2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 山の野鳥(009-01-01)_ルリビタキ | トップページ | 家紋(40)的に当たり矢 »

2009年1月20日 (火)

山の野鳥(009-02-01)_マヒワ

 土曜日、新しい場所に行ってみると、居るは、居るは、マヒワの群がハンノキの種子をついばんでいました。

Img_2388_2

















 デジスコのため、群全体はとれませんが、一枝毎にこんな調子でハンノキの種子を啄んでいました。

 前回はハンノキではなかった為、マヒワかどうかはっきり確定できず、足などの特徴で判断しました。 今回は、教科書通り、ハンノキを啄んでいて悩むことなく確定しました。Img_2525


















 こんな格好で、頭に血が下がる事はないのでしょうか。 重力を超越している! 宇宙に連れて行っても適応できそうです。

Img_2455

















 しばし、お食事は休憩。 孤高の時間。



TSN664 + IXY2000IS

« 山の野鳥(009-01-01)_ルリビタキ | トップページ | 家紋(40)的に当たり矢 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

たんたんさん、こんばんは。
マヒワたくさん居ますね。
ミヤマホオジロも増えてきました。
先日そこでウソの♂を2羽見ました。

KIKOさん、コメントありがとうございました。
ミヤマホオジロ、何回か見ているのですが、未だ撮影には至っていません。
ウソ、昨年の2月、まだ私たちが双眼鏡すら持っていない時、皆さんがウソを観察、撮影されているのに出会い、教えてもらいました。
双眼鏡の中で見た、紅い色が印象的でした。
その後すぐに双眼鏡を買い、しばらくしてデジスコを買いました。
 大げさに言えば、この時バーダーの世界に一歩踏み込んだようなものです。
そう言う訳で、ウソも是非撮ってみたい野鳥です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山の野鳥(009-01-01)_ルリビタキ | トップページ | 家紋(40)的に当たり矢 »