2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 新広島市民球場の工事現場(5)_外野スタンドの工事も着々と進んでいます。 | トップページ | (オオ)セグロカモメの幼鳥だと思いますが、まだ広島市にいても良いのでしょうか? »

2008年5月 5日 (月)

縮景園で茶摘みをやっていました。

 昨日は、現広島市民球場の写真を撮りに出かけました。

 途中、縮景園の前を通ると、”みどりの日”のため無料開放となっていました。 無料?これは是非、入らなくては。”ただ”という言葉には弱い二人、すぐに寄り道することになりました。 中では、”あかねたすき”に”かすり”姿の女の子達が茶畑に入って茶摘み、蒸す、手揉みなどの実演をやっていました。

Dscf0578

 縮景園に茶畑があるとは知りませんでした。

撮影 by トントン

Img_6646

 茶摘み

2_img_6608_3

 「一芯二葉」で摘むそうです。 

 これは新芽の先端から2枚の葉のついた部分を摘む方法で、玉露や煎茶の最高級品に使われるそうです。

Img_6645

 摘んだ葉は蒸籠で蒸します。

Img_6612 

 蒸した葉は早速、手揉みです。

Img_6608_2

Img_6609

 いろいろ揉み方があるようです。  お茶を揉んでいる女の子達は中学生で、今回が初めてだそうです。 茶摘みなどの伝統は若い人たちに少しでも伝えておかなくては廃ってしまうからという理由でかり出されたせいか、慣れない手つきで、少し戸惑いながら揉んでいました。

 おじさん、おばさんの不躾な質問に少しはにかみながらも、嫌な顔をせず答えてくれ、「写真を撮ってもいい?」と聞くと、照れながら撮影に応じてくれる可愛い子たちでした。 

 HPで茶摘みについていろいろ調べていると、手揉みで上手に作ったお茶は、出した後の茶殻が一芯二葉に戻るとありました。 一回、こういう手間暇かかった良いお茶を飲んでみたいものです。 きっと心が安らいで、幸せな気分になるでしょうね。

« 新広島市民球場の工事現場(5)_外野スタンドの工事も着々と進んでいます。 | トップページ | (オオ)セグロカモメの幼鳥だと思いますが、まだ広島市にいても良いのでしょうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縮景園で茶摘みをやっていました。:

« 新広島市民球場の工事現場(5)_外野スタンドの工事も着々と進んでいます。 | トップページ | (オオ)セグロカモメの幼鳥だと思いますが、まだ広島市にいても良いのでしょうか? »