2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« EF-S_55-250mmで撮った野鳥(02-01)ルリビタキ | トップページ | 山の野鳥(009-05-01)_シメ »

2009年2月 3日 (火)

EF-S_55-250mmで撮った野鳥(03-01)_シメ

 タンタンが、空抜けのシメに悪戦苦闘している時、先輩諸氏のアドバイスを伝えに来てくれたトントン。 一緒に上まで上がって双眼鏡で観察。

 その時、突然、目の前にシメがやって来ました。 すかさず持っていたカメラで撮影。

Img_2458













 ルリビタキもそうですが、冬の野鳥は見る角度によっては、まるで鞠です。 つまずいて転けたら(野鳥はそんな事は無い?)そのまま転がっていきそうです。

Img_2459












 こちらは正面顔。 ちょっと見にくいですが、まるで、泥棒がほおかむりをしている様。

トントンは、

「シメが正面を向くと、シメには悪いのだけれど、まるで間の抜けたこそ泥って感じがするのよね。」と、撮った写真を見ながら一言。

「そこがまたシメの可愛さでもあるのだけれど。 愛嬌があって、憎めないのよね。」とも言いながら、何度もシメの写真を見ていました。

 鳥の写真は、撮る時も楽しいのですが、撮った後も、思ってもみなかった写真が撮れていたりして、また充分、楽しめます。 

撮って楽しみ、パソコンで楽しみ、写真にして楽しみ、みんなに見せて楽しみ、飾って楽しみ、....楽しみが尽きません。

ただ一つ問題がありました。 時間が足りない!

Canon EOS Digital X  + EF-S 55-250mm F4-5.6 IS

« EF-S_55-250mmで撮った野鳥(02-01)ルリビタキ | トップページ | 山の野鳥(009-05-01)_シメ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EF-S_55-250mmで撮った野鳥(02-01)ルリビタキ | トップページ | 山の野鳥(009-05-01)_シメ »