2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 新広島市民球場の工事現場(16)_球場の色(煉瓦色)が現れました。 | トップページ | ある川の野鳥_逃げる事の出来なかったスズメ »

2008年10月 6日 (月)

川の野鳥(08-17-01)_ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)

 日曜日、ホシゴイが瀬野川で迎えてくれました。

Img_5900

ISO 80

F4.0  SS1/100

f13.7mm



ちょっと恐そうな雰囲気です。


 もう一羽いました。

Img_5898_2 

ISO 80

F3.2  SS1/80

f 9.6mm










この写真ではよく分かりません。 頭をアップしてみると。

Img_5898_3














 以前のアオサギの幼鳥のように、頭にはまだ産毛が残っています。

この2羽、兄弟(姉妹)?で、最初の方がお兄さん(お姉さん)なのでしょうか。


  ゴイサギは夜、活動する事が多く、ホシゴイは昼間でも比較的活動しているとありました。(ネットからの情報です。) また、ホシゴイは、気に入った場所によく来るらしいので、来年か、再来年にはゴイサギとして姿を見せてくれる事を期待しています。

 このホシゴイ、実は最初、対岸で発見しました。 逆光で、背中だけだったので何の野鳥か分かりませんでした。 しばらくじっとしていてくれたらと思い、駄目もと覚悟で橋を渡って反対側に回りこみました。 さすがゴイサギの子だけあって、その間じっと待っていてくれました。 血は争えませんね。

 

最後にもう一枚。

Img_5859

ISO 80

F2.8  SS1/250

f7.7mm







 最初のホシゴイはこんな所にいました。 まるで、指定席のように、丁度ここだけ、ぽっかり空間が空いていました。

TSN664 + IXY2000

« 新広島市民球場の工事現場(16)_球場の色(煉瓦色)が現れました。 | トップページ | ある川の野鳥_逃げる事の出来なかったスズメ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新広島市民球場の工事現場(16)_球場の色(煉瓦色)が現れました。 | トップページ | ある川の野鳥_逃げる事の出来なかったスズメ »