2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 家紋(34)変わり切り竹笹 | トップページ | 新広島市民球場(番外編_5後編)_DISCOVER_WEST_"新球場を巡るコース"に参加してきました。 »

2008年11月23日 (日)

新広島市民球場(番外編_5前編)_DISCOVER_WEST_"新球場を巡るコース"に参加してきました。

 一度は言ってみたいと思っていた、DISCOVER WEST ハイキング 

「メモリアル市民球場&夢の器 新球場をめぐるコース」に参加してきました。

 集合は午前10時 JR広島駅南口噴水の前

Img_0920




 駅を出ると、すぐに写真のような幟を立てた人が受付をしていました。

今回、約100人弱。 ところが、まだ10時になっていないのに既に第一陣(約80名)は出発との事。

 このハイキングはこれまで7回実施され、延べ1000人位が参加しているそうです。 多い時は260人もいたそうです。 当初は20人くらいの参加を見込んでいたそうですが、予想外の参加に市民の熱意が感じられます。

 コースは、広島駅南口→愛友市場→新球場→路面電車→市民球場→記者室→一塁側投球練習場→津田プレート→正面玄関で解散で、約2時間半のコースです。

 今回は前編として、新広島市民球場までを取り上げます。

費用は、新旧球場間移動のための市内電車代大人150円のみです。

事前に簡単な説明があって、出発

Img_0931




Img_0939
愛友市場

いつもこのくらい賑わってくれれば良いのですが。

 愛友市場を通って、一旦大洲通りに出た後、荒神交差点を左折

Img_0946
 以前、紹介したことのあるカープ坊やのマンホール。

ここが、設置第一号だそうです。

色が付いたのが歩道用、色がないのが車道用だそうです。





Img_0952
 新球場説明












 新球場の説明は、球場手前の日通の敷地で行われました。(これだけの人数、見学スペースでは無理ですね。) いろいろ興味深い話がありました。いくつか紹介すると、

1. 上の写真で、クロスしているクレーンの左側にある黄色い横断幕。 この高さが、現市民球場の1階席の最上段の高さ。 さらに、その上の、パフォーマンスシートと内野を繋ぐ通路、これが2階席の高さだそうです。 

 また、現市民球場のグランドから外野の一番後ろの位置が、新市民球場では外野席(1塁側)の真ん中くらいになるそうです。 傾斜が緩やかで、シートの幅が広くなったためですが、その結果、「2階席の上から球場を見下ろすと、選手達は豆粒のようにしか見えないだろう。」との事でした。

2. 自由席は内野2階席のみとなるそうです。 その根拠は、現市民球場では外野には人が入るが、2階席にはほとんど入らない。 それではと、新球場では内野の2階席が自由席になるようです。 つまり、屋根のない外野は指定席で、屋根のある内野は自由席になるようです。 よって、ジュニアカープ会員は内野の2階席での観戦となり、尚かつ、内野自由席が売り切れたら、500人しか入れないそうです。 これまで、子どもがジュニア会員で、親が自由席で外野に入っていたのが、最悪の場合、子どもは入れなくなるかもしれません。 我が家の息子は「ホームランボールを捕るんだ。」と言って、グローブを持って行った事もありましたが、今回、ジュニア会員で内野2階自由席に入ると、ホームランボールは捕れません。 ファールボールでは寂しい・・・

3. 駐車場は作ろうと思えば、敷地内に3000台規模で作る事が出来るそうです。 しかし、車の出る方向は現在でも慢性的な渋滞の大洲街道しかなく、試合後1時間で出すには500台程度が精一杯のため、今回の駐車台数になったそうです。 なお、駐車場は観戦チケットとセットだそうです。

4. 新市民球場は住宅地の中に造るため、騒音などの関係で、トランペットなどの鳴り物の応援は、ライト、レフトのパフォーマンスシートのみとなるそうです。 満員の時は良いのですが、閑古鳥が鳴く様な試合の時・・・・想像するだけ悲しい、恐いものがあります。

 一方、応援団の人は、満員の時、一丸となった応援のコントロールが出来ないと心配していました。 こっちの心配が多くなってくれれば良いのですが。

5. アクセスとしては、最短はJR線路脇で、試合前後は歩行者専用となるようですが、時間が限られるようです。 その為、安全に行こうとすると、大洲街道がおすすめだそうです。

6. 球場の名称は命名権によって「MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島」と決まりましたが、これはあくまで呼称で、正式には「新広島市民球場」?だそうです。

 しかし、ほとんどの人は「球場へ行こう。」、もしくは「市民球場へ行こう。」と使うのではないかとの話でした。 やはり、MAZDA・・・は使いにくいようです。

7. 結論として、新広島市民球場は市の検討不足。 3年で色々見直しがかかるだろうとの事でした。 1年目は、まずお客が入るだろう。 2年目に問題噴出。 3年目に見直しと読んでいるそうです。 ただし、1年目、2年目が優勝争いに参加するような事になれば、また話は変わってくるでしょう。

 こんな楽しい話を熱く語って頂きました。(説明のほんの一部です。)

 なお、今回、メモも取らず、記憶をたどって思いつくままに書きました。 細かい点は聞き違いあるいは記憶落ちの部分があるかもしれません。 その節はご容赦下さい。

 ここから留学生会館の後ろを通って猿侯川へ

Img_0953
紅葉の猿侯川湖畔で橋の説明






 今回は、あくまで”ハイキング”という事で、途中、愛友市場や猿侯川でも説明がありました。(その説明は割愛しました。)

この後、市内電車で的場から原爆ドーム前まで移動し、現市民球場の見学をしました。

長くなりましたので一旦、ここまでとし、現市民球場は後編で報告します。

« 家紋(34)変わり切り竹笹 | トップページ | 新広島市民球場(番外編_5後編)_DISCOVER_WEST_"新球場を巡るコース"に参加してきました。 »

新広島市民球場」カテゴリの記事

コメント

いちおう読ませていただいましたが、何点か補足を・・・

まず新球場の交通処理については、西側から一般車両・東側からバス・タクシーを試合終了後は出口とする計画で、
後者については、新球場~平和橋~段原~比治山トンネル~平和大通りのルートになる見込みです。

このルートは片側2車線で、段原区間については来年3月に開通する予定になっています。
市内中心部・西区・宇品方面から来場する車は、主にこのルートを使うことになるかと思います。
駐車場のキャパ500台の計画は、大州通りのみで車両を処理することを想定して造られているので、新ルートが問題なければ、もう少しキャパは増えるかもしれません。
2010年度中に球場周辺の賑わい施設がオープンすることになっているので、駐車場が見直されるとすれば「そこ」だと思います。

広島駅~新球場までの歩行者専用道路化については、試合開始前1時間と試合終了後1時間とアナウンスされていますが、確かにより周知を徹底しなければいけませんね。
個人的には、路面電車で広島駅に向かう途中、的場町電停でさっさと降りて、大州通りを通って球場入りするでしょうがw

「パフォーマンスシートのみで鳴り物OK」については、要は応援団をそこへ集めることを目的としているもので、他の席についてはメガホンを叩くことなどはOKです。
前々から応援団の過剰な外野自由席占拠に対して、一般客からクレームが入っていたので、球団が対応するということでしょうね。

BBMさんコメントありがとうございました。 また、貴重な情報もありがとうございました。 その中で、ちょっと気になる事が2点ほど。

・市内電車の的場駅は使えません。
 今回わずか100人足らずの球場巡りハイキングでも、的場駅での乗り換えの際、何人も車道にはみ出てしまい、はらはらしました。 球場アクセスとしては勧めるべきではないと思います。

・応援団が疎外されているように受け取れます。
 応援方法に問題があるのも事実です。 でも、応援団も大事なファンの一人です。 一カ所に隔離するという安易な発想は良くないと思います。 特に、遠くからわざわざやって来られたビジターの応援団の人には失礼ではないでしょうか。

貴重な情報ありがとうございました。
とても分かりやすく参考になりました!

 通りすがりさん、コメントありがとうございました。 ブログの記事は、ほんの一部です。 
 機会があれば、参加されてみてはいかがでしょうか。 もっと面白い話が聞けるかも?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家紋(34)変わり切り竹笹 | トップページ | 新広島市民球場(番外編_5後編)_DISCOVER_WEST_"新球場を巡るコース"に参加してきました。 »