2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 新広島市民球場の工事現場(23)_ほぼ全容が姿を現しました。 | トップページ | ブログ開設1周年を迎える事が出来ました。 »

2009年1月12日 (月)

川の野鳥(09-03-01)_ハシビロガモ

 11日の瀬野川、マガモやヒドリガモに混じってハシビロガモがやって来ていました。 正面からクチバシを見るとハシビロガモという名前の由来がよく解ります。Img_1890

Img_1889














 昨年、一度だけ♂とは出会いました。 今年はどうかな?と思っていましたが、ちゃんと姿を現してくれました。 それも、彼女を連れて。

 この時、いずれもお食事中だったのですが、そのクチバシの形からすると、水面の餌を採るのに適しているように思いました。 ヒドリガモ等と同じく半分水面に体を出す、シンクロナイズドスイミングの格好で水中の餌を採っていました。

: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Anas
: A.clypeata

                   英名:Northern Shoveler

 もう1枚

Img_1765











 このハシビロガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、マガモなどと一緒に泳いでいたのですが、何かに驚いて他のカモが一斉に飛び立った後も、ただ一羽悠然と泳いでいました。

 この位置からだと色が鮮やかに見えるので、すこしでも近づこうとすると、”そうはいかないよ。”とばかり飛び去ってしまいました。

写真のように羽を1枚、上に突き出している為、怪我をして飛べないのかと思いましたが、そうではないようでした。 この1枚の羽は何だったのでしょうか?

TSN664 + IXY2000IS

« 新広島市民球場の工事現場(23)_ほぼ全容が姿を現しました。 | トップページ | ブログ開設1周年を迎える事が出来ました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新広島市民球場の工事現場(23)_ほぼ全容が姿を現しました。 | トップページ | ブログ開設1周年を迎える事が出来ました。 »