2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 川の野鳥(08-07-01)_イソシギ | トップページ | 山の野鳥(008-02-01)_ヒヨドリ »

2008年7月19日 (土)

健康管理_07月19日BMI=22.2_一時的に増えた体重は脂肪になる前に燃やす

20080719_bmi222
















 2008年7月19日 BMI=22.2

 今週も順調に0.1ポイントの減。 しかし、この1週間の変化は劇的でした。

木曜日、昼食にバイキングを食べる機会があり、ついつい食べ過ぎ。 その夜、滅多に飲まない晩酌でビール一缶。 おかげで翌朝体重が1Kg増えていました。

 翌日(昨日)は昼食のおかずは全部食べても、ご飯は少し残し、自転車によるカロリー消費を10%アップ(時間は同じ)、ウオーキングもスピードアップ。 これでどうにか増量分の1Kgを吸収する事が出来ました。

 一時的に増えた体重は脂肪になる前に燃やす。 これ、鉄則

来週も22日にビアホールの予定。 しっかり食べて、飲んで、翌日はしっかり運動しよう!


昨年の入院経過(今日は入院からの食事について)

Photo_2  入院、ドレナージ手術の前後は仕方ないにしても、なかなか常食になりませんでした。 先生によると、血液検査の結果が良くない(まだ炎症が続いている)為との説明。

 15日にやっと”おもゆ”。言い換えれば、ご飯のとぎ汁を暖めたもの。 しかし、この”おもゆ”思わぬ効果がありました。

 入院後、全く”うんち”が出ていなかったのですが、”おもゆ”を食べた(飲んだ)後、すぐに便意。 入院前に食べたものがすっかり出てしまいました。 この時ばかりは、米を主食にしている”日本人”を実感しました。 欧米人ではどうなのでしょうか。

 19日は午前中CT検査があり、食事はその後と言う事でした。 

「だいたい、10時くらいになると思いますが、ご飯を残しておきましょうか。 それともパンにしましょうか。」と看護婦さん(看護師さん)。 即座にパンでお願いします。 一度冷えた”お粥”想像しただけで、食欲が落ちてしまいます。

こういう食事状況だったため、体重が一気に4~5KG減りました。

« 川の野鳥(08-07-01)_イソシギ | トップページ | 山の野鳥(008-02-01)_ヒヨドリ »

健康管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 川の野鳥(08-07-01)_イソシギ | トップページ | 山の野鳥(008-02-01)_ヒヨドリ »