2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 新広島市民球場の工事現場(2)_鉄筋がニョキニョキ | トップページ | 動物園でのバードウオッチング »

2008年3月23日 (日)

モヒカンガモ?との出会い

 今日半日、トントンは息子に送る惣菜作り、タンタンは写真の整理に追われていました。

 これまで、「学食で食べるから、惣菜送らなくてもいいよ。」と言っていた息子ですが、餃子事件後、「少しでも外食を控えるようしようと思う。学食は安いせいもありよく利用していたけれど、安いから材料に不安を感じるんだよね。だから惣菜を送って。自分でも作れるような物は要らない。こっちでは絶対作らないような手間なものを作って。」とリクエストがくるようになりました。

 広島は今日は雨。もし、晴れていて、タンタンだけでバードウォッチングに行ったとしたら、今日の惣菜作りは・・・ 幸か不幸か、雨が一日中降り続いたため、タンタンはしかたなく野鳥の写真の整理で、トントンは安心して惣菜を作っていました。

 その整理中、初めて撮った野鳥の写真が”モヒカンガモ”だと分かりました。

Img_2124

 ”モヒカンガモ?” そう、もちろん、そんな名前のカモはいません。頭の緋色がとても印象的で、それが昔の”モヒカン刈り”の頭を彷彿させ、思わずシャッターを切りました。

 これ以降、我が家ではすっかり”モヒカンガモ”という呼び方が定着し、ヒドリガモを見つけると、まず一声が、「あっ!モヒカンだ。」。 しばらくして、「ところで、正式名は・・・ええっと・・・たしかヒドリガモだったよね。」という会話が続きます。

 こういう状態ですので、探鳥会で野鳥の会の人と話すとき、本当の名前の”ヒドリガモ”がなかなか出てこなくて、つい「モヒカン...」と言ってしまいそうになります。

 でも、こんなにして楽しむのも、また一興かと思います。

« 新広島市民球場の工事現場(2)_鉄筋がニョキニョキ | トップページ | 動物園でのバードウオッチング »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新広島市民球場の工事現場(2)_鉄筋がニョキニョキ | トップページ | 動物園でのバードウオッチング »