2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 黄砂にかすむ夕日 | トップページ | これでも山雀です »

2008年3月 4日 (火)

ホオジロ、カワラヒワが仲間入り

Img_4221_2 ホオジロ

目: スズメ目 Passeriformes
科: ホオジロ科 Emberizidae
科: ホオジロ亜科 Emberizinae
属: ホオジロ属 Emberiza
種: ホオジロ E. cioides

 日曜日、瀬野川の後、緑化センターに行ってみました。そこで新しく2種類の写真を撮る事が出来ました。

 まずは、ホオジロ。

 見つけた瞬間からトントンとしばし口論となりました。

 「あれは雀?」

 「いや、何か違う。雀にしては大きい。」

 「それにしても雀によく似ているよ。でも、雀の頭の色はあんな色ではなかったと思うけれど?確か、茶色だったはず。なんだか自信がなくなってきた。」

 「それじゃあ、一応、写真を撮っておこう。」

 と言うわけで撮ってきた写真を、インターネット首ったけでで調べると、やはり雀ではなくホオジロであることが分かりました。

 何せ、二人とも超初心者。ある鳥を覚えたと思っても、次に他の似たような鳥を見ると、

「あれ?この鳥は?」と、すっかりパニックです。

 一昨日、載せた、ジョウビタキ。これは最初、山雀?から始まりました。

 帰宅して、早速、検索し、ジョウビタキと判明したまでは順調だったのですが・・・

 「ねえ、この2枚の写真の鳥、確かにどちらもジョウビタキ?だよね。それにしては色が随分違うのだけれど。」

 「順光と逆光の違いだろう。羽の白い模様が同じだから。」

 「光の関係でこんなに色が違うものなの?」

 再度、ネットで検索しまくった結果、やっと真実が判明。 オスとメスでした。

 「そうか、そうきたか。オスとメスの違いを忘れていた!」

 ジョウビタキ、あなたは凄い。私たちが超初心者だとズバリ指摘出来るのだから。

 セグロセキレイも、いつものセキレイと違うから始まりました。

こうして、「何か違う」と写真を撮っては、インターネットと首ったけです。

もう一種類はカワラヒワです。

Img_4206 カワラヒワ

: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: アトリ科 Fringillidae
: ヒワ属 Carduelis
: カワラヒワ C. sinica

レストハウスの周りを見え隠れしていました。

黄色い羽が珍しく、写真を撮って調べるとカワラヒワでした。

いつもこうして、弥次喜多珍バードウオッチングを繰り広げています。

Camera Canon EOS デジタルX

レンズ     EF-S 55-250mm 4-5.6 IS

« 黄砂にかすむ夕日 | トップページ | これでも山雀です »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホオジロ、カワラヒワが仲間入り:

« 黄砂にかすむ夕日 | トップページ | これでも山雀です »