2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 川の野鳥(08-17-01)_ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥) | トップページ | 家紋(28)五つ追い銀杏に花菱 »

2008年10月 8日 (水)

ある川の野鳥_逃げる事の出来なかったスズメ

 土曜日、新広島市民球場からの帰り、近くの川のほとりを歩いていました。 すると岸辺の草むらに沢山のスズメがいました。 臆病なスズメですから、当然、近づくとすぐに逃げるのですが、その中で一羽、近づいても逃げないスズメがいました。

Img_0213

Canon EOS Kiss Digital X

EF-S 55-250mm IS

ISO 100  SS 1/200

F 5.6 +2/3

F 250mm

トリミングあり


 よく見ると、”toilet”の最中でした。 丁度、悪い所に出くわしたようで、”逃げたいのに・・・、逃げたいのに・・・。” と、こちらを睨みながらの用足しでした。 すっきりしたら、一目散に逃げていきました。


 この川のほとり、スズメが沢山群れています。

Img_0149_2Canon EOS Kiss Digital X

EF-S 55-250mm IS

ISO 100  SS 1/40

F 5.6 +2/3

F 250mm 
 この日はデジスコを持ってきていなかったのですが、いつかデジスコでも撮ってみたいと思います。


 スズメと言えば、私が住んでいるマンションの中庭には大きな木(プラタナス?)があり、それをねぐらにしています。 早朝、まだデジスコが使えない時間にピーチク、パーチクとご出勤。 夕方、デジスコが使えなくなった時間に、またもピーチク、パーチクとご帰還。 昼間は全く姿を見せません。

 そんなスズメ達、今日の夕方は一段と賑やかでした。 何事かと思ったら、いつもはとまらない手すりや、ベランダで騒いでいます。 よく見ると、木の枝が剪定されて無くなっていました。

 例年、この時期に剪定して全くの丸坊主にしてしまいます。 春になると、また枝を延ばし、夏にはこんもりと繁りスズメのねぐらになります。 

 これから春までの半年、スズメ達は何処で寝るのでしょうか? 無事に冬を過ごせるといいのですが。

« 川の野鳥(08-17-01)_ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥) | トップページ | 家紋(28)五つ追い銀杏に花菱 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川の野鳥(08-17-01)_ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥) | トップページ | 家紋(28)五つ追い銀杏に花菱 »