2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 鶴見緑地での探鳥会に行ってきました。前編(スズメと桜) | トップページ | 家紋(2)_釜敷き山桜 »

2008年4月 1日 (火)

鶴見緑地での探鳥会に行ってきました。後編(探鳥会)

 昨日の続きです。

 探鳥会の正式な名称は、「今日からあなたもバードウオッチャー! 鳥の世界への招待状」。

 参加者は初心者ばかりで、下は1才の女の子から、上は年配の方まで、親子、三世代の家族など総勢21人でした。これにリーダーが10名参加され、いろいろ指導していただきました。

Dscf0434

 当日の天候は残念ながら途中から雨。傘、レインコートでの観察となりました。

 まず最初は双眼鏡の使い方から。今まで自己流で使っていましたが、左目、右目と片方づつピントを合わせるなど、今回初めて知ったことが結構ありました。おかげで眼から鱗が取れたように綺麗に見えるようになりました。

 一番最初に出会ったのはヒヨドリ。

 その後、ムクドリ、飛んでいるアオサギなどを観察しながら緑地公園の中に入りました。

 中央通りの葉の落ちた広葉樹のてっぺんにカラスの巣が。

「一羽が抱卵している。」とリーダーの方。

Img_5121_2

 

黒く突き出ているのはカラスの尾です。

Img_5122

見ている途中で、連れ合いが帰ってきました。交代し、連れ合いが抱卵を始め、最初のカラスは食事?に。

 ここの巣はほとんど木の枝で出来ています。桜ノ宮にも同じような巣がありましたが、桜ノ宮の巣はハンガーなど鉄筋を使った丈夫な?巣でした。リーダーの方の説明によると、巣に使うハンガーは青色が圧倒的に多いそうです。見える色が人間とは違うのでしょう。   実は昨年のこの頃、家のベランダにカラスが来た事がありました。巣作りの為のハンガーを狙ったのではないかと今では思っています。これから、外に出すハンガーは暖色系のハンガーにした方が良さそうです。

 次に大池。たくさんのカモたちがいました。

Img_5136 

ホシハジロとヒドリガモのカップル

Img_5126_2

カイツブリ

Img_5138

 これはヒドリガモのメスだと思いますが、カモではなく、カメ。帰って二人で写真を見ながら「ガメラカモ」と言って笑いました。

 対岸の松の枝にはアオサギがコロニーを作って、同じく抱卵しているようでした。帰り道、対岸を通りましたが、歩道からは一切コロニーの気配はありませんでした。アオサギもよく考えて巣を作るようです。

Img_5148_2

Img_5149

ムクドリ 羽が雨をはじいています。まるでワックスをかけたばかりの車のよう。

 この後、雨が強くなったので無料休憩所にて昼食。いろいろ雑談をしていると、私たちと同じくウオーキングの途中で鳥に興味を持った方、カワウが魚を捕った瞬間をみて、鳥の虜になった人など、いろいろでした。

 食後は鳥あわせ。リーダがクイズ形式で、分かり易く今日見た鳥の説明をされました。それに元気よく答える子どもたち。実によく鳥の名前や特徴を知っていてびっくりしました。よく家族でバードウオッチングに行かれているのでしょうか?

 見た鳥のリスト

カイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、ハシビロガモ、ホソハジロ、キンクロハジロ、バン、オオバン、キジバト、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ウグイス、コゲラ

 最後に、お世話をして頂いたリーダの方、ありがとうございました。

« 鶴見緑地での探鳥会に行ってきました。前編(スズメと桜) | トップページ | 家紋(2)_釜敷き山桜 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!主催者から転送でブログの方を読ませていただきました。雨の中、ご参加頂き、有難うございます。
内容を色々見ていくと、緑化センターが出てきました。私も行くことも在りますし、私の鳥仲間がほとんど毎日、行ってます。今年は3月下旬からクロツグミが出現しているようですね!
又、広島に鳥仲間が増えてネットワークが広がりました。今後とも情報交換できることを楽しみにしています。

 おはようございます、
 コメントありがとうございました。
 緑化センターは瀬野川と共にいつも行く場所の一つです。 
 クロツグミは先日の緑化センターでの探鳥会でちらっと見るには見たのですがはっきりと確認出来ておりません。今度、じっくり見てみたいと思います。
 バードウオッチングを始めると、1週間が過ぎるのが早く、うれしい悲鳴をあげています。

確かにバードウオッチングをしていると
一週間が早く経ちます。私自身もBWのツアー業を
していると時間の流れが速くなります。良かったら
「鳥旅日記」をご覧下さい。
広島の鳥仲間がツアーにも参加してくださったり、
私とプライベートで行く時もあります。一緒に楽しんで行きましょう。

 鳥旅日記、拝見しました。パプア、大雪山、良いですね。
残念ながら、今はスケジュールがなかなか取れません。
 最も問題なのは、まだ双眼鏡が手足のごとく動かない事です。
まだまだ精進が必要です。でも、いつかは行きたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶴見緑地での探鳥会に行ってきました。前編(スズメと桜) | トップページ | 家紋(2)_釜敷き山桜 »