2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

川の野鳥(09-07-01)_ユリカモメ

 今朝は、鳥見に行くつもりで起きたのですが、外を見ると、雨は上がっているものの風が強い。 天気予報を見ると強風注意報が出ていました。 お隣の山口県では暴風警報。 結局、今日は無理をしないで、明日に備えて休息の日としました。 さあ、明日は何処へ行こうか。

 そんな訳で、今日はストックの中からユリカモメです。

Img_3187

撮影09年1月24日










 このユリカモメ、今年は群としてはなかなか姿を見せませんでした。

 昨シーズン、07年11月24日には沢山のユリカモメが気持ちよさそうに水浴びをしていました。 健康のためにウオーキングをしていたのがバードウオッチングになり始めたのもこの時期です。

 今シーズン、数羽程度は姿を見せていましたが、群ではなかなかやって来ませんでした。 1月22日の夜、ウオーキングをしていると、潮の引いた中州で、せわしげに餌をつついている野鳥の一団がありました。 街路灯の明かりの中、目を凝らして見るとユリカモメの一団のようでした。

 1月24日、早速、川に出かけてみると、確かに群がやって来ていました。 さあ撮ろうと準備をしている時、何かに驚いて一斉に飛び立ってしまいました。 後に残ったのはこの写真のユリカモメ他数羽。 この日は結局、群は撮れませんでした。

 昨夜、息子から

「池の周りを歩いていたら、ここにも沢山の野鳥がいたよ。」と言って携帯で撮った写真を送ってくれました。

Sn3g0012  釣り禁止の池ですが、直接”手掴み”ならぬ口で獲るのは良いようです。

あるいは、ここは自分たちの縄張りだからと、釣り人を監視しているのでしょうか。











 同時に送ってくれた写真には、オナガガモ、キンクロハジロが写っていました。
本人は、バーダーでは無いと言っていますが、以前より、野鳥のさえずり、姿は気になるようです。

健康管理_09年01月31日BMI=22.3

2009131_bmi223









 2009年1月31日現在 BMI=22.3

 年末年始と続いた忘年会、新年会が一段落し、1月末になって、やっと正月気分が抜けたようです。

2009年1月30日 (金)

家紋(41)中影平七宝

40 「中影平七宝」

SIZE: 95w X 83h

FABRIC: 25ct エタミン blanc

       1 over 1

THREAD: DMC 121

フリーチャート  FREE CHART

「hirasippou.pdf」をダウンロード

KG チャートを使用して作成

 今回の家紋は息子からのリクエストに応えて作りました。 「七宝」は日本の伝統文様、有職文様の1つで、円形を4分の1ずつ交差させ、網状に連ねた文様の総称で、刺し子の図案などに使用されています。

 今年は幾何学模様の家紋も少しはチクチクしていこうかなと思っています。 ただ、モチーフ繋ぎとして使おうと全ての図案のサイズを約10cm使用に揃えているために、幾何学模様の中には膨大なベタ刺しを強いられる図案が・・・。coldsweats02  

 まあ、そういう図案はおいおいチクチクしていくことにして(←常に問題は先送りする性格)、まずは四季を現すものをぼちぼちと。

2009年1月29日 (木)

Les 100 Enfants(1)

 最近、家紋のステッチがペースダウン気味です。 原因は別の大物「100 ENFANTS」に手を出してしまったからです。 

 この大物、出来上がりサイズが大きい、カラーチャートの色が識別しにくいことなどがあり、今しか出来ない(目が悪くなる前に)と思い、鏡開きと時を同じくスタートしました。

 この「100人の子どもたち」、とても可愛くて、すっかりはまっています。 おかげで、サクサク進んで、シーン19が完成です。

1001_2  シーン19

 

 25ct エタミン  ECRU 使用 

2009年1月28日 (水)

川の野鳥(09-06-01)_カワラヒワ

 今日はカワラヒワです。

 昨年から今年にかけて新しい種類を上げる都度、あたらしい番号を付けていましたが、今回から、年ごとに新しい番号を付ける事にします。 まずは、リニューアル一弾として1月18日に撮影したカワラヒワです。

Img_3046_3  














 これまで、カワラヒワを撮る時は、常に忙しく動き回っていたり、枝かぶりになって、なかなか決まったポーズの写真が撮れませんでした。

 この時はどういう訳か、1本の芦の上でしばしポーズを取って記念撮影に応じてくれました。

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月27日 (火)

川の野鳥(09-05-01)_カワアイサ

 日曜日、昼過ぎからカワアイサがいると言う北部の川へ行きました。 河原の繁みでも、ベニマシコ、シジュウカラ、オナガなどが飛び交っているのは見えるのですが、繁みに隠れて写真が撮れません。 でも、川の中の石の上ではカワアイサご夫妻が寒さなんか何のそのと日向ぼっこをしていました。

Img_3628




 ご夫妻、同じ方向を向いて何を見ているのでしょうか? 

 水鳥と言えば、やはり泳いでいる姿がしっくりきます。

Img_3426

Img_3552






 この日は、前日の雪があちらこちらに残り、底冷えがする寒い一日でしたが、カワアイサはのんびりと泳ぎ、ゆっくりくつろいでいました。 

「寒い! こんなに寒いのに、平気とは・・・。 やはり羽毛は暖かいのだろうか?」と、トントンは変な事に感心していました。


 もう少し居て、ベニマシコを撮りたかったのですが、所用のため、1時間ほどで引き上げてきました。

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月26日 (月)

山の野鳥(009-04-01)_ウソ

 今日は、日曜日に撮った、赤いマフラーが粋な、ウソのお兄さんです。

Img_3881











 昨年のこの頃、まだ双眼鏡を持たない、ウオーキングがメインのバードウオッチング時代、ここで、沢山のバーダーが双眼鏡片手にデジスコや巨大なデジ一で一点を凝視されていました。

「何があるのですか?」

「ウソというこのあたりでは珍しい野鳥です。」

「へえ~! そうなんですか?」と肉眼でその方向を見ていたら、

「肉眼では無理、無理。 双眼鏡を使わないと。」と言われ、双眼鏡を覗かせて貰いました。 その時見た赤いマフラーの印象的だった事。 この後、すぐに双眼鏡を買い、本格的にバードウォッチングへの道を踏み出しました。 そして、今ではすっかりデジスコに夢中になっています。 

 大げさに言えば、デジスコへのきっかけを作ってくれた記念すべき野鳥です。 

 いつか見たい、撮りたいと思っていたウソ、やっと撮れました。


 ところが、トントンはこの時ウソを見ていなかったそうです。

「喉もとの赤が印象的だったんだよね。」と話していたら、

「え! 私、見ていない。 双眼鏡がうまく使えなくて、もたもたしているうちに飛んで行ってしまったから。 ずるい! 一人だけが見て。 今シーズンは絶対に見るんだから。」とトントン。

 今回、

「あれ、ウソじゃない?」とトントンが第一声。 何度も図鑑を見ていて、姿が頭の中にコピーされていたようです。 トントンは、

「やっと生ものを見た!」と感激しきりで、じっと双眼鏡を覗いていました。lovely

 また、ウソは切手にも登場していました。

Photo_3   切手には、色々な野鳥が使われています。

これらの野鳥たちも撮ってみたいです。

一番の難関はヤマセミか?

: スズメ目 Passeriformes
: アトリ科 Fringillidae
: Pyrrhula
: P. pyrrhula

                 英名:Eurasian Bullfinch

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月25日 (日)

新広島市民球場の工事現場(24)_防風船ネット?

 24日、広島市内はうっすらながら、久しぶりの積雪でした。 今回のタイトルは”雪の新広島市民球場”で決まりと勇んで見学スペースに出かけたまではよかったのですが・・・。

 見学スペースの開門時間8時30分過ぎには外見上は残念ながら全くありませんでした。 辛うじてモニターテレビの内野グランドの土の部分に雪が残っているだけでした。

まずは、パノラマから

2009124_2やっとホーム側パフォーマンスシートが全容を現しました。 見る位置にもよるのでしょうが、異常に巨大な感じがします。  

工事予定表

Img_2154   




















モニターテレビ

 雪の新市民球場を撮ろうと朝早く行ったため、見学スペースに朝日が入り、モニターの撮影には最悪でした。

1_1_img_2084  

内野グランドの土の部分はまだ雪が残っています。

2_img_2093

3_img_2094

4_img_2087

5_img_2080

6_3_img_2081

7_img_2090 赤いシートが取り付けられていますが、シートのブロックの間の間隔がかなり広く取ってあるようです。

8_1_img_2083_2








 球場の周りでも工事が進んでいます。 球場から広島駅に行くスロープも輪郭が見えてきました。

Photo  右端の球場から左端の道路の突き当たりまでです。 スロープを降りたところから広島駅までの足の確保が大事だと思うのですが...。

Img_2104










 大洲通り側も整備が進んでいます。 でも、歩道は特に広くする訳でもなく、カラー舗装になっているだけ? 車道の拡張も行われていますが、一部だけ?

新球場に広島駅から徒歩で行く場合は覚悟して観戦に行って下さい。

Img_2129









 ホーム側パフォーマンスシートが姿を現したので球場の裏側から。

天神川駅から来たら、この姿が目に入ってきます。

Img_2141

JRへの打球直撃を防ぐ防球ネットのポールが立ちました。 ここにネットを張って、カスミ網の様にボールを受けるのでしょうが、もう少し高く、広範囲にすればタイトルにある”防風船ネット”として使えるのではないでしょうか?

 網の目もそんなに小さくする必要は無いと思います。 ボールを防げる程度のメッシュであれば、たとえ風船がその穴を通り抜けてもJRまで届くだけのエネルギーは残っていないでしょう。

最後に、駐車場で車の上に子どもが悪戯した雪犬?

Img_2054

2009年1月24日 (土)

健康管理_09年01月24日BMI=22.8

2009124_bmi228













 2009年1月24日現在 BMI=22.8

 昨夜は最後の新年会で、焼き肉屋に行ってきました。 お陰でBMIは22.8。

また先週より増えてしまいました。

ちなみに、昨日のBMIは22.4。 今日と、昨日のBMIをプロットすると、見事に右肩上がりの平行線となってしまいます。

 今週は、ご飯の量を少なめにして、ウオーキングを多くしたのですが、足らないようです。 

2009年1月23日 (金)

EF-S_55-250mmで撮った野鳥(01-01)ジョウビタキ

 今回は、トントンが撮ったジョビ嬢です。

Img_2032






 この日、沢山の野鳥が現れてくれたのですが、何故かどの野鳥もせわしなく、じっとしててくれませんでした。 天気予報では午後から雨となっていましたので、そのせいでしょうか? お陰で、デジスコではほとんど撮れませんでした。

 このジョビ嬢も10m先くらいからピョンピョンと近寄ってきましたが、なかなか止まってくれませんでした。

 デジスコで何とか撮ろうともがいている傍で、トントンが

「とりあえず証拠写真でも。」とEOS Digital X +EF-S55-250mm f4-5.6 ISで撮ったものです。 結局、デジスコでは満足な写真は1枚も撮れませんでした。

 この写真、トントン、結構気にいったようでプリントしてファイルしています。

 デジスコの長所短所、デジ一の長所短所が少しづつ分かってきたようで、

「トントンはデジスコ、頑張ってね。 私もこれからバンバン撮るから。 もっと上手になって、いつか飛び物を撮るんだ!」と言って張り切っています。

 尚かつ、もう少し良いレンズやカメラが欲くなったようです。

出来ればEF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  + EOS50Dが欲しいところですが。

 でも、あるブログによるとキャノンの白いレンズは今後2年くらいで全てリニューアルされるようです。 それまで、たんたんはデジスコの練習、トントンはデジ一の練習を積んでおきたいと思っています。

2009年1月22日 (木)

家紋(40)的に当たり矢

Photo 的に当たり矢

SIZE: 93w X 71h

FABRIC: 25ct エタミン blanc

THREAD: DMC 103

 フリーチャート FREE CHART

 「matoni-atariya.pdf」をダウンロード




  いよいよ受験シーズン本番ですね。 受験生の健闘を祈願して「的に当たり矢」を刺してみました。 本当はセンター試験前に間に合わせたかったのですが、すっかり遅くなってしまいました。 しかし、こういう縁起物は遅くなっていいのかと心がちくちく痛みます。 せめてもの慰めは家に受験生がいない事、 誰かに作ってあげるねと安請け合いしていないことだと無理矢理納得しています。sweat01

 「苦しい時の神頼み」、「藁にもすがりたい」という受験生の少しでも不安解除になればいいのですが・・・。

 * pdfの図案の中心がずれています。 KGチャートをバージョンアップしたまでは良かったのですが、どこか調子が悪いようです。 いろいろ試しているのですが・・・。

2009年1月20日 (火)

山の野鳥(009-02-01)_マヒワ

 土曜日、新しい場所に行ってみると、居るは、居るは、マヒワの群がハンノキの種子をついばんでいました。

Img_2388_2

















 デジスコのため、群全体はとれませんが、一枝毎にこんな調子でハンノキの種子を啄んでいました。

 前回はハンノキではなかった為、マヒワかどうかはっきり確定できず、足などの特徴で判断しました。 今回は、教科書通り、ハンノキを啄んでいて悩むことなく確定しました。Img_2525


















 こんな格好で、頭に血が下がる事はないのでしょうか。 重力を超越している! 宇宙に連れて行っても適応できそうです。

Img_2455

















 しばし、お食事は休憩。 孤高の時間。



TSN664 + IXY2000IS

2009年1月18日 (日)

山の野鳥(009-01-01)_ルリビタキ

 昨年、バードウォッチングを始めてから一度は撮ってみたいと思っていたルリビタキ、昨日、やっと撮る事が出来ました。

Img_27092






 ジョウビタキには何処でも、いつでも出会う事が出来るのに、何故かルリビタキには縁がありませんでした。 ネットによると、ルリビタキとジョウビタキは縄張り争いをするそうなので、ジョウビタキがいるところにはルリビタキがいないのでしょうか?

 でも、このルリビタキ君がいたところには、しっかりジョウビタキもいました。 縄張りは時期によるものかもしれません。

 ”一度見た野鳥は何度でも出会える事が出来る。”という法則のとおり、この後またすぐに別のルリビタキ君に会いました。 また、今日も出会う事が出来ました。


 正面を向いたポーズ

Img_27172















 先日のモズのように目が前方にある野鳥の場合はまだ様になりますが、目が横向きの野鳥はどちらかというと滑稽な感じがします。 横向きが一般的な野鳥のポーズだとしても、これはこれで愛らしい魅力があります。

スズメ目 Passeriformes
亜目 スズメ亜目 Oscines
ツグミ科 Turdidae
Tarsiger
ルリビタキ T. cyanurus

                                       英名:Orange-flanked bush robin

 英名によると、ルリビタキはトントンの好きなロビンちゃん(コマドリ)の仲間のようです。

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月17日 (土)

健康管理_09年01月17日BMI=22.7

2007117_bmi227













 2009年1月7日現在 BMI=22.7

 昨日はちょっと遅めの新年会でした。 お陰でまたBMIが上がってしまいました。

一過性とはいうものの、飲んだ後のBMIを繋げた直線と、平生のBMIを繋げた直線がそれぞれ右肩上がりの平行線となっているのが気になります。

2009年1月15日 (木)

川の野鳥(09-04-01)_モズ

 秋の代表的な野鳥ですが、冬になっても元気です。

先日の日曜日、瀬野川にて

Img_2246












 息子好みのポーズです。 正面から見ると、目元のイメージがまるでミミズクの様です。

(実際のミミズクは見た事がありません。是非撮ってみたいのですが。)

 カモ類と違って、さすが猛禽類の仲間。 目が正面を向いているので、様になっています。

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月13日 (火)

ブログ開設1周年を迎える事が出来ました。

 お陰様で、昨日でブログ開設1周年を迎える事が出来ました。lovely

 当初、日記の代わり、息子への近況報告と言う事で始めたブログですが、いつの間にか1年経ちました。 普通の日記は、いつも三日坊主で終わってしまうのですが、ブログにすると長く続くものだと感心しています。

この間、昨日までで

記事数:311件

累計アクセス数:約34000

地域、言語別:国内全都道府県はもちろん、海外語圏からも英語、中国語、韓国語、イタリア語、スペイン語、スエーデン語、イヌイット語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語でアクセスがありました。


カテゴリー別では

新広島市民球場:最も多く、特にシーズン後半からアクセスが飛躍的に伸びています。

           ファンの期待が伺えます。

野鳥:過去4ヶ月のアクセス件数を見ると、野鳥でのアクセス件数

    (トップページ、カテゴリーを除く)

           1位:スズメ

           2位:アトリ

           3位:スズメ

           4位:カワセミ となります。

     意外にも普段見慣れたスズメが最もアクセスが多くなっています。

クロステッチ:家紋はこれからも続けるそうです。 (でも、これまで貯めてきた膨大な在庫処理も頭が痛く、ちょっとペースダウンするかもしれません。)

その他、ペーパークラフト、花、健康管理、ばあばのキルト、ばあばのパッチワークあるいは、新しいカテゴリーなど、今年も上げていくつもりです。

 これからもよろしくお願いします。

2009年1月12日 (月)

川の野鳥(09-03-01)_ハシビロガモ

 11日の瀬野川、マガモやヒドリガモに混じってハシビロガモがやって来ていました。 正面からクチバシを見るとハシビロガモという名前の由来がよく解ります。Img_1890

Img_1889














 昨年、一度だけ♂とは出会いました。 今年はどうかな?と思っていましたが、ちゃんと姿を現してくれました。 それも、彼女を連れて。

 この時、いずれもお食事中だったのですが、そのクチバシの形からすると、水面の餌を採るのに適しているように思いました。 ヒドリガモ等と同じく半分水面に体を出す、シンクロナイズドスイミングの格好で水中の餌を採っていました。

: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Anas
: A.clypeata

                   英名:Northern Shoveler

 もう1枚

Img_1765











 このハシビロガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、マガモなどと一緒に泳いでいたのですが、何かに驚いて他のカモが一斉に飛び立った後も、ただ一羽悠然と泳いでいました。

 この位置からだと色が鮮やかに見えるので、すこしでも近づこうとすると、”そうはいかないよ。”とばかり飛び去ってしまいました。

写真のように羽を1枚、上に突き出している為、怪我をして飛べないのかと思いましたが、そうではないようでした。 この1枚の羽は何だったのでしょうか?

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月11日 (日)

新広島市民球場の工事現場(23)_ほぼ全容が姿を現しました。

 2009年最初の新広島市民球場です。

まずはパノラマ写真から200818
前回には無かったライト側外野席の照明灯がつきました。(クレーンの左) 丁度この時取り付けていたのか、作業者が2名登っていました。

これで6基の照明灯全てが姿を現しました。 ブログを書きながら、ふとペーパークラフトを見ると、外野の照明灯はライト側はアッパースタンドの後ろに対し、レフト側は少ない観客席のすぐ後ろで、グランドからの距離が大分違う事に気がつきました。 まさか、ライトとレフトで明るさが違う事は考えられないので、電球の数が違っているのでしょうか。

 8日現在、工事予定表は、まだ9日までのものでした。 よって、今回は省略します。

モニター

1_1_img_1742

2_img_1743  冬でも散水は欠かせないようです。

3_img_1736

4_img_1737

5_img_1738

6_3_img_1731

3塁側から座席が取り付けられ始めています。

7_img_1732

8_1_img_1741








 この日はあまり時間が無かったので、ブログのタイトルとした、新球場全容を

Img_1782 大洲街道交差点手前からの新広島市民球場


・広島駅の正面玄関はどっち?

 今日、新幹線から出ようとして変な事に気がつきました。

Img_1813










 広島駅は、広島市民にとって、南口が正面玄関です。 上の案内板を見ると南出口に行くには在来線乗りかえ口から出なくてはなりません。 今まで当たり前で特に疑問を持っていませんでしたが、初めて広島に来られた方にとっては、直接出る事の出来る北口が正面と勘違いされるのではないでしょうか。 Img_1818










 その北口、今、再開発の真っ最中です。 第4回の時にもブログで取り上げましたが、工事は着々と進んでいます。 新聞によると、この一角に建てられるマンションは完成が2年先にもかかわらず、募集数ヶ月で既に6割が埋まっているそうです。

 この調子だと、勘違いではなく、本当に北口が正面玄関となってしまいそうです。

念のため。 新市民球場に行くには在来線連絡口から出て、南口に出るのがお奨めです。 このブログで取り上げた道順も全て南口からです。


最後に、広島駅の屋上駐車場からみた新市民球場

Img_1856

2009年1月10日 (土)

健康管理_09年01月10日BMI=22.3

2008110_bmi223












 2009年1月10日現在 BMI=22.3

 正月も終わり、食生活が通常に戻ったかのようにBMIも戻りました。

正月前、BMI=22ぐらいで平衡を保っていたつもりでしたが、こうしてグラフを見ると

10月頃から少しづつBMIが増えているように見えます。

ちょっと、気を付けなければ。

2009年1月 9日 (金)

家紋(39)三つ追い南天

2img_1786 三つ追い南天

SIZE: 97w X 97h

FABRIC: 25ct エタミン

       1 over 1

THREAD: DMC 121

  KG チャートを使用して作成

FREE CHART フリーチャート

「mittu-oi-nanten.pdf」をダウンロード

 2009年の最初を飾るのは「南天」の家紋です。

 南天は音が「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木で、福寿草とセットで「災い転じて福となす」と言われるようです。

 本当は昨年末の最後を飾る「家紋」としてUPしたかったのですが、何かと忙しくて、とうとう間に合いませんでした。 すっかりお正月気分が抜けたこの時期に南天とは何だか場違いかなとも思いましたが、今年が少しでも良い年になるように願いを込めて登場させました。

       

2009年1月 8日 (木)

みかんのカビ

 今日、スーパーに行くとハッサクが出回っていたそうです。 ミカン以外の柑橘類が出始めると、ミカンの季節は、終盤になります。

 そのミカン、ミカン食いの息子が今年は長めに帰省するので、正月前に10Kgの箱で購入しました。 正月も明け、ミカンの箱の底が見えるようになった時、一個のミカンが目に止まりました。 そのミカンの上には、ちょっとした空間が出来ていて、そこには見事なカビが生えていました。

Photo












 通常は、青カビ、白カビですが、このミカンにはそのようなカビは一切無く、写真のようなカビが成長していました。 もちろん、このミカンはゴミ箱に直行しましたが、こうしてアップしてみるとカビの嫌なイメージはありません。 写真ではよく分かりませんが、白い菌糸?の部分、霜柱のような感じでキラキラ輝いていました。

 この写真を撮る時

「え~! カビを写真に撮るの?」とトントン。

「今、カビはブームらしいよ。」と息子。 カビがブームとは聞いたことがないのですが、どこかで流行っているのでしょうか? まさか、チーズのカビの話?

 このミカンのカビは食べる事ができません。(たぶん)

2009年1月 7日 (水)

川の野鳥(09-02-01)_コガモ

 日曜日、瀬野川で出会ったコガモです。
Img_1334








 犬のように、顔をぶるぶる震わせて、まるでバラの花びらのようです。

なぜか、クチバシはあまりぶれていません。 一体、どんな動きをしたのでしょうか? 不思議です。

 ところで、息子は

「野鳥の写真は正面を向いている方が良い。」と言います。

Img_1345











 こんな写真がお好みのようです。 何故、こんなポーズが良いのか、トントンと二人、首を傾げています。 特にコガモのように目が横向きに付いているタイプの野鳥は横向きの方が良いと思うのですが・・・。

Img_1317










 お休みモードでも、目がしっかり開いている横向きの方が良いと思うのはトントンとたんたんだけでしょうか?

 その息子も東京へ帰っていきました。

 帰った日、近くの池を散策してみたそうで、

「瀬野川より沢山の種類の鳥が、沢山いる。

だけど双眼鏡が無いから細かいところは分からない。」との事。

これまで

「鳥なんかいないよ。」と言っていたのに、意識して見ると、実は沢山の野鳥に囲まれていたようです。

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月 5日 (月)

川の野鳥(09-01-01)_オシドリ

 正月休みの最終日の4日、息子と3人で瀬野川を散策しました。

 デジスコを担いで河川敷を歩いていると、自転車に乗った人が「オシドリがいたよ!」と声をかけてくれました。 

「えっ! 本当ですか? それは何処ですか?」 

 急いで飛んで行くと、居、居ました。Img_1415lovely














 一度は撮ってみたいと思っていたオシドリ。 あそこの川にいた、ここの池にいたなどと言う話は沢山聞いていましたが、灯台もと暗し、瀬野川にもいたので驚くやら、嬉しいやら。 3人で感激して、しばし眺めていました。

 水面に浮かんでいる姿も是非撮りたかったのですが、この後しばらくすると、お休みモードとなってしまいました。

Img_1440













 完全に眠っているのかいないのか、ゆっくりと目を開けたり、閉じたり繰り返していました。

: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
亜科 : カモ亜科 Anatinae
: オシドリ属 Aix
: オシドリ A. galericulata

                 英名:Mandarin Duck

 英名のMandarinからはオレンジをつい想像してしまいます。 色からきた名前にしてはちょっと違うと思いながらネットで調べてみると、中国の高級官僚のような意味もあるようです。(悪い意味でも使う事もある。) と、その時トントンが

「そう言えば、中国の絵画や刺繍にオシドリが書かれているのがあるのよね。 きっと、欧米にとってはオリエンタルなイメージの野鳥なんだろうね。」と変な風に感心していました。

その後、一言

「クロステッチのチャートにもあるのよね。 買おうかしら...」 

TSN664 + IXY2000IS

2009年1月 3日 (土)

健康管理_09年01月03日BMI=22.6

200913_bmi226








 2009年1月3日現在 BMI=22.6


 年末年始、バードウオッチングは1回だけ。

その他の運動は無し。

ただ、ひたすら飲んで、食べました。

おかげで、しっかり肥ってしまいました。

来週からの減量、頭が痛いです。

2009年1月 1日 (木)

川の野鳥(08-32-01)_コサギ

 あけまして、おめでとうございます。

 正月という事で、鶴といきたいところですが、残念ながら鶴にはまた出会った事がありません。 そこで、コサギにピンチヒッターをお願いしました。

Img_1217_4













 この写真、帰省中の息子がデジスコで初めて撮った写真です。 照準合わせから、ピント合わせ、撮影まで一通り自分でやったもので、本人も満足?しているようです。

 この日は、カワセミが帰省中の息子を歓迎してくれました。 川向こうでしたが、小枝-ホバリング-ダイブを何度も繰り返していました。 サービス精神の旺盛なカワセミでした。

 息子の下宿は東京でも有名な池に歩いて行けるところにありますが、

「あの池にもいるはずよ。」

「嘘?」と言う事でネット調べてみると、確かに沢山の方が綺麗なカワセミの写真を投稿されていました。 他の有名な池でも沢山の写真を投稿されていて、カワセミは何処にでもいる野鳥だという事を初めて納得したようでした。

「東京に帰ったら、行ってみよう。」と言っていました。 もしかしたら、バーダーへの道に一歩引き込んだかもしれません。

TSN664 + IXY2000IS

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »