2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新広島市民球場(番外編_3)_古戦場(市民球場)を訪ねて | トップページ | 川の野鳥(08-20-01)_ハクセキレイ »

2008年10月14日 (火)

川の野鳥(08-19-01)_カイツブリ

 先週の日曜日、MFでは初見となるカイツブリに出会いました。

 最初、遠目に見た時、ヒドリガモが泳いでいる、これは留鳥化したカモか、もう渡ってきたのかと思いました。 が、突然、潜水。 えsign02 ヒドリガモではありません。 早速、デジスコの出番です。

Img_7239_2 

ISO80

F4.5  SS 1/80

f 19.5mm




 今回、何とか撮るには撮りましたが、水の上で漂っている野鳥の撮りにくい事。

 野鳥は止まっているつもりでも、水の流れで移動しています。 ましてや、泳いでいるとピントの合わせにくい事。 さらに、カイツブリのように潜水する野鳥は、水面に出たかと思うと、またすぐに潜水。 とどめは、何処に浮上してくるか予測がつきにくい事です。 これではピントを合わすのは一瞬の感だけが頼りです。 おかげで歩留まりの悪い事、悪い事。 これからカモやカモメなどの水鳥がやってくる季節になります。 今のうちに練習しておかなくては。  水鳥の撮影、飛び物撮りに通ずるところがあります。


Img_7027

ISO80

F4.0  SS 1/160

f 13.7mm

トリミングあり




 こんなポーズもとってくれました。 カイツブリの足、普通の水鳥の水かきとは違い、ヤツデの葉のようです。 弁足と言うそうです。

TSN664 + IXY2000IS

 

« 新広島市民球場(番外編_3)_古戦場(市民球場)を訪ねて | トップページ | 川の野鳥(08-20-01)_ハクセキレイ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521131/24502432

この記事へのトラックバック一覧です: 川の野鳥(08-19-01)_カイツブリ:

« 新広島市民球場(番外編_3)_古戦場(市民球場)を訪ねて | トップページ | 川の野鳥(08-20-01)_ハクセキレイ »