置

  (JRさんは肌で危機感を感じているのでしょうね。)

以上


 1年前、この近辺はどんなに変わるのだろうと期待していましたが、先週(バス通り)および今日の写真の通りほとんど変わっていません。

 これで本当に満員の観客をさばく事が出来るのでしょうか。 まずは、開幕試合で試される事になります。

« 健康管理_09年03月7日BMI=22.2 | トップページ | 野鳥(クロジ) »

新広島市民球場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康管理_09年03月7日BMI=22.2 | トップページ | 野鳥(クロジ) »