2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

新広島市民球場の工事現場(20)_やはりジェット風船は使えないかもしれません。

 土曜日の見学スペースはいつになく混雑していました。 タクシーで乗り付けてこられた人、親子連れなど。 そのお母さんは、

「ナゴヤドームでは5階席に入ったらほとんど見えないけど、こういう内野2階席だったら選手が真下によく見えそう。」と喜んでいました。

(ナゴヤドームの事を調べてみると、ホームベースが見えない席があるなど、いろいろな問題があるようです。) 


 いつもの通りパノラマ写真から。

20081129  一塁側外野のパフォーマンスシートの輪郭が姿を現してきました。


工事予定表

Img_1089_2 























モニターテレビ

1_1

2

3

4

5

6_3

7

8_1













 ジェット風船について

 これまで、新球場ではジェット風船は使えないのではないかと言う話は聞いていましたが、レフト側パフォーマンスシートが姿を現すと、「なるほど」と思わせるような位置関係にありました。

Img_0769








 左の照明灯の下がパフォーマンス席。 広島市HPにある図面によると、最も高いところで25.455m。 これは7階建てに相当するそうです。 右を走っているのはJR山陽本線下り線。 1階平面図から推測すると、この間約30m位かと思われます。

 JR線路内まで風船が飛んで、どのような障害が想定されるのか分かりませんが、風の強い日には十分届きそうです。

 そうは言っても、今では欠かせないジェット風船。 関係者は、”重くする”、”口を大きくして空気が出やすくする”、”形も工夫する”など、飛び難い工夫を一生懸命開発されているそうです。

努力が実って、実用に耐える新しいジェット風船が出来る事を祈っています。


 球場からのスロープ工事に関する看板が出ていました。

Img_1072













 これを見ると、広島駅から出て、車や人通りの多い愛友市場の傍を通り、交通量の多い踏切を通り、トラックなどが出入りする道路を抜けて、広々した所からスロープを上がるようです。 どうも、球場の周りの道路と人の流れを分離して車の流れをスムースにするためでしょうか。 その割には、大洲通りの交差点は平面で人も車も行き交うようです。 
 スロープについては、今のところ看板だけでよく分かりません。 実際に工事が始まったら、また、報告します。
 第3回のブログを参考にして下さい。 この中でグーグルアースの地図上7番の位置ぐらいからスロープが始まるのではないでしょうか?

2008年11月29日 (土)

家紋(35)梅枝丸

35_img_1149  梅枝丸

 SIZE: 95w X 97h

 FABRIC: 25ct エタミン

 THREAD: DMC

 カラーバリエーション (4140、4200、 4210)

 ライトエフェクト E3821

 1 over 1

 KG チャートを使用して作成

 FREE CHART フリーチャート

 「ume-edamaru.pdf」をダウンロード

 「松竹梅」の最後、「梅」が何とか出来上がりました。 今回の「梅枝丸」、今までで一番、相性が悪かったようで、なかなか捗りませんでした。 出来上がった作品、実は間違いだらけです。 段はずれているし、目数は間違えているし・・・。 まあ、イメージが掴めればいいかと半ば強引に妥協しました。coldsweats01

「自分で作ったチャートなのに・・・。 何だか情けなくなってくる。」とこぼしていると、

「でも、図案は図案だろ。」と、たんたんがぐさりと一言。 はい、注意力が足りないだけです。weep

  後は仕上げですが、どうしようかと思案中です。 お正月までには時間があるので、ゆっくり考えることにします。 先にクリスマスものをどうにかしなくては!

 今回、4色使用しましたが、pdfは単色用になっています。 ガクと蕾は4210を、おしべは金のラメ糸を使用しています。 多色用のpdfを作成すればよかったのですが、時間がとれませんでした。 ごめんなさいね。 どうぞ好きなようにアレンジして下さいね。

健康管理_11月29日BMI=22.1

20081129_bmi221_2













2008年11月29日現在 BMI=22.1 先週と同じ。

 これから忘年会シーズンですね。beer  昨年は、金曜日に忘年会で、次の日、体重が突然増えた事が2回ありました。 まあ、一過性の事なのであまり気にしていませんが。

 忘年会=アルコール。 アルコールと言えば、飲むと血圧が上がるそうです。 また、暖かい部屋から急に外に出ると同じく血圧が上がります。 ここまではよく言われる事です。

 今年の夏、もう一つ、急に血圧が上がる経験をしました。 冷たい麦茶を一気に飲むとすぐ血圧が上がってしまいます。(試してみて、確認しました。) これは冷たいビールにも当てはまるのではないでしょうか。 乾杯などで注いだばかりのよく冷えたビールを一気に飲む場合にも当てはまりそうです。 

 血圧が気になる人で、忘年会などでやむなく飲まなければならない時は、冷たいビールの一気飲みは止めた方が良いでしょう。

 ちなみに私の血圧は120前後で特に問題は無いのですが、念のため今年はワインか日本酒にしようと思っています。 (酒量に気をつけながら。)

2008年11月28日 (金)

山の野鳥(008-05-01)_ハギマシコ

 先日、山で、何人もの人がデジスコを一点に集中させ、観察・撮影されているのに出くわしました。

「何がいるのですか?」

 デジスコを覗きながら「小鳥です!」と一言。 デジスコを持っていなかったのでどうやらバーダーとは思われなかったようで、軽くスルーされました。

 それでも、「何という小鳥ですか?」と引き下がらないで聞くと、女性の方が

「ハギマシコです。」と、小さな声で。

 この時は、どんな野鳥かも分からず便乗させてもらい、ハギマシコを撮ってきました。

Img_9722
















 いつも、明るい川で撮っているのに比べ、ここは日陰で暗いため思ったように撮れません。披写界深度が浅く、ピンぼけばかり。 アップで撮ろうとすると、シャッタースピードが遅くなり、ブレ写真ばかり。 おまけに、川などの明るいところで撮るより、日陰だと白っぽく写ってしまうようです。

 結局、沢山撮っても証拠写真のようなものばかりになってしまいました。

 そんな写真ですが、何枚かアップしてみます。

Img_9424 


Img_9683

 ♂と♀でしょうか。

つかず、離れず仲良く餌を啄んでいました。

Img_9732_2

 時には顔を見合わせて。














 私たちがバーダーと分かってからは、「こっちの方がよく撮れますよ。」とか、「動きが速いからとにかく連写で撮りなさい。」など皆さんにいろいろ教えていただき有意義な一日でした。

写真は撮ったものの、この時点では、マシコ類というのは図鑑で見て、名前は知っている程度で、私たちにとってはまだ、”ニャンコに小判”でした。

 帰って、改めて調べると、本州中部以北の冬鳥とあり、広島には滅多に来ないようです。 皆さんが夢中になるはずです。 

 山での撮影、川や海とまた違った難しさがありました。 又、初心に帰って練習です。

スズメ目 Passeriformes
亜目 スズメ亜目 Oscines
アトリ科 Fringillidae
亜科 ヒワ亜科 Carduelinae
 Leucosticte
ハギマシコ L. arctoa

                  英名:Asian rosy finch

2008年11月27日 (木)

山の麓のピッポさんのブログにリンクさせていただきました。

 北イタリア在住の”山の麓のピッポ”さんからコメントをいただき、早速、訪問させていただきました。happy01 

 最近、ブログを開設されたばかりというのが信じられないほど素敵なブログです。 その中に、フリーチャートのサイトを紹介されている記事があるのですが、これが素敵で、思わずよだれが・・・。 すぐにダウンロード行きになりました。

 これから、北イタリア地方の生活に詳しくなれそうで、楽しみが1つ増えました。 家に居ながら海外旅行をした気分に浸れるとは、何という幸せでしょう! 随分、得をした気分です。lovely

 ところで、定番の「家紋」ですが、今週は大幅に遅れそうです。 仕上がり次第、UPする予定です。

 

 

2008年11月26日 (水)

お城の野鳥(02-01)_ジョウビタキ

 美術館の周りで、蝉スズメと遊んだ後、お城へ。 この日は天気も良く、お城は混雑を避けた七五三やお宮参りの人で賑わっていました。 その為か、バーダーの方は一人も見かけませんでした。

 そんな中、まず出迎えてくれたのがジョウビタキ君

Img_1030
















 最初、梢を飛び回っていたのが、急に地面に降り立ち、ピョンピョンとこちらに来てくれました。 「お城へようこそ!」と歓迎してくれているようでした。

 しばらく尾を振って愛嬌を振りまいていましたが、ヒョイと振り返り、飛んでいってしまいました。

Img_1031

















 この日は残念ながら写真はこれだけです。

 他には、コゲラ、ヒヨドリ、ツグミ、ヒドリガモ、キンクハジロ、ホシハジロ、カワウ、その他に名前のよく分からない野鳥が数種。 堀の内側を3,40分、歩いただけでも、これだけ出会うことが出来ました。

 ここは、都会の中の緑のオアシスと言う事もあって、野鳥密度の高い場所のようです。 今度、時間がある時にゆっくりと訪ねてみたい場所です。


Canon デジタルX +EF-S 55-250mm 4-5.6 IS

2008年11月25日 (火)

お城の野鳥(01-01)_スズメ_(蝉スズメ)

 土曜日、球場巡りの解散後、せっかくだからとお城へ寄りました。 途中、美術館の傍を通ると、この時期、蝉?が留まっていました。

Img_1002_2











 よく見ると、スズメなのです。 こんな留まり方をする事もあるのですね。

 他にも可愛い姿があったので数ショット撮ってみました。

Img_1013_3
 滅多に見ない、凛々しい姿。















Img_1014_2

 首を傾げて瞑想中?





Img_1015_3
 あまりしつこく写真を撮っていたので、睨まれてしまいました。












この付近、沢山のスズメが飛び交っていました。 それに混じって、エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリなどが元気よく飛び交っていました。 市内の中心部に広がる緑。 野鳥達にとって格好のオアシスの様です。

今回は市民球場巡りと言う事もあって、デジスコ無しの下見でした。 これだけ野鳥がいれば、次回はぜひデジスコを持参しなくては。


Canon デジタルX + EF-S 55-250mm 4-5.6 IS

2008年11月24日 (月)

新広島市民球場(番外編_5後編)_DISCOVER_WEST_"新球場を巡るコース"に参加してきました。

 土曜日のDISCOVER WEST ハイキング 「メモリアル市民球場&夢の器 新球場をめぐるコース」 の続きです。

 コースは、市民球場正面玄関より入場→バックネット裏内野スタンド→記者室(報道室)→第2テレビ室→一塁側投球練習場→津田プレート→オールインロード→ドジャースプレート→12球団監督の色紙→市民球場玄関前で解散となります。

 的場から各々、市内電車で市民球場までやって来て、まずは勝鯉の森に集合。

Img_0954









 左の”V”の字がある記念碑が日本シリーズ優勝記念碑、ガイドの人の後ろにあるのがリーグ優勝記念碑。

 写真では見えませんが、リーグ優勝の石碑はもう追加のスペースはありませんが、日本シリーズの石碑の方はもう1回分彫り込む事が出来るのだそうです。

 これは何を意味しているのか? 今年、クライマックスシリーズ進出の可能性があった時、「今年も日本シリーズで優勝!」と暗示しているのではと言う噂が一部のファンの間に広がったそうです。 残念がら9月28日の最終戦で燃え尽きてしまいましたが。

 ちなみに、この勝鯉の森は市民球場がこの地にあった記念として、球場移転後もこの地に残すそうです。


 バックネット裏の内野スタンドでこれからの予定などを聞いて、記者室へImg_0958

記者席での説明

カープの生い立ち、市民球場の生い立ちなどの話がありました。







 ・戦後、プロ野球が2リーグになる時、「野球王国広島からもプロのチームを作ろう。」という話が持ち上がったそうです。その為には選手50人を集めて申請しなければならなかったのですが、石本監督は決まったものの、選手が集まらない。 一度に何チームも新球団が出来る上に、予算の問題。 カープが用意したのが当時の金で600万円。 それに対し、山口県の大洋ホエールズ(今の横浜ベイスターズ)が用意したのが6000万円。これじゃ、いくら広島が好きでも選手は来ない。 その為、他球団を止めて、他の職業に就いていた人に声をかけたり、昔、石本監督が高校野球の監督をしていた広島商業のOBでもう野球を止めている人にも声をかけてやっと申請したそうです。 そんな苦労をされている石本監督。 初優勝の時、監督の姿がテレビに映し出されていましたが、さぞかし感慨深いものがあった事でしょう。

 皮肉にも、大洋は身売りし、その後の変遷で今残っているのは、カープ、阪神、中日、巨人のみ。 改めて凄い事だと感激しました。

 ・市民球場で評判の悪い”西日問題”。 これの源泉も金にまつわる話のようです。

と言うのは、球場を作る費用は全て、広島の財界からの寄付でまかなったそうです。そのため、”正面入り口は市街地の方にして欲しい”という財界からの要望で、今のようになったそうです。 

 その他、外野の広告を見ながらの話など、いろいろ興味深い話がありましたが、長くなりますのでこの辺で。

Img_0955



 記者席は各メディアの指定席となっていました。 以前は、この席で優先席があったそうです。 出口に近い席が一番優先度が高かったのだそうです。 1秒でも早く情報を持ち帰るためで、主に中国新聞など地元のメディアが使っていたそうです。 ただ、最近は携帯や、パソコンが発達し、そんな優先順位も過去のものとなってしまっているそうです。
Img_0966













 テレビ室から見た球場。 この様な位置から解説していたのですね。 解説者が、「今のボールは・・・ 」などと解説していましたが、ここから目視で分かるのでしょうか。

 上部左の3つの影は照明器具です。



Img_0980

一塁側投球練習場

実際のマウンドと同じ条件で造ってあるそうです。 明るさも同じ条件という事で、天井には沢山の照明がついています。 夏、天井の照明を付けると暑くてたまらないそうです。





Img_0977

ちょっとブレていますが、9月28日最終戦の投球データが消されずに残っていました。 もう一枚漢字で書かれたものが、ありましたが、暗くてぶれてしまいました。 実際に見て下さい。



Img_0973

 オールインロード

売店に通ずる通路には壁に選手のサインが書かれているのですが、上段中央のサインがファンによって消されています。

しかし、サインの下にはしっかり名前が書いてありました。「25 阪神へ 新井貴浩」
















最後に、参加賞を頂き、ハイキング終了

Img_1051

Img_0993

子ども科学館前からセンター側(電光掲示板)を見たところ。

改めて、現市民球場を見るとやはり小さいですね。

Img_0986_2 
 23日はファン感謝デー、今朝の新聞によると過去最多の26000人詰めかけたそうですが、土曜日には通常の試合のように席取りがすでに始まっていました。

12月6日のOB戦も指定席は早々と売り切れています。

前日5日もこの様な、いや、これ以上の熾烈な席取合戦が繰り広げられるのでしょうか。













 なお、今回、メモも取らず、記憶をたどって思いつくままに書きました。 細かい点は聞き違いあるいは記憶落ちの部分があるかもしれません。 その節はご容赦下さい。

 今回のブログは、ほんの一部です。 ブログで書けない本音の話も多々ありました。

 通常、見る事の出来ない市民球場の施設も見る事が出来ます。 興味のある方は、一度参加されてみてはいかがですか。

2008年11月23日 (日)

新広島市民球場(番外編_5前編)_DISCOVER_WEST_"新球場を巡るコース"に参加してきました。

 一度は言ってみたいと思っていた、DISCOVER WEST ハイキングshoe 

「メモリアル市民球場&夢の器 新球場をめぐるコース」に参加してきました。

 集合は午前10時 JR広島駅南口噴水の前

Img_0920




 駅を出ると、すぐに写真のような幟を立てた人が受付をしていました。

今回、約100人弱。 ところが、まだ10時になっていないのに既に第一陣(約80名)は出発との事。

 このハイキングはこれまで7回実施され、延べ1000人位が参加しているそうです。 多い時は260人もいたそうです。 当初は20人くらいの参加を見込んでいたそうですが、予想外の参加に市民の熱意が感じられます。

 コースは、広島駅南口→愛友市場→新球場→路面電車→市民球場→記者室→一塁側投球練習場→津田プレート→正面玄関で解散で、約2時間半のコースです。

 今回は前編として、新広島市民球場までを取り上げます。

費用は、新旧球場間移動のための市内電車代大人150円のみです。

事前に簡単な説明があって、出発

Img_0931




Img_0939
愛友市場

いつもこのくらい賑わってくれれば良いのですが。

 愛友市場を通って、一旦大洲通りに出た後、荒神交差点を左折

Img_0946
 以前、紹介したことのあるカープ坊やのマンホール。

ここが、設置第一号だそうです。

色が付いたのが歩道用、色がないのが車道用だそうです。





Img_0952
 新球場説明












 新球場の説明は、球場手前の日通の敷地で行われました。(これだけの人数、見学スペースでは無理ですね。) いろいろ興味深い話がありました。いくつか紹介すると、

1. 上の写真で、クロスしているクレーンの左側にある黄色い横断幕。 この高さが、現市民球場の1階席の最上段の高さ。 さらに、その上の、パフォーマンスシートと内野を繋ぐ通路、これが2階席の高さだそうです。 

 また、現市民球場のグランドから外野の一番後ろの位置が、新市民球場では外野席(1塁側)の真ん中くらいになるそうです。 傾斜が緩やかで、シートの幅が広くなったためですが、その結果、「2階席の上から球場を見下ろすと、選手達は豆粒のようにしか見えないだろう。」との事でした。

2. 自由席は内野2階席のみとなるそうです。 その根拠は、現市民球場では外野には人が入るが、2階席にはほとんど入らない。 それではと、新球場では内野の2階席が自由席になるようです。 つまり、屋根のない外野は指定席で、屋根のある内野は自由席になるようです。 よって、ジュニアカープ会員は内野の2階席での観戦となり、尚かつ、内野自由席が売り切れたら、500人しか入れないそうです。 これまで、子どもがジュニア会員で、親が自由席で外野に入っていたのが、最悪の場合、子どもは入れなくなるかもしれません。 我が家の息子は「ホームランボールを捕るんだ。」と言って、グローブを持って行った事もありましたが、今回、ジュニア会員で内野2階自由席に入ると、ホームランボールは捕れません。 ファールボールでは寂しい・・・

3. 駐車場は作ろうと思えば、敷地内に3000台規模で作る事が出来るそうです。 しかし、車の出る方向は現在でも慢性的な渋滞の大洲街道しかなく、試合後1時間で出すには500台程度が精一杯のため、今回の駐車台数になったそうです。 なお、駐車場は観戦チケットとセットだそうです。

4. 新市民球場は住宅地の中に造るため、騒音などの関係で、トランペットなどの鳴り物の応援は、ライト、レフトのパフォーマンスシートのみとなるそうです。 満員の時は良いのですが、閑古鳥が鳴く様な試合の時・・・・想像するだけ悲しい、恐いものがあります。

 一方、応援団の人は、満員の時、一丸となった応援のコントロールが出来ないと心配していました。 こっちの心配が多くなってくれれば良いのですが。

5. アクセスとしては、最短はJR線路脇で、試合前後は歩行者専用となるようですが、時間が限られるようです。 その為、安全に行こうとすると、大洲街道がおすすめだそうです。

6. 球場の名称は命名権によって「MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島」と決まりましたが、これはあくまで呼称で、正式には「新広島市民球場」?だそうです。

 しかし、ほとんどの人は「球場へ行こう。」、もしくは「市民球場へ行こう。」と使うのではないかとの話でした。 やはり、MAZDA・・・は使いにくいようです。

7. 結論として、新広島市民球場は市の検討不足。 3年で色々見直しがかかるだろうとの事でした。 1年目は、まずお客が入るだろう。 2年目に問題噴出。 3年目に見直しと読んでいるそうです。 ただし、1年目、2年目が優勝争いに参加するような事になれば、また話は変わってくるでしょう。

 こんな楽しい話を熱く語って頂きました。(説明のほんの一部です。)

 なお、今回、メモも取らず、記憶をたどって思いつくままに書きました。 細かい点は聞き違いあるいは記憶落ちの部分があるかもしれません。 その節はご容赦下さい。

 ここから留学生会館の後ろを通って猿侯川へ

Img_0953
紅葉の猿侯川湖畔で橋の説明






 今回は、あくまで”ハイキング”という事で、途中、愛友市場や猿侯川でも説明がありました。(その説明は割愛しました。)

この後、市内電車で的場から原爆ドーム前まで移動し、現市民球場の見学をしました。

長くなりましたので一旦、ここまでとし、現市民球場は後編で報告します。

2008年11月22日 (土)

家紋(34)変わり切り竹笹

Su_img_1046

 変わり切り竹笹

 SIZE: 82w X 94h

 FABRIC: 25ct エタミン

 THREAD: DMC カラーバリエーション

         4050

         1 over 1

 KG チャートを使用して作成

 フリーチャート FREE CHART

 「kiritake-sasa.pdf」をダウンロード

 今週は何だかんだと忙しい1週間でした。 おまけに週半ばは例年より20日早い、初雪や初氷でとても寒く、なかなか針が持てませんでした。 

 すっかり遅くなりましたが、やっと仕上がりました。 色が明るいためか、和風の竹という感じがしないのが難ですが・・・。 

「熱帯地方の竹ならば、しっくりくる?」と、タンタンに聞くと

「何とも言い難い。」と一言。 この言葉が全てを語っています。 段初め糸を上手に使いこなすのはなかなか至難の業です。



Img_0998_2

 

健康管理_11月22日BMI=22.1

20081122_bmi221













 2008年11月22日現在 BMI=22.1


 微増です。 最近、夜のウオーキングを再開したり、バードウオッチングのシーズンに突入したため、自転車を少なめにしています。

 今の状態でエネルギーバランスが取れているようです。

2008年11月21日 (金)

川の野鳥(08-30-01)_コガモ

 先週の土曜日、昨日のマガモと同じく着替えの遅い子がもう一人いました。

 コガモちゃんです。 気が付くと、コガモはまだ瀬野川の野鳥シリーズに登場していませんでした。 よく出会うカモなのに。

 このコガモ、衣替えはもうすぐ終わるようです。 後は、頭の後ろの方だけのようです。

頭の後ろだけ見ると、白髪の老人のような感じです。

Img_9203














カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
マガモ属 Anas
コガモ A. crecca

                  英名:Common Teal


 こちらは衣替えとは縁のないお姉さん。 小春日和の中、気持ちよさそうに毛繕いをしていました。

Img_9208












TSN664 + IXY2000IS

2008年11月20日 (木)

川の野鳥(08-10-03)_マガモの劇的ビフォー・アフター

 寒い!

 昨日、広島市では初雪snowが舞い、今日は初氷が張ったそうです。

今日は、観測史上最も寒い11月だったそうです。


 先週の土曜日、ぽかぽか陽気の中、遅すぎる着替えをしているマガモさんがいました。

Img_9248














 左のマガモさんは既に着替えているのに、右のマガモさんはまだ着替えの真っ最中。 「こんなに暖かいのに、まだ着替えは早い!」と言いながら着替えているのでしょうか。

それを横目で見ている左のマガモさん。 「早くしないと!」と言いたそう。


 今回の寒波に、着替えは間に合ったのでしょうか。 

左のマガモさんはきっと右のマガモさんに言っている事でしょう。

「だから早く着替えるように言ったでしょ!」と。

2008年11月19日 (水)

クリスマスカレンダー(2)

2_img_0918_2 

クリスマスカレンダー 1976

「スウェーデンのクロスステッチ Ⅲ」より

    文化出版局  

    25CT エタミン

     DMC 815

 

 サンタの登場です。 残りは家と林、星空になります。 サイズでみると半分の出来上がりになりますが、残りの部分の方が刺す面積が多いため、約3分の1の仕上がりです。 頑張って11月中には仕上げる予定です。

 ところで、こういう風に途中経過をUPすることを息子に話すと、

「何でそういう事をするわけ? 途中経過をちまちまUPする必要はないと思うけれど。 完成品だけにしたら。」と反対されました。

「だって、そうしないと、なかなか完成しないから。」

「無駄だと思うよ。 大体、トラだって何度、せっついたことか。 あの時だってなかなか出来上がらなかったのだから。 完成品だけでいいよ。」

 大学受験の時、縁起担ぎで干支の寅を作ってあげると請け負ったものの、なかなか出来上がらなくて、やっと滑り止めセーフで間に合わせた事が息子にはどうやら苦い記憶となっているようです。 間に合ったからいいじゃないと思っているのは母親だけで、息子は受験に対する不安と重ねて随分、イライラしていたようです。 この件以来、母親のクロスステッチは完成しないものと思っているようです。 

 それでも、UPする方が少しは捗ると信じてここに載せておきます。 超亀ステッチャーが超、超、超・・・亀ステッチャーにならないために!

 

2008年11月18日 (火)

ひろしまドリミネーション2008に行ってきました

 今年も昨夜からひろしまドリミネーションが始まりました。 

天気予報によると週末は寒くなりそうなので、

「じゃあ、初日に行こう! 寒くならないうちに。」と何事にも遊びの好きな二人、早速、出かけてきました。

 作品はほとんどが去年を同じもので、新しいものが少し混じっていました。 ただし、設置場所、組合せはそれぞれ変えてありました。

 人出はそれほど多くありませんでしたが、それでも子ども連れやカップルなどが楽しんでいました。 そうそう、三脚とカメラをもったおじさんも沢山繰り出していました。(私もですが。)smile  アングルを色々変えて写真を撮った後、ふり向くと次の人が「やっと終わったか。」という顔で待っていました。

 携帯で写真を撮っている方も多かったですが、三脚無くて大丈夫かな?

 そういえば、携帯には三脚に付けるネジ部が無い?

 今回、最も感じた事。 それは、いつも担いでいるデジスコ(三脚 C214(INDURO) + 雲台 701RC2(Manfrotto) + フィールドスコープ TSN664(KOWA))に比べて、三脚 EL Carmagne435(Velbon) + 雲台 PHD-41Q(Velbon) + カメラ Canon デジタルXの軽い事。 まるで重さがないように、片手で楽々持ち運び出来ました。

 今シーズン、また行ってみたいと思います。 空気が澄んだ寒い日、クロススクリーンをかけて撮ってみたらどうだろうかと思っています。 トントンにクロススクリーンの話をしたら、

「デジスコにも付けてみて! ジョビちゃんなどの目が、きらんと光ったら可愛い! どんぐり目の片隅がきらりと光ったら・・・。」と興奮しきり。 どうも、アニメチックな空想をしているようです。

まずは雰囲気だけでもどうぞ。

Img_0802

ドラゴン

オレンジのは今年から?

Img_0811

ミルキーウエー

Img_0821

フェニックス

これは昨年にもありました。

Img_0827

帆船

今年から?

Img_0881

紫の回廊

Img_0886

緑の回廊

Img_0899

上手に撮ってね。










*写真のタイトルは私の主観です。 正式名称は実際に現地で確かめて下さい。

2008年11月17日 (月)

川の野鳥(08-29-01)_ジョウビタキ

 一昨日の土曜日は先週とはうって変わり暖かい小春日和でした。 一枚余分に着た服が汗を呼ぶ一日でした。

 この日、ジョウビタキのメスに出会いました。 今シーズン初めてです。 逆光の中、反対を向いていましたが、「ジョビちゃん!」と呼ぶと(心の中で)振り返ってくれました。

 くっきりした紋付きを着た、ジョビちゃんの見返り美人です。 向こう向きのまま、しきりと、”今シーズンもよろしく”とばかり、お辞儀をしていました。

Img_9197










: スズメ目 Passeriformes
: ツグミ科ヒタキ科Turdidae
: ジョウビタキ属 Phoenicurus
: ジョウビタキ P. auroreus

                英名:Daurian Redstart


 もう一枚

 小春日和の中、柔らかな光りに包まれて、静かにたたずむジョビちゃんです。

Img_9176












TSN664 + IXY2000IS

2008年11月16日 (日)

新広島市民球場の工事現場(19)_JR天神川駅から歩いてみました。結構使えそうです。

 新広島市民球場への交通手段として車を考えている人には一考する価値があるかも・・・。 天神川方面からのアクセスですが、関西方面から車で来る人にとっては、特に便利に使えそうです。(また、球場を占拠する阪神ファンが増えてしまうかも?)

 今朝の中国新聞に”新広島市民球場への交通アクセスに頭を悩ませている。”という内容の記事が出ていました。 このブログでも当初から取り上げています。 何を今更という思いです。 記事の中で、”広島市が進めるアクセス関連事業”というのが紹介され、中に事業費未定としながらも天神川駅方面への歩道新設というのがありました。 一度は歩いてみたいと思っていたコース。 今日、急遽歩いてみました。

 その前に、いつもの写真。

081115  1塁側外野席、何やら高い足場が組まれています。 これから2階席を作るようです。


Img_0727_2 
 予定では、コンクリート工事は11月19日までとなっています。

 いよいよ、工事も佳境に入ってきました。












テレビモニター

最近日差しが弱くなったためか、反射が少なくなって写真写りが良くなりました。

1_1

 ダッグアウトは何処?  砂かぶり席の隣はカメラマン席?

2_2

6_2  芝生の切れ目もはっきりしてきました。

これは土? 陸上のトラックコースのようなもの?

4_2

 電光掲示板は少し球場内側に傾いている?

5_2

6_3_2

7_2

8_1_2  砂かぶり席が出来たお陰で、内野席最前列からはグランドが遠くなりました。

  


 JR天神川駅から歩いてみて

まずは、付近の地図をグーグルアースから

Photo_2  球場正面と思われる位置まで、JR広島駅から約900m、JR天神川駅からは約1500mです。

Img_0775 ① JR天神川駅上り方面改札口

Img_0779 ②JR天神川駅下り改札口










 ここで、わざわざ上り改札口、下り改札口と書いたのは、実は上りのホームと下りのホームがつながっていないためです。

Photo_3

Img_0783 ②から球場方面

広くありませんが、1本道です。

Img_0786 ③唯一のネックがここ

ガードがあって、真っ直ぐには行けません。

Img_0788  向こう側に真っ直ぐ行こうとすると、上の写真の青い車のように、”コ”の字にガードの出口を横切らなくてはなりません。

Img_0794  このガード、JRの南北をつなぐ、重要な道路です。

その割には歩道もなく、歩行者が通るのは実質的に不可能。

Img_0799 ③から球場方面

ガードを抜けると、また一本道

Img_0800 ④でちょっとカーブになります。 照明灯も見えてきました。

Img_0758_3 ⑤の位置まで来ると、バックネット側に出ます。








 距離は広島駅からより遠くなり、歩道も、白線で仕切られただけですが、ほとんど直線道路で歩きやすいコースです。 信号もなく、段差もありません。

ただし、③の位置のガード、ここは要注意です。くれぐれも車に気をつけて!  ここには白線で仕切られた歩道もありません。



 実は、本当のメリットは別の所にあります。

 上のグーグルマップで天神川駅から約300m上にある白い施設。 これはショッピングセンター であるダイヤモンドシティー、ソレイユです。 その右にある白い線は、今工事中の山陽自動車道から宇品方面に抜ける高速道路です。 最寄りのインター(広島東?)からそんなに遠くありません。

駐車スペース:4300台 18:00以降の入庫は当日出庫に限り無料。

球場での弁当、飲み物もゆっくり買いそろえる事が出来ます。 早く来れば、ウインドウショッピング、映画館、本屋さん、ゲームセンターなどで十分に時間つぶしができます。

高速道路が一律1000円になろうかという時、関西方面から車で来る人には願ってもない事かもしれません。


 こう見てくると、どうも広島駅周辺より、天神川駅周辺の方が使い勝手が良いようです。

 広島市は、この時期になってもアクセス問題で頭を悩ましているようですが、もっと真剣に考えた上で球場建設の計画を練って欲しかったと思います。

ローマ軍は道路を造って、戦争を始めたそうです。

2008年11月15日 (土)

健康管理_11月15日_BMI=22.1

20081115bmi221











2008年11月15日現在 BMI=22.1


 今日は、よく歩きました。 バードウオッチングで約15,000歩。 新広島市民球場で約10,000歩。 合計約25,000歩となりました。


 そのお陰か、バードウオッチングでは至る所でカワセミに出会いました。

ただし、残念ながら飛んでいる姿ばかりで写真は撮れませんでした。

2008年11月14日 (金)

家紋(33)光琳根上がり松

Img_0665  光琳根上がり松

 

SIZE: 93w X 93h

FABRIC: 25ct エタミン

THREAD: DMC カラーバリエーション 

        4140, 4045

        1 over 1

フリーチャート FREE CHART

「kourin-matu.pdf」をダウンロード  

 

 先週に引き続いて「松」の家紋です。 

 先週、「お正月=お目出度い、お目出度い=松竹梅、鶴亀」という安直な発想から「松」を選び、図案化しました。 しかし、せっかくだから「松竹梅」と並べて飾りたいと思った時、先週の「一つ松」では「竹」、「梅」の家紋とのバランスがなかなか上手にとれませんでした。 

 そこで、別の「松」の再登場となりました。 「松竹梅」、「鶴亀」の他にもお目出度い「紋」はたくさんあるというのに・・・。 最初に3つのバランスを考えて、きちんと選んでおけばよかったなと後悔しています。despair 

 来週は一応、「竹」をUPする予定です。

2008年11月13日 (木)

川の野鳥(08-28-01)_スズガモ

 今日はスズガモです。

実は、撮影している時には全く気が付きませんでした。 キンクロハジロ達と一緒に泳いでいたので、キンクロハジロだとばかり思っていました。 写真を整理中、たまたま嘴の根元が白いカモがいたので、調べて見ると、スズガモのメスでした。

Img_8596














 そのため、今回は写真が1枚しかありません。 オスもいたのでしょうが、気が付きませんでした。 まだまだ注意力が足らないようです。

 名前の由来は、飛ぶ時の羽音が金属質で鈴の音に似ているからだそうです。

 ここでは、1羽だけでしたから、音を判別するのは無理ですが、東京湾では大群をなしているとの事。 大群の鈴の音、一度聞いてみたいものです。

: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Aythya
: スズガモ A.marila

                  英名:Greater Scaup

TSN664 + IXY2000

2008年11月12日 (水)

川の野鳥(08-27-01)_キンクロハジロ

 今日はキンクハジロです。

Img_8896_2 










: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Aythya
: A.fuligula

                  英名 :Tufted Duck

 横から見ると可愛いのですが、正面から見ると結構、恐い顔つきをしています。

Img_8583















 キンクロハジロも潜水タイプのカモです。 今回、潜る瞬間の写真を撮って驚いたのですが、水の中に入る時の水しぶきの少ない事。 まるで、高板飛び込みの選手が入水する時の水しぶきのようです。 水中の餌を採る時、音を立てない為なのでしょうか?

*写真は一連の連続写真ではありません。

Img_8806 Img_8812 Img_8797












 TSN664 + IXY2000IS

2008年11月11日 (火)

クリスマスカレンダー(1)

Img_0658  クリスマスカレンダー 1976

 「スウェーデンのクロスステッチ Ⅲ」より

    文化出版局  

    25CT エタミン

     DMC 815

 クリスマスが近づいているのにクリスマスものをチクチクしないのは何だか寂しい、でも、大きな作品は今更、間に合わないけれど、このクリスマスカレンダーなら間に合うかもと思い立ち、急遽、始めました。

 指定通り、リネン布、花糸を使用した方が素朴な感じで味わい深いのですが、残念ながら手元に材料がありません。 通販で揃えようかなとも思いましたが、つい余分な買い物をしてしまいそうなため、それは諦めました。 

 このシリーズ、どれも可愛くて、なかなか1つには絞れません。 時間の制約があるため、比較的刺す面積が少なそうなものを選びました。 

 いずれは何点か並べて飾りたいために、ミニのサイズにしました。 クリスマスまでに最低でもこのカレンダーだけは完成するつもりです。

  

2008年11月10日 (月)

川の野鳥(08-26-01)_オカヨシガモ

 土曜日は久しぶりに雨が降りました。rain  車で瀬野川を通りかかると沢山のカモ達が戻っていました。

 日曜日、早々にデジスコを担いで出かけました。 いました、いました、ホシハジロ、カイツブリ、オカヨシガモ、その他数種類のカモたち。 今週は水辺の野鳥シリーズです。

まずは、オカヨシガモのオス

Img_8933_2











 今回の群れは、ホシハジロがメインで、その中に5~6羽混じって泳いでいました。

他のカモのオスと比べると色彩的に、地味なカモですが、背中の茶色い羽の模様、黒い嘴、黄色い足が特徴的です。

Img_8914_2 















メスも交えた3羽で移動中。 




 この日はとても寒い朝でした。 これまでが暖かかったので、うっかり薄着で出かけてしまいました。 川沿いでデジスコを覗きながら立っていると、寒さが身に凍みてきました。

もう、防寒具が要る季節だと、つくづく実感しました。 あまりの寒さのため、早々に切り上げました。

 午後はお城でも行ってみようと思っていましたが、体調が悪く、取りやめました。 いくら鳥が好きだと言っても寒さには勝てませんでした。 これからのバードウォッチングにはしっかりした防寒対策が必要だと思い知った一日でした。

2008年11月 9日 (日)

新広島市民球場(番外編_4)_新市民球場で○○を探せ!

 広島市は、粋な遊び心で見学スペースを訪れる人を楽しませてくれます。

 ちょっと見ただけでは分かりませんが、見学スペース内をじっくり見ると、一種の隠し球がありました。


 それは、内野2階席席から見た完成予想図です。

 昔、息子が好きだった本で”ウオーリーを探せ”という絵本がありました。 沢山の人物が描かれた中から、ウオーリーという人物を捜し出す設定の本です。

 今回の見学スペースでの遊び心は、その絵本と似た感じで、沢山の人の中から同じ人物を捜し出すという設定のようです。 まず、写真を見て下さい。

Img_0434  この中に、同じ人物が何カ所か存在しています。(左右反対になっている場合もあります。) 

 例えば、

Img_0432












 黄色の服で、何かを食べている男性。 左右反対になっていますが、同じ写真が使われています。


 この様に、何種類かの写真が、あるものは左右を入れ替え、またあるものは大きさを変えて配置されています。 見学スペースに行かれたら、一度探してみてはいかがですか? ただし、正解はどこにもありません。 (おそらく?)

 見学スペース、立ち寄って、球場の工事現場を”ちらっ”と見てすぐに帰る方もいらっしゃいますが、もしかしたら、他にも遊び心が隠されているかもしれません。



 新広島市民球場の名前が決まりました。

 ”MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島”だそうです。

 何と呼びにくい名前でしょうか。 名前を決めるにあたり、最終選考に残ったものをそのまま並べただけのような、センスの無い名前と思うのは私だけでしょうか。

 いっそ、落語の”寿限無”のように全部の名前を出せば良かったのでは。

 例えば、車種を入れて、”MAZDA Zoom-Zoom アクセラ カペラ ロードスター ・・・・ スタジアム 広島” なんて言うのはどうでしょうか。

 これなら、寿限無のように簡略化した愛称が自然発生的に出てくるのではないでしょうか。 いわゆる一般公募、市民が決める名前です。

 洗練された、美しいもの、センスがあるものは、シンプルです。 


 トントンも「最悪のネーミング。 いかにも田舎球団という感じがプンプンする。 球場のイメージが変わってしまう。」とプリプリしています。angry

 そう言うわけで、我が家では当面、”新市民球場”と呼ぶ事にしました。

よって、ブログのタイトルもこれまで通りです。

2008年11月 8日 (土)

健康管理_11月08日BMI=22.2

2008118_bmi222













 2008年11月8日現在 BMI=22.2


 ここ数週間、右肩上がりに体重が増えました。 (景気もこうであって欲しい...)

先日の、”シニアはちょっと太めが良い!”というのは、どの程度なのでしょうか?

しかし、”このちょっと太め”、油断しているとすぐに”かなり太め”に変身してしまいます。

 自分の体が楽に動くのが一番。当初の目標通り、グラフの22.5以下のエリアで押さえたいと思います。(エリアの上の方で)

2008年11月 7日 (金)

山の野鳥(008-04-02)_物思いにふけるホオジロ

 梢で、ホオジロが物思いにふけっていました。 秋ですね。

Img_8493










 ホオジロといえば、草むらの上などをせわしなく動き回ったり、梢で綺麗な声でさえずっているイメージが強いのですが、このホオジロ、梢で静かに物思いにふけっていました。

一体、何を思っているのでしょうか?



 今度は石の上でたたずむ、お姉さん

Img_8465











 デジスコデビューで始めてまともに撮ったのが、ホオジロでした。

記念にKOWAの壁紙ギャラリーに投稿したところ、7月のカレンダーに採用されました。

こんな事もあって、一層愛着がわきます。

TSN664 + IXY2000

2008年11月 6日 (木)

家紋(32)一つ松

Img_0462  「一つ松」
SIZE: 93w X 63h

FABRIC: 25ct エタミン

THREAD: DMC カラーバリエーション

       4045, 4140 

         1 over 1

 KG チャートを使用して作成  

 FREE CHART フリーチャート

 「hitotumatu.pdf」をダウンロード

 街ではクリスマスxmasのディスプレイが目立つようになりました。 しかし、残念なことに家紋にクリスマスものはありません。 その代わりに、今週からはお正月に関係する家紋をUPしていこうと思っています。 手始めに「一つ松」を図案にしてみました。

 いつもの段初め糸でもいいのですが、お正月だから少し華やかにと思い、カラーバリエーションを使用してみました。

 ただ、刺し方が悪かったのでしょうか、たんたんは

「何だか地層にそっくり。 地層松だ!」と言っています。 そう言われると確かにそう見えます。 まあ、地層が出来るには何百年、何千年の歳月を要するのだから、それからすると、この松は長寿を保っていることになる、 目出度い限りだと苦しい屁理屈で自分を納得させています。

 それよりも、この図案、「千と千尋の神隠し」の「湯婆婆」に何だか似ていると思いませんか? 湯婆婆の頭の感じと松葉が微妙にそっくり。 「千と千尋の神隠し」をまた見たくなりました。

2008年11月 5日 (水)

川の野鳥(08-08-03)_カワセミ

 今日はカワセミです。 これまでの所とは、また別の場所での出会いでした。 この時は、トントンもEOSデジタルXで撮影したので、併せてUPし、比較してみました。

Img_8304

TSN664 + IXY2000

f 13.7mm

トリミングなし






Img_0373_2

EOSデジタルX

EF-S 55-250mm IS

f 235mm

トリミングあり










もう1カット

Img_8320

TSN664 + IXY2000

f 13.7mm

トリミングなし

Img_0374

EOSデジタルX

EF-S 55-250mm IS

f 235mm

トリミングあり











 いずれの写真も、ほぼ同じ所から撮ったものです。 EOSの方はRAWで撮影し600X450のサイズにトリミングし、JPEGに落としたものです。 当然、印刷すれば両者の違いは一目瞭然ですが、モニターで見る限り極端な差はありません。 もう少し大きな野鳥では、壁紙などには十分利用できそうです。

 デジスコは、ピントさえ合えば、素晴らしい写真が撮れるのですが、なかなか思うようには撮れません。 それに対し、オートフォーカスの使えるEOS+EF-S 55-250mmでこれだけ撮れれば、EF 100-400mm位に1.4倍のテレコンをつければ、印刷しても十分使えそうな気がします。 

 今、新しいカメラ、レンズがどんどん発表されています。 ついつい、そっちに目がいく”たんたん”です。 (トントンからは「デジスコを使いこなしてからにしたら。」とブレーキをかけられています。)weep

2008年11月 4日 (火)

川の野鳥(08-25-01)_ノビタキモズ?

 モズと言えば高い木の”てっぺん”で高鳴きをしている姿をまず思い浮かべますが、この時のモズはノビタキ風に低いところに留まっていました。 ということで、我が家では、勝手にノビタキモズと呼んでいます。Img_7430









 ポーズはノビタキ風でも、嘴はしっかりモズの嘴です。

 この写真を撮った日は、丁度、株価が今年1番の最安値をつけた日でした。

 トントンは、「いくら金融危機だからと言っても、何もモズまで株価に合わせるように低い所に留まらなくてもよいのに。 野鳥まで敏感に世相に反応して・・・。」とぶつぶつ言っていました。

 最近、株価も少しは落ち着いたようで、やっとこの写真をUPすることが出来ます。



しかし、やはりモズといったらこれが似合います。 株価が戻って、景気がよくなるようにいつものモズの写真をアップしておきます。

Img_7384













TSN664 + IXY2000IS

2008年11月 3日 (月)

山の野鳥(008-03-01)_エナガ

 久々に山へ行きました。  11月は”紅葉祭り”という事で、今日も親子連れで賑わっていました。

 その中で、山道を歩いていると、突然、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラなどの群れが現れ、十数メートル前の木々の間を三つ巴で賑やかに飛び回り始めました。

 とっさにスコープを向けて撮ったのが下の写真です。

Img_8516









 エナガくんをはじめとして、これらの小鳥さんは落ち着きなく飛び回っているため、なかなか撮れませんでしたが、その中でやっと撮ったのがこの写真です。

 ご馳走をゲットして、少し動きが鈍ったのでしょうか?


Img_8515
















 もう1枚。 上の写真の数秒前です。 尾が枝の様にピンと伸びています。


 これらの群れ、わずか数分でよそに飛び立ってしまいました。


 今回のように、群れが縦横無尽に動き回ると、双眼鏡、スコープを何処に向けようか、迷ってしまいます。 これも、あれもと欲を出すと、”二兎追う者一兎も獲ず。”になってしまいそうです。 たんたんは辛うじて、エナガを撮れましたが、トントンは早々と双眼鏡を諦め、肉眼で呆然と群れの動きを見ていたそうです。

トントン曰く 「目が回った!」



後には、コゲラのドラミングだけが余韻のように響いていました。


TSN664 + IXY2000IS

2008年11月 2日 (日)

新広島市民球場の工事現場(18)_スタンドはシートを取り付けるばかり、球場周辺も整備が始まる

 まずは、見学スペースからの様子081101

 内野および外野の外には保護ネットが残っていますが、かなり外観は出来ています。


JRからの様子

Img_8406  今は、内部の様子はほとんど見る事が出来ません。

(次回からは削除)






工事予定表

Photo
























モニターテレビ

 球場内は、スタンドの足場がすっかりなくなり、シートの設置を待つばかりとなっています。 芝生も綺麗に刈り込まれ、今すぐにでも使用できそうです。1_1

2

3

 右端中央は芝刈機です。

もう、綺麗に芝が刈り込まれています。

4

 さすがに、電光掲示板は時間がかかるようです。

5

 問題の、狭いレフト外野スタンド。

6_3

7

8_1

 この角度で見ると、傾斜が緩やかなのがよく分かります。










 今日は、球場の周辺から撮ってみました。081101_4  
        まずは、広島から呉方面に行くバス通りからの様子

 車が止まっているのは、元宇品線の跡の道路。 バス通りと交差点からJR側を見た様子。 右端が見学スペース。 車の上の四角な部分が、正面ゲートの様です。 外側を覆っていた防護シートがなくなり、その威容が姿を現しています。


081101_3  球場の裏、JR添いの道路からの様子。レフトの2階席もシートを待つばかり。

球場に上がるオレンジ色のスロープも姿を見せています。



Img_8414  JRからの様子














 中央の白いフェンスから上がこれまでの工事現場。 下の道路がこれまで通っていた道路。 今は、球場のすぐそばに新しい道路ができ、球場を間近に見る事ができます。


Img_0448




 間近に見た正面ゲート。 ゲートを中央に、左右に登る階段があります。



Img_0445 Img_0455














 あちこちで、道路工事が始まっています。



Img_0452








 それらの道路工事の中で、これは、これまで空き地だった元宇品線の線路跡。

何ができるのか、一生懸命コンクリートの舗装などを撤去していました。

何か建物ができたら、宇品線の復活ができなくなってしまいます。 地下鉄にしてでも作って欲しいと思います。



 ここでちょっと余談。 私ごとですが、今日、法事がありました。その席での話。

 その老人は、戦前戦後、広島駅の近くに住んでいて、宇品線は生活路線だったそうです。

 当時、広島駅から新広島市民球場横を通って、すぐそばの猿侯川までの間に、愛宕駅と大洲駅?の二つの駅があったそうです。 今の路面電車と同じ感覚だったようです。

 以前、このブログで宇品線の事を取り上げた時、波止場まで線路があったと書きましたが、その老人が利用している時は現在1万トンバースと呼ばれている宇品港のあたりまでだったそうです。 また、線路の沿線には中小の工場がひしめき、利用者もかなりあったそうです。

 最も驚いたのは、現在の広島大学霞キャンパスのあたりに広島県庁があり、そこの職員も当然利用していたとの事。 「え! 県庁が?」 半信半疑でネットで調べると1946年から1956年まで確かにそこにありました。
 もし、県庁が現在までその場所にあったならば、戦後の広島の歴史は大きく変わっていたでしょう。

長くなりました。 今日はこれまでとします。


2008年11月 1日 (土)

健康管理_11月01日BMI=22.0

20081101_bmi220












 2008年11月1日現在 BMI=22.0


 今週、会社でヨーガ教室が開催され、参加してきました。

当初1日の予定だったのですが、希望者多数により2日に分けて開催されました。

1回の参加者は約15人程度、男性が5人(全員おじさん)、女性は多くが若い人でした。


 先生の動作を真似て、呼吸に合わせポーズを取っていくのですが、当然、先生のようには体が動きません。 

「出来る範囲で、やって下さい。 ただし、呼吸だけは忘れないで下さい。」との事。

呼吸を忘れるとはおかしな表現ですが、精一杯体を動かそうとした時、動作に集中するあまり、ついつい息をとめてやる事があるのだそうです。 そうすると、次の日、筋肉痛になりやすいそうです。

 約一時間の運動で、思ったより汗をかきました。 それよりびっくりしたのは、終わったと、”ボー”とした状態になった事でした。 約30分休んでから帰りましたが、何か効果があったようです。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »